こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

フォアハンドは力で打つかスイングスピードで打つか

ずっとフォアで悩んでました。
特にスクールに通いだして、コーチの勢いのない球出しのボールを打ち始めてから、ますます悩むようになりました。
いくらがんばって打ち込んでも、まったくパワーがボールにダイレクトに伝わる感じがしないのです。
球出しのボールはバウンドの高さも低いので、そのボールを相手コートに打ち込むのは至難の業でした。
力いっぱい打てばオーバーだし、下に打てばネットです。

そこで漸く分かったのですが、ボールは力で打つのではなく、スイングスピードで打つものなんじゃないかと。

実際に試してみたら、スイングスピードが有るのでしっかりとトップスピンが掛かります。また、ボールを力で打ち返してる感じはしないのですが、結果的にはかなりダイレクトにパワーが伝わり、鋭いボールがコートに突き刺さるように打てます。

昔からよく言われているボールを押す感じはまったくありません。また、本やテニス雑誌にしばしば書かれてるように、腕を伸ばしてボールに押しを加える感じもありません。単にスイングスピードでボールをはじき返す感じです。
手首を固定する感じもなければ、ラケットをしっかり握る感じもありません。

コーチ曰く、フェデラーなどがこうやって打ってるそうです。
みなさんはフォアをどうやって打ってますか?
どうして、フォアはスピードで打ち返すものだということが、本などに書かれていないのでしょうか?
それとも、私が何か大きな勘違いをしてるのでしょうか?
まあ、ラリーのような相手のボールに勢いがある場合は、スイングスピードがなくても打ち返せますが。

投稿日時 - 2006-01-31 07:42:34

QNo.1933218

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

Vitaminさんの感覚が正しいものだと思います。

テニスのボールは力で打つものではありません。(当たる瞬間必要な最低の筋力はいりますがね)
前回も書きましたが脱力し打つ瞬間グリップを握る。表現は違いますがたぶん今感じている感覚がまさにそれに近いものだと思います。

30年近く前に紹介された技術が今ようやく
一般的な技術になってきましたね。

肘を伸ばして押すように打つこれはイースタングリップの時代の打ち方です。(面のぶれを少なくし回転をそれほど重視しない時代、ふらっとまたはスライスが中心となります)
現在のトップスピンを中心の打法はグリップはセミイースタンからウエスタンが適しています(トップスピンをかけやすい)また打点も高くなりますので当然肘は軽く曲がります。
スピンをかけるにはボールの反発よりラケットのヘッドスピードの方が早くないといけません。従ってスイングアークは当たってから小さくなります(押さないと言うことです)。
押していてはヘッドスピードが上がりません。(スケートの回転をみてるとわかりますが、ゆっくり回転するときは腕が伸びてますが回転が速くなるにつれ腕が体の近くに来ます。)

大昔、テニスの指導者として、日本のトップレベルの指導者達との交流でわかったことは、あまりにも世間で言われていることと違うと言うことです。(腰を落とせとか、膝を曲げろとか、ラケットを早く引いて待てとか)
彼らは自分の指導のノウハウは決して公開しません。
お互いに得るものがあるレベルのもの同士は今どうやっているか情報交換の形ではしますがね。

技術の進歩が遅い理由は日本独特の体育会系のつながりが一つの理由に挙げられます。
先輩から教わった事を否定し全く違うことを教えるのはかなり勇気がいるものです。
また、本なんかに書いてあるのは当たり障りのないことが多いです(私もかって大学の先生が出版したテニスの本の一部に参考意見を述べさせてもらいましたができあがったものをみると一番肝心な部分はカットされて当たり障りのない部分が採用されてましたね。)

投稿日時 - 2006-02-02 21:33:19

お礼

回答ありがとうございます。
ようやく賛同いただけた回答を見ることが出来ました。
とにかく結果的に自分の打つスピードボールがちゃんとコートに突き刺さるようになったことで、正しいスイングが出来ていることが実感出来ています。
また、上級者が感じているボールをつぶして飛ばしている感覚も始めて感じることが出来ました。
また、理屈から言っても力でトップスピンは掛けることは出来ません。
絶対的にラケットヘッドのスピードが必要です。

また、こんなに力説しなくても、高校生の男子なんかはみんなスピードでうってますよね。

投稿日時 - 2006-02-02 23:32:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

レスありがとう。
>手首を固定したまま、パワーでラケットスピードを
>上げれる人はそれも正解といったとこでしょうか。
まさか! 私は軟式あがりで硬式を始めた時はV.ボルグ的なストロークをマネした世代ですから、実際上もそのような(手首を固定)主張はしていません。

>いずれにしても私の考えはトップスピン必須で、
>......
>自分はうまく打てるようになったといった感じです。
良いのではないですか。 以前の御質問からすると大分上達した感じですよね。
>ヘッドを走らせてインパクトを迎える打ち方
リストを柔らかく使える人の方が見ていて上手だと思います。 面を上へ逃がす感じになりますかね?

ただ書き方からくる印象なのでしょうか、私がコート上で見ていて気になるケースなのですが、「打ち方が乱暴になっている」事があるということです。 集中力や握力が低下した状態で、無理に打ち続けたためか乱暴な打ち方がクセになった様な人も見かけた事あります。
当たりを丁寧にするという事かな。フェデラーのバックハンドが良い例で顔を当たりに向けてボールを打ってます。 相手の動きは予測でわかるんでしょうか?

飛んで来るボールを打つタイミング、ヒットポイントへの集中力、フットワークのリズム感に狂いが無いよう無心で練習するだけでしょうか。 御発展を祈ります。

投稿日時 - 2006-02-05 01:20:20

お礼

回答ありがとうございます。
いつも皆様からたくさん回答いただいています。
私ほど質問する人も珍しいですよね。
回答の中にはこれはちょっと変かな?(ごめんなさい)と思えるものもたくさん有りますが、実は試してみたら、変かなと思ったアドバイスほどうまく行ったりすることを経験したことが何度かあります。

手首の固定に関しても未だ良くわからないのですが、もしかしたら初心者がインパクト後にグラっとなることを正すためのアドバイスかな?
私の場合は固定しすぎだから、柔らかく使えとコーチに言われます。

あと、新しい打ち方に変えたら、打ち方が乱暴になってることも事実です。スイングスピードを上げる必要があることと、ハードヒットしてもどんぴしゃ行った時は、すばらしく良いボールが行くのでついつい乱暴になってしまいます。
自分でも気になっていて、今日は新しいフォームでゆったり打つ練習をしてきました。

>リストを柔らかく使える人の方が見ていて上手だと思います。 面を上へ逃がす感じになりますかね?

”逃がす”という感覚がちょっと分かりませんが、フラットが打てないので、元々、上へのスイングになっていることは間違いありません。
今はインパクト後にボールをラケットヘッドが追い越すようラケットを走らせるため、斜め前に振り出しています。

投稿日時 - 2006-02-05 07:40:08

ANo.4

話を聞いていた範囲では、全くの素人趣味でテニスを続けていただけの女の子がいました。 この子ですがコート上では緩い中ロブ系のボールを”はじき返すだけ”。 なのでとても強そうには見えない。
ところが嫌にボールが安定していて、何よりも反応が良すぎる。 そこで、直接聞いてみたところ「インハイベスト8入り」実績のあるという事でした。 すぐには、その実力とはわからない。
実際、チャンスボールの打ち込みはともかく通常のラリー・ストロークで自分から速い球はあまり打たないのが普通だと思います。

さらに、技術上の論理は言い回しを、実際とは逆に捉える方も多く、勘違いが大発生し易いんですよね。 一般には誤解されてしまうため、非難される原因になります。 なので一部の「わかっている人達だけの間」でないと話が進まなかったりする。
>単にスイングスピードでボールをはじき返す感じ
>私が何か大きな勘違いをしてるのでしょうか?
以前どこかで、ボールにラケット面があたった瞬間の現象について回答を入れた事がありますが、このあたる瞬間に力が入る体の箇所はまず「握力と腰の回転」です。 上半身(特に肩から上腕)に力は入れません。 つまり、
<自分から打ち込む場合は、スイングスピードを上げてボールを引張る力も必要だが、このうち方は基本では無い。
という事を言いたく投稿しました。

スイングスピードを上げる場合の効果ですが、
1.上腕の力を抜いた方がスイングが速くなり、当たる瞬間の間がとり易くなる(面がしっかりする)。
2.握力がしっかりかかっていれば、上腕の力が抜けて、当たる瞬間に面とボールが”止まる”。 上腕の動きも止まる代わりに「反作用で腰が回る」-この時に顔を残す。

その結果として良くなる事例だと思います。

投稿日時 - 2006-02-04 13:38:03

お礼

回答ありがとうございます。
ちょっと難しくて理解できない所もありました。
部活でテニス一筋の人と今日も練習してきましたが、自分が始めた新しい打ち方が正解だとは思わなくなりました。
正解の一つではあるけど、それだけでは無い気がしてきました。

いずれにしても私の考えはトップスピン必須で、そのためにはラケットスピードを上げることが絶対条件、そしてラケットスピードを上げる方法として手首を開放してヘッドを走らせてインパクトを迎える打ち方をしたら、自分はうまく打てるようになったといった感じです。
手首を固定したまま、パワーでラケットスピードを上げれる人はそれも正解といったとこでしょうか。

投稿日時 - 2006-02-04 16:36:19

ANo.2

少し難しいですが、
スイングスピードを上げるためには何が必要かと考えると、
やはりラケットを早く振るための「力」ではないでしょうか?
体全体の力をラケットのスピードに変えるということです。
鞭をイメージしてもらえればいいと思います。
「腕の振り」よりも「鞭の先端」の方が早いですよね?

 また、打ち返すときにグリップを強く握っていないとのことですが、
握りを弱めると手がサスペンションのような役割になってしまい、
ボールを返す力が弱まってしまうはずです。
ラリーのときはボールが早いので面を合せれば
フォームに関係なくある程度返球できるはずです。

 球出しのときはボールの行方よりフォーム(体全体を使って打つ)
に気をつけていったほうが良いのではと思います。

投稿日時 - 2006-02-02 12:50:44

お礼

回答ありがとうございます。
確かにラケットを一気に加速するための力は重要だと考えますが、インパクト時は加速されたラケットをぶつける感じで、手首も開放しています。決して力で打つという感覚は有りません。

また、球出しのボールを打つ時に力いっぱい打つより、ゆっくりとまさにフォームを確認しながら打つべきだと考えていた時期もありますが、今にして思えば、100%のパワーで打ち込むことが出来ないが故の言い訳だった気がします。

ただし、今の自分のレベルが更に上がった時には、また別の世界があって、違うことを考えているかもしれないです。

投稿日時 - 2006-02-02 23:19:15

ANo.1

こんばんは VitaminBBさんのフォアを実際見ていないので、
間違っていたらごめんなさい。
これは私の経験ですが、球出しのボールに対して、
うまく力が伝わらないと感じる最大の原因は、打ち方と言うより、
端に体重移動と腰の回転がうまくいっていないのではないかと
思います。
例えば、体重移動ですが、ボールを前に打ち返しますので、
膝を曲げて重心を前に移動させれば良いのですが、
簡単そうに見えてこれができない人っていっぱいいます。
なぜなら、膝を曲げた状態から、前ではなく、上に伸びた
ほうが楽だからです。この時、せっかくの力が分散
してしまうんです。ためしに、膝を曲げて、少しだけ体を
平行移動させようとすると、かなりの負荷が膝まわりに
感じるはずですが、
ストロークの時にも感じているでしょうか?
また、上に伸び上がるクセがあるうちは、片手バック
ハンドなんかは、うまくうてないはずです。
次に、腰の回転ですが、これは、私なんかボレーの時に
よく悪いクセがでるのですが、まわしているつもりが
ぜんぜんまわっていない時があるんです。なぜなら、
首がまわるからです。首だけまわしたほうが、楽に
ボールを目で追えるんです。これも同様に腰をゆっくり
まわして、止めてみると、腰まわりに負荷を感じるはずですが、
ストロークの時も感じているかどうかです。

最後に繰り返しますが、実際に見ていないので、私の経験から想像
して回答しました。少しでも参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2006-01-31 23:50:58

お礼

回答ありがとうございます。
バックハンドはシングルですが、かなり得意です。だから、ますますフォアがうまく打てていないことが、実感できてます。
おっしゃるとおり、フォアはラケットがかなり下から振り上げるフォームなので、膝が伸びてしまってます。これは直さなくてはいけません。

いずれにしても、レスがあまりつかないところをみると、私の考えは受け入れられてないようですね。でも、新しい打ち方を理解出来てから、改めてプロや周りのスイングを見ると、確かにみんなスピードで打ってます。
もしかしたら、当たり前すぎて改めて何言ってんのって感じなのかもしれませんね。

投稿日時 - 2006-02-01 20:42:58

あなたにオススメの質問