こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人年金控除

ソニー保険の個人年金(変額)に入っていますが、、、
生命保険控除と別枠の年金控除をしたく加入しましたが、、、
会社の年末調整で控除されていなかったので、還付申告をしにいきますと、名前は個人年金だが年金控除には該当しないと言われました。
このようなことはありですか?
今後年金控除の対象にしたい個人年金に加入する際に気をつけないといけないこと教えてください。

投稿日時 - 2006-02-01 17:01:57

QNo.1936595

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

個人年金保険料税制適格特約が付加されている個人年金保険契約が個人年金保険料控除の対象になる個人年金保険契約です。
商品名が個人年金であっても、以下の条件を満たしていなければ個人年金保険料税制適格特約が付加されず、通常の鶏鳴保険契約と同じくくりになってしまいます。

1. 年金受取人は保険契約者またはその配偶者のいずれかであること
2. 年金受取人は被 保険者と同一人物であること
3. 保険料払込期間は年金支払開始日前10年以上にわたり、定期に行うものであること
4. 年金受取り開始の年齢が原則として満60歳になってからの10年以上の確定年金又は終身年金であること

投稿日時 - 2006-02-01 20:38:55

お礼

ありがとうございました
初めての質問を気持ちよく解決していただきました

投稿日時 - 2006-02-02 17:10:09

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

控除目的の個人年金の加入であれば、まずは確定拠出型年金(個人型)の加入が可能かを検討してみましょう。
一般の個人年金では幾ら拠出しても所得税で5万円が上限です。確定拠出年金は掛け金全額が所得控除となるので節税効果は個人年金よりも遥かに勝るでしょう。

投稿日時 - 2006-02-09 20:51:16

あなたにオススメの質問