こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカの物価と平均年収

ロサンゼルス近郊に頻繁に長期出張に来ます。
そこで不思議に思うのは、こちらの物価は高いということです。世界の物価を発表する何かの調査がありますが、今だに物価高都市の1位と2位は東京と大阪らしいのですが、とんでもありません! 
まず、家・マンションの価格や家賃がほぼ倍です。私の滞在先のapartment(賃貸マンション)の家賃は2LDKで1800ドル(21万5千円)以上しますし、近所(と言っても車で行くのですが)のスーパーでも、安いと思えるのは牛肉(当然)、牛乳くらいで、農産国のアメリカなのになぜか生鮮食品も大阪の中級スーパーよりも明らかに割高です。(RalphsやStater Brossが高級なのでしょうか?)おかしなことに、日本がアメリカから輸入しているはずのオレンジは日本では大体1個100円で買えますが、こちらは大体1ドル(120円)位です。(なんでやねん!) 最近韓国系スーパー(こちらは車で20分)を見つけたのですが、ここの野菜や果物はアメリカ系スーパーの半額以下で、やっと食費に関しては解決(でも日系スーパーで魚や日本の食材を高く買うので相殺って感じですが)しましたが、アメリカ人客はほとんどいません。
レストランもモールのフードコートも日本の同レベルのものと比べて明らかに高いですが、どこも流行っています。特に週末はどこも行列です。そもそもアイスクリームが1スクープで4ドル以上(500円)! それでも家族みんなでペロペロ食べながらショッピングしてますよね。
ロスエリアでの平均住宅ローン支払額は月2200ドル以上(26万5千円)ということですし、3LDKの賃貸ならやはりその位の家賃です。
アメリカ人の一般的サラリーマンの平均年収って一体どの位なのでしょうか?
5万ドル(600万円)位だと思うのですが、それでは奥さんがフルタイム働いても相当大変だと思いますが、町で見るアメリカ人はあまり大変そうに見えません。一体どうなっているのでしょう?

投稿日時 - 2006-02-09 04:34:36

QNo.1953529

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

長期出張、ご苦労様です^^

>世界の物価を発表する何かの調査がありますが、今だに物価高都市の1位と2位は東京と大阪らしいのですが、とんでもありません! 

確かに、有名なMercer Human Resource Consultingの最新の調査では、東京が1位、大阪が2位となっていますね。(参考:Mercer Human Resource Consulting「Global/World Cost of Living Ranking 2005/2006」)
この調査は主に、グローバル会社の雇用主が出向中の社員の年収や生活費を決める目安として使われるようですが、ランキングは為替の変動に左右されます。去年はUSDとユーロの価格の変動で、ランキングにも大きく影響したと記載されていました。東京・大阪などの日本の都市が1位、2位を占めたのも、その影響かもしれませんね。

さて、ご質問の回答ですが、
>アメリカ人の一般的サラリーマンの平均年収って一体どの位なのでしょうか?

サラリーマンといっても職種により差がありますし、アメリカという大国においては、地域によっても物価がかなり違います。そして、例えば同じカリフォルニア州内でも、LAとサンフランシスコ、サンディエゴなど、都市やメトロポリタンエリアによっても差があります。

http://salary.com/

このサイトにある「Salary Wizard」では、職種と地域による年収の統計を見る事が出来ます。

また、US Census Bureauでも、Median Household Incomeの統計が公表されています。一番最近のものは、2004年のデータです。
http://www.census.gov/hhes/www/income/income04.html
http://www.census.gov/hhes/www/income/income04/statemhi.html
あまり細かい分類ではありませんが、州ごとの比較には便利かもしれません。

IRSが出していたIncome Tax Return(確定申告書)の平均所得額も、確か5万ドル(/所帯)前後だったと思います。
ただしこの中には、ビル・ゲイツやラリー・エリソンのようなビリオネアもいれば、失業保険でつないでいる一般人だっているわけですから、平均額というのはあまり参考にはならないかと・・・。

>町で見るアメリカ人はあまり大変そうに見えません。一体どうなっているのでしょう?

アメリカの家庭は「大変そうには見えない」影で、案外クレジットカード地獄だったりするのですよ。
アメリカ人は結構クレジットカードに依存した生活を送っています。使い方をきちんと管理している人もいますが、毎月利子の支払いだけで精一杯という人も多くいます。マイホームを持っている人は、家を抵当に2重、3重のローンを組んでいる人もいます。物価の高いエリアに住んでいる人は、生活を維持する為に、複数の仕事を持っている場合も珍しくないです。自己破産が年々社会問題となり、去年は自己破産が今までのように簡単に出来なくするという内容の法令が新しく導入されました。

>少なくとも「食」に関しては適正価格にしてほしい・・・
家族の多い家庭は、Costcoなどで大量に安く食料を購入しています。かなり安いですが、量も半端じゃありません。多すぎる場合は、お知り合いの方と分けてみるのはどうでしょう。
Ralph'sなどの大衆スーパーをご利用になるなら、ストアカード(無料)を入手し、「Buy One/Get One Free」などのスペシャルやディスカウントを利用すると安く上がります。
韓国や中華系マーケットは、確かに野菜が安いので、そこもご利用になれば良いかと思います。

(まとまりのない回答でスミマセン。)米国生活、頑張って下さい。

投稿日時 - 2006-02-09 06:45:11

お礼

詳細なご回答ありがとうございます。参考になりました。
やはりアメリカ人でも大都市の物価高は相当キツイみたいですね。(だったらもっと節約しろよって思いますが。)
スーパーでは品目によって行く所を使い分けていますが、野菜や果物がアメリカ系の半額で売っている韓国系スーパーにアメリカ人がほとんどいないのも不思議です。
あと、「食」に関して、レストランですが、私はできるだけ自炊をしていますが、やはりどうしても外食せざるをえないこともあります。で、どこもやはり高い!です。
大阪なら吉野家のように極端に安いところを除いたとしても、ランチなら600~800円で、1000円出せばまあまあいいものが食べられます。また、晩飯も大阪なら評判のラーメン屋でチャーシューメンと餃子を頼んでも1000円前後ですよね。ロスでは8ドル前後でまともなものを食べるのは、夜はもちろん昼でもほぼ不可能です。まともなベトナム料理店でフォー(ベトナムのラーメン)に生春巻とかつけたら8ドルでは収まりません。
でも、たいていのレストランはどこも賑わっています! 不思議です!

投稿日時 - 2006-02-09 13:08:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

64人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

貴方の意見に同感です。
OCにお住まいなのですね。OCはとにかく高い。
ガソリンも、家賃も、野菜も。ですから、中国人なのは、おなじ99でも、モントリーパークまで、カープールで買出しに行くとか。
私は、イラニアン系のスーパーを使います。
とにかく安い。豚肉はありませんが、野菜、果物は安い。
キュウリ、1本でも買えますから、小家族には便利です。
家賃はたいへんですよね、若い人は一人では住めないので、ルームシェアーがあたりまえになって来ています。社会人になっても一人で住めないのはおかしいと思います。
私は、超高給取りのひとも、月$2000の人も知っています。
OCで人様と同じに暮らすには、かなり無理がひつようです。
もっと真剣に社の上の方にアメリカの実情を説明した方がいいでしょう。アイスも高すぎで甘すぎですね。

投稿日時 - 2006-02-21 13:02:36

お礼

ご回答ありがとうございます。
イラニアン系は知りませんでした!
アメリカの大都市の物価高、おかしいですよね。
それでも、質問の本文に書いたように、物価高都市の1位と2位は東京と大阪で、アメリカの都市は上位に入っていない! ただでさえ日本にいる人たちはアメリカは物価が安いと思い込んでいるので困ります。
結局、「一人当たりGDPが日本より低いのに、そんなに家賃や物価が高いのはおかしい。アメリカ人はどうやって暮らしているんだ?」となるわけです。
それに、いまだに一部駐在員の方でも「アメリカは安い」と思い込んでいる人がいるみたいで...90年代前半の日本の給与額に駐在員手当が上積みされたものがドル支給され、なんとなく頭の中で1ドル=100円で計算しているからかなと思いますが。私のように就職氷河期に就職し、低い給与水準のまま手当ゼロでアメリカに来ている者にはこたえます。

投稿日時 - 2006-02-22 03:01:56

ANo.8

アリランスーパー大好きでした。

アメリカ人が韓国系スーパーを利用しないのが心配のようですけれど、韓国系まではいかなくても安いスーパーは低所得者層の住むエリアを中心に展開しているのもあしましたし、皆さん仰っているように会員制まとめ売りスーパーで毎週買い溜めしたり、スーパーでもプライベートブランドを選んだり、日曜の新聞にどっさり入っているクーポンを使ったり、ちらしのお買い得品を選べば、さほど高くつくこともないと思います。

あと外で食べるならテイクアウトのチャイニーズでコンボなどは安くて量が多いですよね。
ファストフードチェーンのタコスにしろハンバーガーにしろコンボだと安くないですか? ドリンクのお代わり自由ですし(日本も導入して欲しい)。

生活雑貨なら99セントショップで済ませればいいですし。

衣料品その他はRoss系統の店ならは安いですよ。

カリフォルニアは長期にわたる不動産バブルですので、不動産が異常に高値だとは思いますけれど、他もそんなに高いのでしょうか。

長期出張とのこと、奥さん連れでの赴任なら奥さん同士で安い店等の情報交換がありますので安く上げられるのですが・・ 
でも韓国系スーパーを最近お知りになったのであれば、そういう情報も除々に入ってきているのでしょうね。

だんだんよく知れば、食料品以外も(家賃は無理ですが)安くあげられるようになってくるのではないかと思いますよ。

ということで、アメリカ人が大変そうに見えないのはクレジットに頼っている面と、安い買い物のできる所をよく知っているからでは?

投稿日時 - 2006-02-17 00:06:21

お礼

ご回答ありがとうございます。
実は私は92~93年にサンフランシスコ近郊の大学に行っていて、(自炊していたものですから、)アメリカの物価のことは知っていたつもりだったのです。
ところが、その直後からアメリカはインフレ、日本はデフレとなり、不動産以外でも価格差が逆転したような印象があります。アメリカ系スーパーでは(私の滞在先の近くのRalphsやStater Brossは決して高級ではないと思うのですが)生鮮食品が牛肉や牛乳を除き、13年前に比べ、だいたい2倍以上になっていますが、韓国系スーパーは昔のままです。
また、メキシコ系スーパーも安いのですが、店はきれいとは言えず、モノもやや悪そうなので、(客層も悪い、)2度と行っていません。
一番不思議だったのは、日本では600円程度でおいしいカリフォルニア産ワインが買えますし、ほとんどハズレもありませんが、こちらで5ドルで買える「本場のはずの」カリフォルニアワインはとても飲めるような代物ではなく、やはり10~15ドル位出さなければまともなものは飲めなかったことです。
(でも、先日2ドルで超おいしいカリフォルニアワインを発見!その銘柄はそのお店に常時その値段で置いているのでこの問題も解決!)
いろいろ努力すれば食材に関しては何とかなるって感じですが、いずれにせよ、都市部とその近郊の物価は平均的な収入と比較して相当高いと思います。
(唯一安いと思うのがフィットネスクラブ。月会費35ドルは安いですね!)

投稿日時 - 2006-02-17 04:16:24

ANo.7

こんな記事がありましたがいかがでしょう。
(2003-2004)
賃金の伸び率:0.8%
米国中央値:$40,668
オハイオ州:$31,322
米国平均有給休暇日数:14.6(給与の一部と考えて)
平均通勤時間:23.5分
1職場以上を持つ就業者数:730万人(掛け持ち)
機械工作者:$16.31/時
重機オペレ-タ:$20.20
電気技術者:$21.45
上記は平均2000時間以上就業
70%以上が65歳以上になっても働く意志あり

投稿日時 - 2006-02-11 04:35:20

お礼

ご回答ありがとうございます。
参考になりました。

投稿日時 - 2006-02-11 16:42:40

ANo.6

>家以外の物価は高くないとのことですが、回答者様はどちらにお住まいですか?

家以外の物価が高くないとは言っていませんし、そう書いたつもりは全くありません。誤解を招いてしまったようですね(苦笑)

私がどこに住んでいるかというのは、ちょっとネット上ではいえませんので控えますが、ロサンゼルスには住んでいません。けど、Median household incomeが約$50,000.00の所に住んでおります。大都市でなく、そんなにいなかでもない所です(でも、やっぱりいなかですが:笑)

さて、スーパーのことですが、私はロサンゼルスに住んでいませんので、なんともいえませんが、スーパーでもいろんなスーパーがあります。で、スーパーによって、品物の質が違ったり、また、スーパーによって行く人たちの感じも違います。大体、安いスーパーに行くと、あまりいい身なりをしたひとたちは見かけません。それに、安いスーパーだからといって、品物が結構長く持つかということもありません。ですから、安ければ、それでいいという訳でもありません。

ameamaさんは、ロサンゼルスに出張ということですが、アメリカ人の人たちとはコミュニケーションはないのでしょうか?もし、あるんでしたら、実際にどうやって買い物をしているのかを聞いてみるといいと思いますよ。安く浮かせる場合でしたら、やっぱりCostcoなんかに行くことだと思います。ただ、Costcoですと、かなり大量に買うことになりますので、ちゃんと保存対策をしないとせっかく大量に買った物もすぐにだめになってしまいますから、それが問題点になります。私と夫(アメリカ人)の場合は、Costcoではお肉、それからチーズなどをよく買います。普通のスーパーと違って、安く多く買えますのでそこがいい所です。また、夫の両親(アメリカ人)も、Costcoによく行きます。

あと、そのほかに安く買い物をするには、クーポンを使うことです。アメリカ人がよくやることは、クーポンで買えるもの(=限られたメーカーになりますが)を結構大量に買ってきます。ですから、冷凍食品、スナック菓子、それから、ソーダ類などがほとんどです。アメリカ人というと、ほとんどのひとは、家で作らないひとが多いですので、そういった冷凍食品で夕飯を済ませるひとが多いですので、日本人のように作るということはあまりないです。

後、私の場合、野菜はオーガニックの野菜を買うことが多いです。私の住んでいる市には、Wild Oats Marketというお店がありまして、そこでよく野菜なんかを買います。オーガニックですので、ちょっと高めですが、でも、市内にあるスーパーに売ってる野菜よりも長持ちするので、そこで野菜を買います。

それから、「一般」のスーパーというと、私の知っている範囲では:

Winco Foods
Super Walmart
Smith's
Albertson's
Safeway

この5つのスーパーを比較すると、同じ物でも、一番安く買える場合が多いのが、Winco Foodsです。でも、そこのスーパーでは、クレジットカードが使えませんので、行きません。私の家からは、車で3分するところに、Smith'sがありますので、そこはよく利用します。ただ、あまり新鮮ではないというのがちょっとした問題ですが、そんなに悪くはないです。で、値段は、同じ品でも、比較的高いほうになってしまいますが、家から近いし、スーパーもきれいですし、サービスもいいですので、それでそこのスーパーに行っています。

また、そのほかに、私がさっき言いましたWild Oats MarketやTrader Joe'sもアメリカ人がよく行く場所です。

それから、ワインとかですと、Ben's Liquor、それから、World Marketなどでしょうか。

とにかく、アメリカでの滞在時間が長ければ長いほど、少しずつどういった所で買い物をすれば安く浮くか分かってくると思いますよ。私の場合は、逆にいい質の物を買うのに苦労してますが(笑)、ameamaさんとは反対ですね。でも、Hidden Spotsを探しまわると結構いい所にでくわします。とにかく、ローカルのニュース、それから、スーパーのちらしにはよく目を通して、安く浮く場所を探してみてください。

でも、ロサンゼルスはとにかく高いですから、それはしょうがないと認めるしかないですね。アメリカに永住する訳でもないですから、他の州に引越しするとかっていうのも出来ないみたいですし、ロサンゼルス内でどうやって生活していくのかは、やっぱりameamaさんなりに経験していくべきかなって思います。でも、もちろん、こういった情報収集はかかさずやることですね。

それから、私達夫婦の場合、1ヶ月にかける食費の値段(外食抜きの値段です)が、$500ドルは超えます。後、アメリカに住んでいますので、私はほとんど日本食は作りません。日本食を作ると余計にお金を出さなければいけないからです。ですから、そういう意味でも、アメリカのスーパーで買えるような材料で、安くあがる食べ物が作れるようになることも、食費を浮かすポイントになります。アメリカ人は主にパンを食べますし、それから、朝はシリアルが典型的です。お昼は、外食でなく、サンドイッチにポテトチップスに、ソーダ。夕飯は、冷凍食品で簡単に出来るもの。野菜も、新鮮な野菜ではなくて、冷凍野菜をお湯でゆでて、その上にバターをかけたもの。。。などなど、かなり食事の仕方も変わってきます。後、外食は、私達は、夜ではなく、お昼にしてます(笑)夜の場合は、特別の日や、また、主人の両親と一緒に食べる時の場合が多いです(あ、もちろん、夫も払いますが。。。:笑)あと、フードコートでは私達は食べません。お金を損した気分にさせられるからです。結局、外で食べることは、高くつきますので、外ではなるべく食べないことにしてます。

とにかく、何を食べるかでも、食費は違ってきます。それから、最初から高い日本食を食べるということを考えていると、よくないかもしれません(笑)でも、日本食でも、安く浮く食事もありますから、一品、一品で違ってきますけど、でも、まあ、とにかく、安く浮かせるために、ameamaさんなりに、情報を集めてみてください^^

*長々書いてすいません。。。。

http://losangeles.citysearch.com/

http://losangeles.citysearch.com/list/10/losangeles/spotlight_los_angeles_cheap_eats_restaurants.html?

http://losangeles.citysearch.com/browse_roundups/list.html

投稿日時 - 2006-02-10 09:14:56

お礼

再度のご回答ありがとうございます。
韓国系スーパーのおかげで(外食以外の)食費の問題は解決しましたが、不思議なのはこのスーパーにはアメリカ人客がほとんどいないことです。お店もきれいでモノもまあまあで、野菜や果物は「激安」なのにです。
アメリカ人の人たちとのコミュニケーションがないわけではありませんが、彼らの「豊かそうに見える」生活ぶりから、物価が「高く感じない?」と聞くのはちょっと恥ずかしいですねぇ。もちろん不動産についてなら敏感に「高いよー」と反応してくるとは思いますが、「下のレベルのレストランでも高い」とか「アメリカ系スーパーは高い」等はやはりなかなか言いにくいですね。(自分の収入が低すぎるからですが。)

投稿日時 - 2006-02-11 03:37:42

ANo.5

アメリカ在住者です。
確かにCAやNYは物価が高くて大変ですよ。でもアメリカには物価の安い州もあります。この格差がアメリカの経済を支えているといっても過言ではありません。
私が以前に暮らしていたMOは平均年収50000ドル(親子4人)です。書かれているオレンジは1dozenで2ドルくらいで売られています。
Apartmentのrentも3BRで800ドルくらいからですから経済的です。CAはMOの3倍くらいというのが定説ですが正しいですね。
またほかにも以前住んでいたPAでは平均年収が60000ドルを下るくらいでした。
今はMAに住んでいて平均年収は80000ドルくらい。物価はCAほどではないですが高いですよ。市外でも2BKでrentが1500+ドルくらいです。

ちなみにUS censusのHPに全ての州の平均年収とか物価とか書いてありますよ。みてみたらいかがですか?(Detaが数年前のものですが)
→ www.census.gov/main/www/cen2000.html

物価が高いところに住むのがだめならば安く暮らせる州に越すというのも一つの考えですよ。

投稿日時 - 2006-02-09 11:29:02

お礼

詳細なご回答ありがとうございます。
私は手当ゼロでこちらに長期出張しているのですが、それは社長(オーナー)が「アメリカは物価が安い」と思い込んでいるからで、「日本より生活費が安くすむのだから手当がでているようなもの」と考えているのです。
で、まずapartmentを借りるときも「1800ドル!? どんな高級マンションなんだ!」って感じでした。1人当たりGDPが日本より低く、なおかつアメリカ人は豊かに暮らしているという情報が一般的なだけに、日本人より低い給料で広い家(これも日本人が抱くアメリカのイメージですよね)に住み、最先端のものに囲まれて生活していると思い込んでいるのです。ですから、いくら「3LDKに住もうと思ったら買っても借りても月25万位は必要なのが現在のロスですし、物価も大阪より高いです」と言っても、「じゃあ、アメリカ人は一体どうやって生活しているんだ?」となる訳です。
「どうやって生活しているか」は私にも「?」だったので今回質問させていただいた訳ですが、答えは「やはりアメリカ人も苦しい。カードローンを重ねて自転車操業で、最後には破綻する」でいいのでしょうか。

投稿日時 - 2006-02-09 13:38:31

ANo.4

こんにちは。

アメリカは日本に比べては、全体的に物価は高くないです。それに、世界でも、アメリカがトップ3に入ることはめったにありません。

さて、アメリカのいい所は、州によって、かなり家の値段が違うことです。ですから、同じ給料でも、州によって家の大きさ、それからその家が新築で買えるのかどうか変わってきます。

例えば、2200square-foot-houseの場合でも、州によって値段がかなり変わってきます。オクラホマ州のTulsa では$142,600.000(=¥16,892,396.00)ですが、カリフォルニア州のサンフランシスコでは、$1,300,000.00(=¥153,998,000.00)、サンノゼでは$1,272,625.00(=¥150,755,152.00)、サンディエゴでは$627,938.00(=¥74,385,536.00) とかなり値段は違ってきます。ですから、平均的に年収が少なくても、家の値段が高くない州に引っ越せば、それなりの家に住めるという訳です。

さて、アメリカでの平均年収はいくらかというと、2002年ですと、$36,764 で、2004年の3月では、時間給では、$15.54 だとホワイトハウスのレポートで言っています。ですから、正直、そんな年収でそれなりの家を買うことが出来るかというと、得にカリフォルニアに住んでいるひとにとっては、なかなか大変だというのが現実的でしょう。

私の夫(アメリカ人)の友達(アメリカ人)は、現在、ロサンゼルスに住んでいます。子供が一人いて、奥さんは、外国人です。彼はロサンゼルスに引っ越してからかなりイメージが変わり、やはり、「ロサンゼルス」という環境に影響されてしまうんでしょう。あれがないとだめ、これがないとだめ。。。という感じになってしまって、また、プレッシャーもかかるみたいで。。。だから、とにかく、仕事をして、一生懸命働いて、お金を貯めてって感じです。奥さんも働いていますけど、奥さんの場合は、仕事に子供の世話をまかせっきりですので、なかなかかなり精神的に大変だそうで。。。。でも、それでも、それなりの家が欲しい。。。というか、ロサンゼルスという環境に影響されてしまうんでしょうね。。。ですから、かなりそれなりの家を購入しなくちゃいけないという考えになってしまうんだと思います。

でも、この夫婦が外に出れば、本当はいつも睡眠不足で精神も疲れてきってるって出すかっていうと、出しません。週末は子供とショッピングに出かけて、いい家族を装っています。

また、その他にも、いい家が欲しいからということで、本当だったら、買えないような家でも、毎月のローンをかなり低くしてもらって、かなり強情に家を買うひとも出てきます。私が今までみた中では、シングルマザーのひととかが多かったかもしれません。とにかく、みんな、ぎりぎりで生活していたり、かなりのクレジットを負っていたりするひとが多いというのが、現実です。

とにかく、そんなに簡単にお金をもうけるって出来ないです。私の夫の友達は、睡眠不足で、睡眠薬を飲まなければ寝れないほど、ストレスがたまっている状態で、彼もそれなりにつかれきってます。でも、家族の為ということで、一生懸命働いてますよ。でも、買う家もロサンゼルスでは、セレブが住むような所ですので、やっぱりそういう意味では、精神的につかれきっていても、ロサンゼルスの環境に住んでいる影響には勝てないみたいです。。。。

それから、ロサンゼルスとその周辺とかでのMedian household incomeは以下のサイトで見れますので、興味があったら、見てみてください:http://money.cnn.com/best/bplive/snapshots/44807.html

投稿日時 - 2006-02-09 10:13:43

お礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね、年収5万ドルでも田舎に行けば家が安いので、ローンの支払いも楽で物価も安いので悠々と暮らせますね。
でも、ロスではやはり無理でしょう。生活のレベルを落とさずムリして頑張っても住宅ローンや複数のカードローンの返済に追われ破綻する結末を迎える人が多いのでしょう。
家以外の物価は高くないとのことですが、回答者様はどちらにお住まいですか? 現在の日本(私の場合大阪)とロスの物価を比較すると明らかにロスが高いです。1ドル=100円ならいい勝負で、90円にならない限りロスの方が安いとは言えないと思います。

投稿日時 - 2006-02-09 13:20:05

ANo.2

私はシカゴ在住ですが
治安が良く、日本人が多く住んでいる地域に住んでいます。
家賃は1ベッドルームで1700ドル、2ベッドルームで3200ドルが相場です。
周りのアパートもそのくらいの金額ばかりです。
近くのスーパー(ホールフーズ)も、高級スーパーと知られており、他のスーパーに比べると高いです。
でも、無農薬だったり、こだわりのある物しか置いてないので、安心です。
この辺には、高所得の人が多く住んでいます。

私が住む場所から、南に5ブロックほど行くと、
壁に落書きがしてあったり、路地にはゴミがたくさん落ちていたりと
少し物騒になります。
ここは1ベッドルームが800ドルくらいからあり、
スーパーも、何を買っても安いです。
(オレンジは4個で1ドルとか。)
比較的低所得の方々が生活しているようです。
生活感が漂っています。
昼間でも、このあたりを歩くのは怖いです。


質問者様が滞在しているあたりの環境はどのような感じでしょうか?
安く生活しようと思えば、いくらでも安く生活できますよ。
ただ、私は安全と安心を高値で買っていると思っています。

投稿日時 - 2006-02-09 05:35:43

お礼

ご回答ありがとうごさいます。
私が滞在しているのはロス郊外のオレンジカウンティーで、治安はいいです。このカウンティーは「治安が良くない」と言われている地域でも、せいぜい大阪の下町程度で、昼間はまったく危険を感じません。ですからその地域でもスーパーの値段は変わりません。ロスの危険地域に近いところでもムチャクチャ安いわけではなく、むしろ大阪の普通の町で暮らす方が安いと思います。
で、私の質問はこんなに高いアメリカで、平均的アメリカ人は節約生活をしているように見えないのに、なぜ(貧困層を除いて)普通に暮らせているのか、収入はどれくらいあるのか知りたいのです。

投稿日時 - 2006-02-09 05:50:02

ANo.1

アメリカの不動産バブルも終わったらしく
下降に入るでしょう

投稿日時 - 2006-02-09 04:49:45

お礼

不動産バブルが終わるとの見方が強いですが、アメリカ人は「家の価値」は下がらないと強く信じていますので、日本のようになるかどうかは微妙ですよね。
私のような出張手当ゼロの長期滞在者には、少なくとも「食」に関しては適正価格にしてほしいと思います。(大阪より2~3割高いなんておかしいです!)

投稿日時 - 2006-02-09 05:40:04

あなたにオススメの質問