こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

息子と勉強するといつも大喧嘩になってしまう・・・

小学校5年の息子に宿題を教えてますが、どうも息子は素直に聞いてくれないことが多く、教えてあげても
「ふんふんふ~ん、わかるよ!それぐらい!」という態度をされるので私もカチンとしてしまい、宿題を教えてるつもりなのが、気がついたら「態度が悪いから教えてやらん!」と大喧嘩になってしまいます。どうやったら気持ちよく息子と一緒に勉強ができるようになれるでしょうか?

投稿日時 - 2006-02-10 17:49:09

QNo.1957001

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

子供ではなく妹でしたが。

両親を早く亡くし、妹と年が離れていたので(10歳差です)同じような状況だったかもしれません。

「教えてあげる」ってやってしまうと、嫌がられました。ご質問にも「教えてあげてるのに」という言葉がありますが、わかっていることにいろいろ言われるのって、嫌なものです。私も兄から教わったときに、そう思いました。兄は非常に勉強ができたのでコンプレックスもあったのかも。

そこで、まずはやらせて、助けが必要なところだけアドバイスするというスタンスに変えてみてはどうでしょう?
私の場合は、妹に最初教えすぎてしまい、だんだんと自分で考えずに手っ取り早く答えばっかり聞くようになってきたときに、コレではいけないと気づきました。

勉強はナニが大事かというと「自分で答えを探す、導き出す、考えること」が大事だと思うのです。そのプロセスに対する意欲を「教えてあげる」という行為でつぶしてしまっていたようでした。

まずはやらせてみて、間違っていても自分で考えさせ、詰まっていそうなときだけ「どぅ?」と声をかけるくらいに、引いてあげたほうが良いかもしれません。
どこがわからないかがわからない、というところからスタートかもしれませんが、そうなって初めてヒントを出しつつ一緒に考えるという行為に移れば自主性も育つかもしれません。

教育学や指導法やカウンセリング、コーチングなど、いろいろと学んできて、学ぶこと自体を本人が受け入れなければ、学校の勉強も会社での指導も本人にとっては「毒」になるなあと痛感しています。

私は子供のころから読むことに抵抗がなかったほうですが、小さいころから「コレなんて読むの?なんていう意味?」と聞けば一緒に辞書を引いて「調べる行為」から一緒にやってくれた母のおかげもあると思っています。

・・・自分が同じように理屈だけではなく、妹に実践できていたかは別でしょうが(^^;)
でももうすぐ産まれてくる自分の子供にも、そうした心構えと対応で接することができたらなぁと考えています。

投稿日時 - 2006-02-10 18:42:23

お礼

>勉強はナニが大事かというと「自分で答えを探す、導き出す、考えること」が大事だと思うのです。
なるほど、この言葉を聞いて発見ができました。教えるのではなく、自分で考えて解決する方法を教えてあげるのですね、参考になりました!
>勉強はナニが大事かというと「自分で答えを探す、導き出す、考えること」が大事だと思うのです。
その答えを探して考えることに対してお手伝いできる範囲で接したらいいですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-17 11:07:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

○もんの教室で採点のアルバイトをしていました。
送り迎えに来る保護者の方の多くは「自分で教えようとしたけどうまくいかない」という理由で子供を入会させています。子供にも甘えが出るし、親は感情的になるようですね。
教室で教えるとき気をつけていたのは、先に答えを言わない、自分で間違いの原因に気づかせるように持っていくことと、そしてできたらきちんとほめる、でした。他人の子供でもかなり忍耐力のいる仕事です。(笑)
うちはまだ赤ちゃんなので我が子に教えることはしていませんが…。教えてあげるというより、なんでこの答になったの?と先に子供の言い分を聞いてあげたらうまくいくかもしれませんね。親が勉強を見てくれるなんて素敵ですよ。頑張ってください。

投稿日時 - 2006-02-11 22:14:05

お礼

回答ありがとうございます。子供にも甘えが出てしまい、挙句は親に当たってしまう、こういうパターンになるのは無理もないと思います。
いろんな方々からアドバイスを頂いて、親の私も教え方がいけなかったと思い、子供にやんわりと教えるようになりました。多少は感情的になりそうなときもありますが、以前よりはだいぶ子供に教えられるようになりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-17 12:27:46

ANo.5

私もそもそも冷静に「教える」というのは無理だと思います。勉強が苦手、あるいは嫌いな子相手ではなおさらでしょう。

子供が聞いてきたら「答える」というスタンスでとどめるべきでしょう。「わかるよ」と言うのなら1人でさせればいいのです。教える必要はありません。できなくて本人が学校で恥をかくのが嫌だという意識が芽生えれば質問してくると思いますし、質問してこないようなら塾に行かせるしかありませんね。

投稿日時 - 2006-02-10 22:11:55

お礼

回答ありがとうございます。子供が聞いてきたら答えるというスタンスでとどめるなら、けんかにならないですね。それを何度も聞いてくると考えて答えを出すやり方を教えてしまいたくなるんですね。それを子供はもっとも嫌がります。その教え方をやんわりと教えられるようにやってみたいと思います。私でも限度がきましたら塾に、とも考えております。

投稿日時 - 2006-02-17 12:24:25

ANo.4

そこがプロとアマの違いだと思います。
教える側の知識やテクニックの差がプロとアマなのではなく、ビジネスととらえることができるかだと思います。(ここまで思いこまないと小憎たらしい子どもを怒らずに教えることなんてできません)
家庭教師や学校の先生は、教えることで報酬を得ています。お金のために教えていますから、怒ることなく指導できます。教えられる側も然り。他人であれば言うことも聞きますし、くちごたえはできません。
親子であれば、どうしても甘えや感情が出てしまいますから、ケンカになってしまうんですね。
友人にご夫婦で小学校教諭の方がいますが、子どもは塾と家庭教師に任せてますよ(笑)。
「なぜ?」って聞くと、すぐ手が出ちゃうから。ですって。そういうもんじゃないですか。

投稿日時 - 2006-02-10 18:43:50

お礼

回答ありがとうございます。確かに子供は親より他の方に教えてもらうと聞き入れてくれます。
小学校の先生をやってても自分の子供には教えられない、感情の壁があるでしょうね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-17 12:21:00

ANo.2

ともかく褒めまくるのが一番です。
「しらじらしいよ~」といわれても褒めるのがいいです。
「そんなの知ってるよぉ!」「わあ!知ってるの?すごい!!だったら、これもできるよね?」
で、できなくても(出来ないことが多いかもしれませんが)
「なーんだ。やっぱりだめじゃん」は、禁句です。
「惜しい!もうちょいだ。」で、説明してあげてください。

褒められると(とくにお母様に)、ぜったい成績が上がります。
お母様のほうも、怒っているより精神状態はずっとよくなるのでは。

投稿日時 - 2006-02-10 18:08:34

お礼

回答ありがとうございます。ほめまくるのが一番子供は喜びますね。「なーんだ」という言葉は禁句ですね。過去にそういう言葉を使ったことがあります。
そのときの子供は宿題をやっていられない!とボイコットされました。確かにそうですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-17 11:00:46

ANo.1

回答になりませんが。

親兄弟で勉強を教えるのは無理なんじゃないですか?

もしあなたが教育のプロで、親子の感情を一切出さずに教える事ができるのでしたら、可能かもしれませんが。

私も昔兄弟に教えた事も、親に教えられた事もありますが、いずれもうまくいきませんでした。

これは問題でもなんでもないと思います。
「そんなものだ」とおもいます。

特に教える側が主体の場合は、特に、でしょう。

息子さんは「教えてほしい」と思ってるのかな?

投稿日時 - 2006-02-10 18:03:39

お礼

回答ありがとうございます。親子で教えるということは難しいですね。教育のプロ、という言葉をきいて納得しました。「そんなものだ」と思いながら気長に子供に対応していきたいと思います。ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-02-17 10:49:22

あなたにオススメの質問