こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

医療の資格取得について

私は今年に三十路になるものですが、医療の資格をとろうと思います
リハビリの言語聴覚士、作業療法士、理学療法士がありますが、これに関して何がどう違うのか?この中で一つ取得している方で、なぜほか二つではなくて今の資格をとったのか知りたいです。
専門学校にいって、資格を取得したとしても年齢が三十半ばなってしまいますが
就職での影響や、現在の働いている環境の中で負い目がありそうですか?

投稿日時 - 2006-02-13 23:12:17

QNo.1964276

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

資格は持っていませんが、将来作業療法士を目指したいと考えている者です。
それぞれの仕事の内容については、インターネットで「~とは」をつけて検索してみると詳しく解ります。
教えてgoo内でもいろいろな記事がヒットします。
どの資格も、とりさえすれば必ず就職できる、というものではないようです。
採用は熱意や経験をどうアピールできるかに掛かってくると思います。

作業療法士は介護施設や精神科の病院で患者さんとレクレーションや工作を通してリハビリを行う仕事です。相手は変わりますが、幼稚園の先生のような感じと考えるとイメージできると思います。
言語聴覚士は、言葉に障害を持った患者さんが再び言葉を取り戻すお手伝いをする仕事です。大学レベルの知識が必要らしく、難易度が高いというイメージがあります。
理学療法士は身体的なリハビリのお手伝いをする仕事です。患者さんの体を支えたり抱えたりすることの多い仕事ですので、3種の中でも特に体力が必要だと思います。
ちなみに私の住んでいる地方では、職安では作業療法士の求人が目立ちました。次いで理学療法士、時々言語聴覚士、といった感じでした。

必ず就職できるという保障はありませんが、熱意があれば年齢はある程度カバーできると思いますよ。

投稿日時 - 2006-02-14 00:29:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問