こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株の譲渡益の確定申告

現在専業主婦です。
株取引では源泉徴収有りを選択しています。
昨年A証券で68万の利益を上げ、B証券で16万の損失がありました。このような場合、確定申告をすれば、いくらか取られ過ぎた分の税金が戻ってくるようですが、確定申告をすることで、主人の扶養から外れたり、それ以外に不利益なことはあるでしょうか?
これ以外に生命保険控除があり、計算したところ4万円は戻ってくるようです。
でも4万円を手に入れることで、それ以上の出費があるようなら確定申告をするのはやめようと思っています。どちらが得かどなたかわかる方がいたら教えていただけますでしょうか?

投稿日時 - 2006-02-21 18:31:54

QNo.1981905

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

#1です。訂正します。
取られすぎた税金はB証券の損失分の16万の10%、16,000円(A証券で払い過ぎたB証券損失分)です。トータル56,000円ですね。

譲渡益を基礎控除の38万までで抑えれば、扶養から外れることもなく、税金も返ってきますので、まず税制に詳しくなり口座を使い分けることも可能です。

でも、慣れないうちは取り返しがつかないことにならないよう、源泉ありであれば、税金は国民の義務と割り切って、支払って、確定申告しないほうがいいと思います。
専業主婦で確定申告する場合はよく理解して、慎重に。

投稿日時 - 2006-02-21 21:30:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

あなたの譲渡益は68-16=52万ということでご自分の基礎控除38万を超えますのでご主人の扶養から外れます。

とられすぎた税金(38万分10%38,000円戻りと生命保険控除40,000円)を還付してもらうよりも扶養控除から外れてご主人の年末調整で返ってきた税金を修正して支払うほうが多くなりませんか?(ご主人の収入によりますが)
52万では発生しないと思いますが、奥様が控除から外れてご主人の社会保険料の金額が上がったり、会社の家族手当が外れたりと個々のケースにより違いますので、ご自分の場合を計算、勤務先に確認されて慎重に検討してください。

一般的には源泉ありは確定申告しなくてもいいので、専業主婦向けの口座です。

投稿日時 - 2006-02-21 21:21:37

あなたにオススメの質問