こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

リフォームで裁判をした場合

外壁の工事で手抜きなどがありました。
相手は、ハウスメーカーの下請けをしている関連会社です。
今回の工事に関して、全面的に非を認めています。
(担当者としか話していませんが・・・)
その場合に、こちらの要求はどのくらいまで通るものなのか、教えていただけると助かります。

我が家の希望は、
(1)外壁塗装のやり直し
(2)外壁のタイルの貼りなおし
 または、手直しをした場合に掛かる費用の値引きです。
(タイルを剥すと外壁に負担が掛かるので、場合によっては値引きをしてもらいたいと思っています。)

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2006-03-02 12:09:51

QNo.2001625

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

手抜きとの事ですが、
外壁塗装やタイルではどの程度の手抜きかが争点となります。
一般人がみてどのように感じるかや、相手業者への支払額などが総合的に考慮されます。
多少腕が悪い程度ではやり直しを命じるのは難しいのではないでしょうか。
値引きは会社との交渉になるでしょうね。

裁判をするなら結局費用や手間のほうが高くつく気もします。
もちろん業者の仕事内容にもよりますが。

投稿日時 - 2006-03-02 18:39:37

お礼

回答ありがとうございます。

塗装した数箇所には発泡が出ています。
気温も5℃以下では塗装しないそうなのですが、
実行されました。(0℃以下だったと思います)
また、工程間間隔時間も守られていませんでした。

それらは全て非を認めていますので、
外壁の塗装をし直すことは、決まっています。

値引きはタイルに関してです。
施工方法が間違いであることは認めています。
値引きの金額が不透明なのです。
はじめに言っていた内容とは異なり、
安く見積もった金額を、
値引きの金額として提示してきました。

担当者も、赤字なのは確かで、
これ以上の金額は無理な様なことを言います。
でも、それはハウスメーカー側の不手際によることです。

どこで折れるべきなのか、
何処まで責任をとってもらえるのか、
ギリギリまで粘ろうと思っています。

投稿日時 - 2006-03-03 11:07:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問