こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

不動産の代金支払い方法は小切手に限られるのか?

不動産物件を購入します。不動産屋曰く、「代金支払い方法は銀行振込みはダメ、小切手して!」と強く言われています。この前手付けを払うために、銀行の窓口で小切手のお願いをしたら、怪訝そうにされました。どう考えても大金を持ち歩くのは危なっかしいので、振込みにしたいのですが、なんとか相手を納得させる方法はありませんか?相手の不動産屋は業界でも大手不動産屋であります。専門の方お願いします!!!

投稿日時 - 2006-03-02 18:55:31

QNo.2002439

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

理由は、取引に要する時間です。
振込みの場合、買主は、売主の持ってくる所有権移転の書類を確認しなければ振込み手続きが取れません、また、売主は、自分の口座への着金確認ができなければ、その書類等を引き渡すことができません。
従って、振込みで不動産取引を決済する場合には、非常に時間がかかります。月末、5・10日など銀行が込んでる日にはまったく時間がよめません。
大きな資産を動かすなか、お互いに間違いのない取引をするためには、小切手が一番よい方法です。
小切手も自社振り出しではなく、預金小切手(銀行振り出し)との指定があるはずです。大事な取引のときは、たとえ預金小切手でも、振り出し銀行に対して発券確認(その場で電話確認をします)をした上でなければ決済しないこともあります。
大金を持ち歩くのは危なっかしいとお思いならば、取引場所をあなたの取引銀行内でおこなってはどうでしょうか。通常、残金決済場所と書類確認をする司法書士は、買主が指定するものです。
また、売主が完全に信頼できるのならば、決済前日までに資金を振り込んでおくという方法もありますが、仲介の立場からはお勧めできません。万が一があっては困りますから。

投稿日時 - 2006-03-02 20:10:25

お礼

ありがとうございました。司法書士さんに相談したところ、「売主の持ってくる所有権移転の書類を確認しなければ振込み手続きが取れない」とやはり言われました。

投稿日時 - 2006-03-07 18:39:14

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

振込みの場合は、銀行の部屋を借りて、担当者も同席してもらって、振込み伝票を相手の見ている前で渡し、担当者に振込み確認をしてもらう必要があります。
銀行振り出しの小切手にしてもらうことは一般的です。

売主への支払い、不動産会社への仲介料の支払い、司法書士さんへの支払いなど、何口かに分けて、端数まできっちりと金額を入れてもらうといいでしょう。

投稿日時 - 2006-03-02 19:43:36

お礼

まさにご回答のとおりに進みそうです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-03-07 18:40:09

ANo.1

【代金の支払い】
土地の代金を支払う方法はいろいろありますが、
私が経験したのは、司法書士の事務所で権利書などの書類、契約書と交換で、
銀行の保証小切手で払うというものが多かったですね。
おそらくお金を小切手で受け取ると名義人が複数ですと、
換金して其々に渡しやすいことがあるようです。
また、後日、税務調査が入っても銀行の口座を見せなくてもいいこともあるようです。

【銀行での取引】
相手と銀行の応接間で取引する時は、あらかじめその銀行の通帳に金額を入金しておいて、
取引の時に、銀行の口座から引き出し支払うこともあります。
安全で確実ですから、経験をした人も多いはずです。

【小切手で支払う時】
取引の場所に出向く前に、銀行で保証小切手を作ってもらい、
すぐにタクシーに乗って、取引の場所に出向くのがいいでしょう。
それともkyoko1234様が銀行の応接間を借りて、
そこで銀行の人に立ち会って貰って小切手を渡すのがいいでしょう。

投稿日時 - 2006-03-02 19:18:51

お礼

ありがとうございました。結局、双方が銀行にて立ち会って先方の口座に振り込むことになりました。不動産屋もけっこういい加減なことを言っていたなと思いました。

投稿日時 - 2006-03-07 18:37:55

あなたにオススメの質問