こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

文庫本と単行本の違いって何ですか?

小説を購入しようとして思ったんですけど
文庫本と単行本の違いって何なんでしょうか?
金額は文庫本のほうがはるかに安いみたいですが。。。

同じ本なら安いものの方がいいと思うのですが
単行本のメリットってなんですか?

教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-03-07 01:57:32

QNo.2012159

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

無条件に文庫本ですね。

文庫化されたということはそれなりに読む価値があり、なにしろ安いですから(笑)

それに前の方がいわれたように文庫化するに当たって訂正、加筆されたものが多いです。

またあとがきを読む楽しみもありますので文庫本を薦めます。

ただその作家の熱烈なファンなら単行本を買うのもいいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2006-03-07 02:50:43

お礼

再度の回答ありがとうございます。
実は私 最近になって小説に興味がでてきたんです。
それなのでまずは安い(笑)文庫本にしてみたいと思います。

投稿日時 - 2006-03-07 02:57:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

69人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

こんばんは。
単行本というのは、刊行形態をあらわす言葉なので、
サイズをあらわしている訳ではないそうです。
(「単」独に「刊」行される「本」)
質問者さんの仰る「単行本」を、いわゆるハードカバーと
推測して申し上げると…。
大抵の場合、書籍はハードカバーや新書サイズで刊行され
その後にサイズも値段も手頃な文庫化される事が多いようです。
文庫化される際に、誤植は勿論ですが表現方法など
一部加筆修正される作者さんも多くいらっしゃいます。
また、多くは装丁もかなり変更されますので
パッと見の雰囲気も変わってくるかと思います。

メリットとしては、発売されて直ぐに読める。
これはファンとしては嬉しい事ですよね。
まぁ最近は文庫化されるのも早くなりましたけど。
また、加筆などが行なわれる前の(刊行当時のまま)
内容が読めるのも私はメリットと受けとめています。

私の場合、加筆修正や装丁の変更を比べるのが面白くて
同じ作者の同じ作品をハードカバー・新書・文庫と
買い揃えてしまったことがあります(笑)。

投稿日時 - 2006-03-07 02:19:48

お礼

アドバイスありがとうございます。
購入時の参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2006-03-07 02:23:25

ANo.1

文庫本は単行本の売れ行きによって出版されます。

単行本が売れない場合は文庫化されませんし、またされたとしても単行本の売れ行きが落ちて何年か経ってから出版されます。

単行本のメリットは旬なことです。
スーパーでも獲れたての生魚(単行本)が売られ、鮮度が落ちたら○割引き(文庫本)になり、それでも残った場合はフライや煮物など(古本屋)になって売られます。

中には文庫本のみの書き下ろしもありますが、それは出版社の戦略でしょう(幻冬舎など)。

投稿日時 - 2006-03-07 02:15:19

補足

回答ありがとうございます。

ということは 文庫化されている本は人気があるということなんでしょうか?
ちなみに 購入するならどちらがいいのでしょう?

よろしければアドバイスいただけると嬉しいです。

投稿日時 - 2006-03-07 02:18:21

あなたにオススメの質問