こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

私だけでしょうか?

高校へ入って早1年がたちました。
最近学校での友達の言い分が凄く可笑しい気がします。
学校は携帯禁止に関わらず授業中に携帯を弄っていて没収される時の言い分が『なんでこの学校携帯アカンのよ!マジ意味分からん』とか言います。これ見逃しに仲の良い連中が『お願い先生許したってぇーや』とか皆で言う始末。3秒位前に言ったにも関わらず同じ事を聞いて来る生徒に対して何度も『先ほど言いました。』と先生は言うのですがその生徒がしつこいので先生はその生徒に『ずっと喋ってるから分からないんです。話聞いとけば分かります。』と言ったところ『うわ!先生質問無視するとか最悪』とかつぶやいていたりしてました。勿論そういう事を口走った連中はやかましかったです。その先生が『ホラそこ!鞄を机から降ろしなさい』と言ってその生徒は『なんで?』と言いました。先生は勿論『そんな机の上お菓子やら鞄やら置いててまともに授業受けれんやろ!ノートも教科書も出てないやないか!』と言って生徒はだるそうに『ハイハイ!分かりましたー』と皮肉な言い方をしてしばらくしても片付けなかったので先生は『いい加減にせんか!』と怒ったところその生徒は『分かった分かった!分かりましたよ!片付ければ良いんでしょ!』と怒りだしたりしました。意味が分かりません。詰まる所高校と言う場所を馴れ合いの場とかと勘違いしている子供が増えているのではないでしょうか。これでは将来の日本が不安で仕方ありません。もっと基本的な【相手の立場に立つ】とか【授業ってなんなのか】とか【コミュニケーション】を根こそぎ覚えさせるべきだと思います。今の高校生〔自分の周りだけかも知れませんが〕は自分にとって不利になるor少し面倒な事から逃げすぎている気がします。これは私が単純に幼いのだけでしょうか?私はただ今の高校生は明らかに【気合がない】って言葉があっていると思います。

投稿日時 - 2006-03-16 00:32:54

QNo.2031817

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

良識有る大人からは、meruzokkuさんのほうが「まとも」で、周囲のお友達の表れは「幼い」と感じられるはずです。

自分勝手な論理の連続に「勝手にやってろ」と言いたくなるのも無理はありません。
どなたかもおっしゃっていたように、「周囲を気にせず先に行く」というあたりが常識的な対応なのでしょう。

そうした常識的回答をふまえた上で、それでも気になるようなら、以下のレスにおつきあいください。ただし、難しいお話ですので、わからない部分は遠慮なく追加質問してください。

結果には原因があります。
彼らがそのようになった原因は、単純ではないはずですが、あえて単純化して言うなら、
(1)学ぶ意味を実感できない学校教育
(2)「勝ち組」「負け組」に分類して考える「損得主義」の広がり
(3)(1)(2)を意図的に推進する政治的潮流
の3つを指摘したいところです。

(1)学ぶ意味を実感できない学校教育
 2002年から、「総合的な学習」が完全実施されました。これに代表されるように、現行の学校教育は、「3割減の時数で3割減の内容を学ぶ」という路線でスタートしました。
 しかし、スタート前から「こんなんでは勉強が出来なくなる」「大学生でも分数計算ができないやつがいるではないか」ということで、「やっぱり詰め込みも大事」という方針が打ち出されました。私はこれは矛盾した方針と思うのですが、「のんびりやって基礎・基本もたたき込む」ということを現在の先生方は命令されているわけです。
 今までにも増して、「意味をじっくり考えさせているヒマはない」「とにかくドリルだ」というスタンスの先生は増えていると思います。これに拍車をかけているのが「特色ある学校」というキャッチフレーズです。高校は「生徒指導ビシビシで高就職率」「部活でしごいてスポーツ名門校」「受験勉強に燃えて高進学率」などの目標を選択しているのではないでしょうか。
 高校ほどではないのですが、小中でも似たような動きはあるのです。
 そういう中で、「テストがなかったら勉強しない」「単位がとれそうなら勉強しない」「先生は『勉強』という苦痛を与える敵である」というような感覚が高校生(中学でも)に広がっているのは当然かもしれません。
 子どもたちは、攻撃的に見えたり、甘ったれているように見えたりするでしょう。それは、実は、学びの意味を見つけられずに苦しんでいる姿だという側面があると思います。
 そうしたとらえ方ができれば、対応も変わってくると思うのですが、なかなか先生方の指導には、この視点が見られないのが現状と言えると思います。

(2)「勝ち組」「負け組」に分類して考える「損得主義」の広がり
 日本の福祉水準はとても低いと思います。「せめて老後を普通に生活するために」という希望は、必死で「勝ち組」に入る努力なしにはかなえられず、がんばっても届かないことさえ少なくないのではないでしょうか。
 このような時代に、大人達の多くは他人のことを思いやれなくなっていると思います。例えば、他人が損をすることで儲けるという性格の強い「財テク」に走っています。(そしてかえって損をする人が多いのですが。)例えば、「正しいか」「正しくないか」を度外視して、自分の利益を守るのに裁判に勝つことを目指す人が増えています。
 そういう社会背景があり、「わがまま」な行動は出てくるという部分を忘れてはいけないと思います。「わがまま」に見える子ども達も、仲間内では意外に献身的であったり、敵意のない大人には、礼儀を考えたり(実行できないことも多いのですが)します。

(3)(1)(2)を意図的に推進する政治的潮流
 (1)の問題も(2)の問題も、つきつめて行くと、大企業寄りの政策で大赤字になっている政治状況にぶつかります。
 教育に予算をかけないから、どうしても画一的な授業になり、無理して「特色」を出さない学校には予算は行き渡らないのです。
 普通の幸せを確保するために個人の最大限の努力が求められるから、他人の幸せを考えるゆとりがないのです。
 そして、一部のエリートが育てば、他の庶民は複雑なことを考えない方がよいという部分があることも、すでに指摘されている通りだと思います。
 若い人は、どんなに努力しても、なかなか正社員になれないのが今の日本です。直接そのことを意識している高校生は多くないかもしれませんが、未来に閉塞感があることは大勢の実感でしょう。「気合いがない」のにも、そうした誘因はあるのだと思います。

将来に不安を感じられるmeruzokkuさんの健全さは失わないでほしいのですが、気持ちにゆとりがあれば、「彼らも犠牲者」という見方で接するというやり方はあるでしょうし、もしかしたら、意外な発見があるかもしれません。

そうは言っても、慣れるまでは苦痛に感じることも多いと思いますから、無理強いは致しませんが。

投稿日時 - 2006-03-18 23:23:10

お礼

勿論彼らは犠牲者です。
私は出来れば彼らを改善したいですが面倒なのできっかけがあるまではやらないと思います。
加害者は大人という事も良くわかります。
私は父親しかいませんし別に今までウダウダ説教などもされずどっちかというと放任的ですが私自身幼い頃から必ず価値があるという考えをしてきたのでボーっと考え事をして多分勉強や学校などの価値も無意識のうち見出せたのかも知れません
その考え方になったきっかけは覚えてないですがきっと単純な事だと思います。

ですから犠牲者にはきっかけを作ってやるように頑張りたいです。
きっと犠牲者は間違ったきっかけを掴んだと思います。
私の友達も別に常識に囚われなくても正しいは居る。だから常識なんて関係ない。と。
その時は少し違うよ。としか言えませんでした。
妙に突っかかったのですが今思えば常識を守れるからこそ常識を覆せるのだと言うことでしょう。
また機会があればその友達に話して見たいと思います。でもそんな機会がなくても彼自身からやっぱり違ったと聞きたいです。

投稿日時 - 2006-03-26 01:58:39

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

一部のエリートが育てば、他の庶民は複雑なことを考えない方がよいというのは、日本人の皆が大好きな孔子の「由らしむべし、知らしむべからず」ってやつですね。

投稿日時 - 2006-03-24 10:16:26

ANo.6

貴方は「まとも」ですね。
貴方のような人がひとりでも増えれば、世の中もう少しよくなるんでしょうが……

問題は
> もっと基本的な【相手の立場に立つ】とか【授業ってなんなのか】とか【コミュニケーション】を根こそぎ覚えさせるべきだと思います。
これが、「家庭」の役割だということです。
「蛙の子は蛙」というか「この親にしてこの子あり」というか……そういうことなんですね。

貴方と将来生まれるであろう貴方の子孫は「まとも」であれるようがんばってください。

投稿日時 - 2006-03-16 15:48:39

お礼

勿論私の子供には根本的な考え方を良く身に付けさせようと思いますよ。
そして周りの子供も同じように教えてやりたいと思います。

投稿日時 - 2006-03-26 01:43:18

ANo.5

こんにちは。
質問者さんと同じ年齢の子どものいる母親です。
下の子は養護学校に通っている中学生です。
そのお友達は養護学校の生徒ができていることも
できないのですね。。。。なんだか気持ちが
暗ーくなってきました。
ちょっとイジワルな目でみると、これだけ
話しが通じない、というのはある種の
コミュニケーション障碍なのでは?と
思ってしまいました。軽度発達障碍かも。

的外れな回答で失礼いたしました。

投稿日時 - 2006-03-16 14:20:15

お礼

確かに話はズレてますがそういった情報は全くもってよいものだと思いますよ。
少しズレますが根が会ってますから。
私としては障害者達は欠落した分何かがあるはずだと思います。
平等に力は与えられる。とは言いませんが平等に報われると信じています。
ですから欠落した分苦労してもその分報われると思います。その思いがやがて幸せに繋がると思うので是非お子様が障害にコンプレックスを持ったときは伝えてあげるといいかもしれません。
ようは気の持ちようです。

投稿日時 - 2006-03-26 01:41:57

ANo.4

幼いどころか、質問者さんは十分に大人ですよ。
質問者さんのような考えを持てる高校生がいる事に、
オジさん(まだ30代に入ったばかりだけど)は安心しました。

今の日本は、悪い方向での平等を植え付けられています。
競争そのものを否定させられているのです。
競争して勝ち負けが付けば、相手の立場に立って考えられる事もあるでしょうに
(どんなジャンルでも全戦全勝とはいかない=どこかで負けるのですから)、その機会がない。
昔は、ある程度の篩に掛けられた生徒の進学先だった高校が、もはや半義務教育化して
中学校と変わらなくなってきている事も一因でしょう。

ハッキリ言って、質問者さんが疑問に思っている連中はサルです。
ですから、質問者さんはサル回しになって下さい。
自らを貶めてサルになる必要は全くありません。

投稿日時 - 2006-03-16 11:05:43

お礼

確かに平等と言う言葉を糧にして訳のわからない理屈を捏ねたりする同級生も居ます。
日本に生まれるという事をどれだけ幸せに思うべき事かを考えたりしないのだと思います。
私はサルをまわして人間にしたいと思います。

投稿日時 - 2006-03-26 01:37:56

ANo.3

最近では普通校ではごく普通の高校生の反応だと思います。
とはいえ、それを「普通の」とはあまり言いたくありませんね。

問題はやはり家庭でのしつけにあると思います。親と子が友達のような関係であるというのは、いいようでいて、実は親は子どもに対して叱ったりすることが出来ないでいるからだと思っています。
叱ると子どもに嫌われる、というのを恐れているようです。

それと、今の学生達は何を言ってもしても教師(一般的に常識のある)が手を上げないことを良く知っています。以前だと例えば机の上に足を乗せている生徒の足をパチンと叩く事は出来たでしょうが、今それをすると最悪訴えられることもあるのです。

信頼できる教師がいなかったり少なかったりする事も事実ですが、親子タッグで反論されると教師側はどうしょうもないのです。
(高校は義務教育ではありません。本来勉強したい人だけが行けばいいところだったはずですが現状はそうではないですよね。成績さえ出せば進学できる世の中です。)

この先質問者様が大学に進学される事があっても同じような疑問が出てくると思います。社会に出てもおそらくそういう人はいるでしょう。

現状を憂えるなら、周囲を気にせず先へ進んでいくようにしたほうがいいと思います。
人は人、自分は自分と割り切る方がお互いのためかもしれません。

投稿日時 - 2006-03-16 02:50:38

お礼

ご回答ありがとうございます。
やはり親。。。家庭環境が原因ですよね
でも近所の人や教師などが順を追って論破してやるくらいが良いと思います。
現在の文化で正しいと思うことを皆で受け入れて皆が訂正する。
その為には人と人がもっと近づくべきだと思います。
だから私は人は人、自分は自分なんて絶対にダメだと思います。
それはきっと互いを話す物で引き合う事には程遠いと思います。
しかし気が持てなくなったらそうすべきだと思います。
その時にはそうしようと思います。

投稿日時 - 2006-03-26 00:59:53

ANo.2

このようなことを思っているのは質問者様だけではないと思います。

実際私も思った時期がありました。
なんていうかそういうコたちには、自分が普通・当たり前と思っていることが全く通用しない。って感じでしたねぇ…。
先生に対してよくそんな言い方できるな。とか、授業の邪魔ばっかりするんだったら来ないほうがマシじゃない?っとか思ってました。

同じクラスで、同じ時間を一緒に過ごすと気になるところはたくさん出てきますが、気にしだすと限りがないしこっちの気がもちませんでした。
なので私の場合は、世の中にはこんなコもいるんだなぁと、あまり考えないようにしていました。

高校生になったそのコたちに今更基本的なことを根こそぎ覚えさせるというのは無謀というか時間の無駄というか、だれがそのコたちにそこまで面倒を見て更生?させるのですか??
担任だって面倒だし、付き合ってられない感じでしょう。

『三つ子の魂百まで』とはじつに素晴しいことばですよね。本当にその通りでしつけというか根本的なところをどうするとかは、小さいときにしっかりしておくのが必要だと思います。

質問者様がそのコたちを変えさせてあげるわ!くらいのやる気と忍耐力があるのなら、気にするのもいいですが、さほどなら残酷ですが気にせずに質問者様の大切な高校生の時間を過ごしたら良いと思います。

投稿日時 - 2006-03-16 01:01:29

お礼

確かに高校じゃ遅いですが小学や中学のうちにでも教育すべきでしょう。
今の子供達は自分勝手な解釈で自分に有利な考え方しか知らないって感じに見えます。
高校生活の内はそんな連中無視しますよ。
同期に実力与えても無駄なんで。
でも私は絶対に自分が大人になったら子供達に教えたいと思います

投稿日時 - 2006-03-26 00:49:21

失礼な言い方になりますが、その程度の人間が集まる高校だ、
ということだと思いますよ。

>これでは将来の日本が不安で仕方ありません。

これには同感ですが、それが現状なんでしょう。

>もっと基本的な【相手の立場に立つ】とか【授業ってなんなのか】とか【コミュニケーション】を根こそぎ覚えさせるべきだと思います。

これって普通は義務教育の間に習得するものですし、
家庭内でのしつけもなっていないということですよ。
親を見れば子供の出来もわかりますし、
逆に子供を見れば親の感覚もわかるというもんです。

昔、教育関係の仕事をしていたときに、
「アンタがバカだから、子供がバカなんだ!」
と親を叱責したことがあります。
表現は悪いかもしれませんが、まさにそうだと思いますね。

今の日本の教育システムは、大量のアホを作り出すシステムですから、
早くそれに気づいてあなたが浮上すればいいだけです。
支配側にたてば、民衆はバカなほうがコントロールしやすいですからね。
バカは死ぬまでバカでいてもらったほうが、楽なんですよ。

投稿日時 - 2006-03-16 00:42:21

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かにそのlvの学校です。
しかしそれがどれくらい広く及んでいるかと考えてみるとうと結構広いと想います。

私は親じゃなくても誰かの為なら誰で在ろうとその子に注意できると思います。
だから私は浮上するより皆を上げたいと思います。
辛くても沢山の笑顔でありがとうって言われて見たいです。

投稿日時 - 2006-03-26 00:27:35

あなたにオススメの質問