こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

キャリア・カウンセラー(コンサルタント)のアドバイスなんてしょせん人ごとのように感じるのですが・・・

いま転職活動をしており専門的な職種での転職を希望しています。ひとつ目は、転職人材紹介会社に複数登録し、コンサルタント(営業マン)とお会いして相談させていただいたのですが、転職先への方向性をいっしょに考えてくれて誠実に相談に乗ってはいただけるんですが、紹介先会社への採用が決まればから紹介会社に手数料が入るため、なんとなくビジネスライクな部分での相談という印象を受けました。そういう仕事だから当然で、それはそれで構わないとは思っています。ふたつ目はハローワーク関係の若年者向け相談室のコンサルタントと相談したのですが、こちらはご年配の方(年配でも最近の動向などよく勉強をされています)が比較的多く、こちらも親切に相談に乗っていたただけますが、夢をかなえた人の体験記のような本を貸してくれて読むようすすめてきます。その本を読んでみて夢だの希望だのとの内容でいまのわたしにとっては正直安ぽっく感じました。その方には自分が読んでみて内容が良かったので、その方なりにいまのわたしの現状を考えてそういった本が良いとすすめてくれたんでしょうが、気持ちはありがたいですがあまりいい気分にはなりませんでした。しょせん夢や希望もって本当にやりたいことをやるためがんばれといった趣旨のアドバイスしてる当の自分は職があって安全なところにいます。他人が自分のことを深く理解することなんてできるはずもないし、自分自身もその点は折りこみ済みです。カウンセラーの方々も熱心になってやってくれてるの十分わかっています。ただ、ある視点でみると職がないというリスクを負っていない人がアドバイザーとして良いこと言ってもしょせん人ごとだな 結局は自分でなんとかしなきゃな と冷めた目でななめに見てしまいます ご意見をうかがいたいです

投稿日時 - 2006-03-24 10:44:16

QNo.2048444

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

上場企業で実務担当部門の管理職で、中途採用や新卒採用に関わることもあります。
また自分自身も転職経験があります。

>しょせん人ごとのように感じるのですが・・・
>結局は自分でなんとかしなきゃな

そうですね。ちゃんと、わかっていらしゃる。。。

自分自身の転職も、自分のことを人任せにするのは嫌いなので、
自分で会社を探して、直接交渉で採用されました。

現在、採用する方の立場になって感じることですが、
最近の顕著な傾向として
全勝組と全敗組に二極化しています。

何が違うのか。
ほとんどの人が人間関係か処遇の問題で、前職を辞めています。
社会人として必要な能力は、いろいろありますが、
対人関係能力とストレス認容性(精神的タフさ)は特に重要です。
これらの未熟さに気がつけば、同じ失敗を繰り返さないという学習能力が働いて、上向き指向になるのですが、結構冷めていて、あきらめてしまっているのか、自分を理解していないのかわかりませんが、自分自身のことまで人ごとのようになっている方が増えているような気がします。

自分自身のことがよくわかっていなければ、
人に自分をわかってもらうことなんて、やはり無理があります。

日本では、社会に出るまでの教育や環境が
自立性や自己責任を重視、育成する体制に至っていないので、急に社会に出て風向きが変わって、ついてこれない人がいても仕方がないことなのかもしれません。
昔はそういう人もひっくるめて、護送船団方式で社会を渡っていけたのですが、既にそんな余裕もなく、会社組織自体、明日は我が身ということで、切り捨て社会、弱肉強食時代に変化してきています。

以上、まとまりのない文章になったかもしれませんが、
所詮、人ごとであるということは、
自分のことは自分の足で、頭で考えないと、前進はできないという、
本来はごく自然な真理の現れだと認識しています。

投稿日時 - 2006-03-25 07:47:00

ANo.5

おっしゃる通り、所詮「ひとごと」です。
質問者さんに共感することはできても、
どうやったって質問者さん自身にはなれないからです。

カウンセラーの役割は、その人の進路を決めることではなく、
その人が自分自身で答えを出せるよう一緒に考えることであり、
ひねくれた言い方をすれば、「誘導尋問」をしているわけです。

結局、答えを見つけるのは自分自身でしかありません。

確かに、現在は「職が無い」というリスクを負っていないかもしれません。
ただ、カウンセラーになるまでは転職を繰り返し、そして途中職がなかった時が結構あったのではないかと思います。
(転職サービスの会社に入社する人はそのような経歴があると聞いたことがあります。)
ですが、それは質問者さんには無関係なことですし、
どう捕らえようと質問者さんの勝手です。

ご参考まで。

投稿日時 - 2006-03-25 00:56:35

ANo.4

甘えてるとしか、言いようが無いですね。
いかにも自分ではわかっている様なことを書いているが、心からわかっていないから不満を言いたくなる。
カウンセラーの方に八つ当たりしているとしか見えません。
カウンセラーの方は、常識に照らし合わせて、あなたにアドバイスをしているに過ぎません。それ以上のことを求めること自体が無意味ですし、そのアドバイスを取捨選択を含め参考に出来ないあなた自身を自分で見直す必要が有ると思います。
 それから、職が無いのはリスクでは有りません、単に不利な状況ということです。
 あなたも言われてますが、自分の今までの全て(能力、努力、成果等)に責任を持ち、自分のことについて自分で考え自分の意志で行動することです。アドバイスはあくまでアドバイスでしか有りません。

投稿日時 - 2006-03-24 13:33:56

ANo.3

私も最初はカウンセラーの言うことを鵜呑みにしていた、というか、カウンセラーに期待しすぎていましたが、何度か転職をするうちに、結局は自分でなんとかしなきゃなんだなぁとわかりました。
カウンセラーの言うことをすべて否定するわけじゃないです。
そのハロワのカウンセラーも、そういう本を読んでもらうことで「デッカイ夢を叶えよう!」と言いたかったわけじゃなく、求職者達にポジティブな気持ちを持ってもらいたいというそれだけのことだったのかもしれません。
というふうに、あくまでも参考程度に考えて、自分は本当はどうしたいのか、を最優先に活動をしてみるのが良いと思います。
なので「この求人いいですよ!とにかく応募してみましょうよ!」といった感じでしつこく勧められても、焦りは禁物です。コンサルタントをあてにしすぎず、でもうまーくコミュニケーションをとりながら、逆にこっちから利用しちゃおう!くらいの気持ちでがんばってください。

投稿日時 - 2006-03-24 12:53:41

ANo.2

その通りだと思います。
結局は自分でなんとかしないと、前へは進めないと思います。

カウンセラーのアドバイスを受け入れるかどうかも、自分次第。
他人事だなと思えるような価値観が違う人の意見も時にはプラスになる事もありますから、
色々な人の意見を聞くのもいい事だと思います。

最終的には自分自身の心に正直に(^^)

投稿日時 - 2006-03-24 12:14:32

ANo.1

カウンセラーという名前がつく仕事は、複数のお客さんを相手にします。その方たちのひとりひとりに感情移入してしまったらどうなると思いますか?仕事にならないのではないでしょうか。
自分のことを深く知ってもらいたいというあなたの気持ちは他人に甘えているだけのように感じます。それは家族とか友人とか恋人に求めることではないでしょうか。
あなたのことを客観的に見てくれて、適切なアドバイスをするのがカウンセラーです。同じ気持ちになって、同情してくれるのはただの友達です。この違いを理解されないとだめですよ。

投稿日時 - 2006-03-24 10:51:33

補足

自分のことを深く知ってもらいたいとは思ってないですよ。だいたい他人に自分のことを完全に理解してもらうなんて不可能です。それに自分自身も理解してもらおうとは思わないですし。

文章に「それは折りこみ済み」 と書いてあるかと思いますが・・・

投稿日時 - 2006-03-24 11:03:04

あなたにオススメの質問