こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

慰謝料の任意保険基準について

たびたびの質問で失礼致します。
 現在、0対100の追突事故での示談の交渉中(被害者)なのですが、保険会社の支払いについて質問します。
 保険会社より任意保険基準にて金額の提示を受けているのですが、任意保険基準での慰謝料の提示の場合、その提示金額については総額が120万円以内に収まっていてもその慰謝料の部分に関しては保険会社からの支出となってしまうのでしょうか?それとも、治療費等含めて総額が120万円以内で収まる場合、いくら任意保険基準や弁護士基準で算出した慰謝料といえども保険会社からの支出は全くないのでしょうか?つまり、保険会社からの持ち出しはゼロとなるのでしょうか???
 よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2006-03-28 21:59:55

QNo.2057695

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

総額が自賠責120万内であれば原則自賠責基準でいきます。任意保険の持ち出し0です。
しかし自賠責は定額補償なので、休損などは高額所得者の場合それを越えればその部分については任意で補填します。
が、任意保険はあくまで自賠責の上乗せ保険120万をこえてから出番になりますね。
一般的に自賠責 任意 弁護士 裁判所基準といいますが弁護士依頼 訴訟しないでその基準で とは虫のいい話 それだけのリスクも、覚悟しなければなりませんし、そのような段階を踏んでの結果です。
弁護士依頼の交渉で必ず多くなるとは限りません。よしんば、多くなったとしても弁護士依頼された以上必ず着手金 報酬金は払わねばなりません。マイナス とんとんでは依頼した意味がなくなります。
裁判とて同じです。
したがって、訴訟 弁護士を依頼して争う金額は何千万単位での争いにこそ多いに意味がありますが、何十万 100万・200万前後のことでは時間と金 精神的気苦労が増えるだけ 大して意味あることにはならないでしょうね。
したという自己満足 気分的に溜飲を下げるという自己満足があったとしても、保険屋には5万 10万上乗せ判決ぐらいではたいして意味のないこと 逆に減額になれば儲けもの 訴訟費用は原告持ちですから
ただ、判例をつくるということでは意味あるかもね?
とんとん 負ければ意味なし

投稿日時 - 2006-03-28 22:41:41

お礼

こんばんは。ご回答どうもありがとうございます。やはり少し難しい、ということも分かります。どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2006-04-26 22:54:37

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問