こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

エアコンの電気代

上記の日立のエアコンを使っているのですが
一時間あたりだいたいどのぐらいの電気代になるのでしょうか?
東京電力の20円を基準として部屋は7.13畳あります。

投稿日時 - 2006-03-30 18:22:50

QNo.2061521

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

1時間あたりの電気代は、運転の仕方で幅が出てきます。単純に20円をかけると下記の通りになります。

冷房:消費電力 450W(最小155~最大980)
   電気代 9円(最小3.1円~最大19.6円)

暖房:消費電力 390W(最小115~最大1,020)
   電気代 7.8円(最小2.3~最大20.4円)

月間消費電力量は、冷房時で月63kWh、暖房時で月107kWh程度です。

↓このサイトの一番下のRAS-H22TがRAS-NJ22Vと同じCOPのため参考にしました。
http://www.eccj.or.jp/catalog/2005s/aircon/22.html

20円で計算した場合
冷房時=63×20=1260円/月
暖房時=107×20=2140円/円

期間消費電力量は年間948kWhなので、
年間電気代=948×20=18960円になります。

算出条件
● 外気温度:東京をモデルとしています。
● 室内設定温度:冷房時27℃/暖房時20℃
● 期間:冷房期間3.6ヵ月(6月2日~9月21日)
    暖房期間5.5ヵ月(10月28日~4月14日)
● 使用時間:6:00~24:00の18時間
● 住宅:JIS C9612による平均的な木造住宅(南向)

上記の設定温度で計算しています。
よって、暖房時に1℃設定温度を下げると10%の省エネになるため、逆に20℃→30℃に設定温度を上げると倍くらいになってしまう計算になります。
冷房の設定温度を下げすぎても電気代が高くなります。

エアコンの設定温度と省エネについて
http://www.tepco.co.jp/life/custom/saving/kaden_a/aircon-j.html

あとは、期間消費電力量は地域によっても違います。
東京を1とした場合、地域ごとに以下の乗率をかけて計算しなければなりません。
名古屋(約1.3~1.4)
大阪・広島・高松(約1.2~1.3)
福岡(約1.0~1.1)
仙台(約1.6~1.9)
新潟・富山(約1.5~1.8)

期間消費電力量の算定について
http://www.jraia.or.jp/product/home_aircon/select_02_04.html

投稿日時 - 2006-04-04 22:13:57

電気代の計算は、電灯や扇風機のように常に、ほぼ一定の消費電力で作動している機器なら簡単ですが、条件、状況により変化する機器の場合は、複雑で正確な値は計算出来ません。特にエアコンは、変化要因が大きいので(設定温度、部屋の広さ、家の構造、部屋の方角、外気温、など)、それこそアバウトな値になってしまいますが宜しいですか?

また、メーカー公表の消費電力は、定められた条件での平均的な値です。
確か、ご利用の2.2kWタイプの場合は、6畳の部屋を基準にし、ある程度の断熱を施した部屋をモデルに、東京地区の年間平均外気温で、夏 27℃、冬 20℃で測定した平均的な消費電力だったと思います。

こちらのエアコンの場合、暖房の平均消費電力は、390Wとなっていますが、基準の6畳の1.2倍もある部屋で使用すると、消費電力は、1.2倍で済まなくなる可能性があります。というのは、基準となる部屋での使用を前提として省エネ設計をしている為、それ以上の能力で運転し続けると、急に効率の悪くなる場合も考えられるからです。また、広い部屋ほど放熱量(逃げる熱量)も大きくなりますのでますます効率が悪くなります。

従って、ご質問者さんの部屋の場合、メーカー公表の消費電力は当てになりません。また、暖房と冷房での消費電力は、メーカー公表値とまるで違って来ると思います。ご利用のエアコンとお部屋の広さからすると、冷房能力は、大体一致していますが、暖房の場合は明らかに能力不足です。ほとんどのエアコンはインバーターと言う、能力を無段階で切り替える機構を採用していますが、適応した広さ以上で使用すると、能力不足の為、常に高出力で作動し続けることになり消費電力は増えます。
(こちらの製品の場合、暖房 115~1020W、冷房 155~980W)

そこで、非常にアバウトな計算ですが、暖房の場合、標準消費電力の1.5倍で計算すると
390W×1.5=約600W
600/1000×¥20(kW/h)=\12/h

冷房の場合は、約1.2倍の広さですから
450W×1.2=約550W
550/1000×\20(kW/h)=\11/h

となると思います。尚、憶測の域を出ませんが、暖房の効率はもっと悪くなる可能性もあります。

本来、7.13畳という広さからすると、2.5kW、特に冬場の暖房利用を考えた場合は、2.8kWが妥当と思われます。
その方が、機器に無理がなく、運転音も静かで(能力不足で、中々設定温度に達しない為、高出力、強風運転が長く続く)、長い目で見ると省エネ、機器の長寿命にもつながると思います。
660ccの軽自動車でも100km/hで走行出来ますが、3倍の排気量の2000ccの方がゆとりがあり、走行音も静かで、燃費も排気量差の3倍も消費しないのを見れば判ると思います。

それから、インバーターエアコンは、起動時に早く設定温度に達するよう、最大能力で作動しますので、少し部屋を空けるだけなら、こまめにスイッチを切るより、つけっ放しの方が省エネになります。

投稿日時 - 2006-04-01 15:07:34

ANo.2

下記に普通のと,省エネの比較あります.

http://www.tepco-switch.com/life/labo/qa/qa013-j.html

投稿日時 - 2006-03-30 22:10:03

ANo.1

エアコンの能力によって異なります。おおよその目安ですが・・・

参考URL:http://www.id-c.co.jp/contents/web/chishiki/research.html

投稿日時 - 2006-03-30 18:40:57

補足

早速のお返事ありがとうございました。
エアコンの情報を載せるのをすっかり忘れてしまいました。
http://kadenfan.hitachi.co.jp/raj/aircon/products/rasnj22v.html

投稿日時 - 2006-03-30 18:45:36

あなたにオススメの質問