こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

医療従事者に適用される法律は?

医療従事者は労働基準法が適用されないと聞いています。

ですから例えば連続33時間労働や月に400時間働くといった事態が生じています。
そこで労働基準法以外の法律で、医療従事者の労働条件や生活・健康が守られる法律はないでしょうか?

憲法には、「健康で文化的な生活」が謳われていますが。

投稿日時 - 2006-04-04 16:55:18

QNo.2071259

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>医療従事者は労働基準法が適用されないと聞いています。

誰に聞いたのか分かりませんが、嘘と言っていいでしょう。
職業が何であれ、労働基準法9条に当てはまれば労働者です。

ですので、病院勤務者やいわゆる勤務医などは皆労働基準法が適用されます。

似たような質問が過去にありましたので、そちらも参照ください。
私も回答しています。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1428301

投稿日時 - 2006-04-04 18:08:34

お礼

参考URLを紹介していただきありがとうございました。このことは医療従事者から聞きました。法律的には適用されても、実際は違法な労働がなされていることになりますね。

投稿日時 - 2006-04-07 18:14:22

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

賃金を得て働く人は、職業を問わず「労働基準法」の対象となります。医師であっても、勤務医は対象になります。

労働基準法は、「最低」の条件を定めた法律ですから、定めの基準を超えてしまうと法律違反で、厚生労働省の出先である「労働基準監督署」の取り締まりの対象になるだけでなく、事業主(病院であれば理事長とか、院長など)に刑罰が科せられることもあります。

連続33時間労働というのは、前後に休みをとれば、実は違反ではないのですが、月の残業の上限は45時間であり、400時間というのは明らかに違反です。

人命を預かる職業ですから、むしろ正常な判断がいつもできるようにしなければなりません。この状態は、異常ですし、明らかに法令違反ですから、直ちに是正しなければなりません。

電通事件という有名な事件があって、裁判になったのですが、熱心な社員がほとんど休みもとらずに働き、残業時間なども少なめに申告していたのですが、結局「うつ」状態になって、最後は自殺してしまったという事件です。この事件では、電通に従業員の健康を守る責任を果たさず、監督責任にも落ち度があったとして1億円を超える賠償を命じました。病院の監督責任は、人の命を預かるだけに電通より重い責任があると思われます。

投稿日時 - 2006-04-05 09:26:05

お礼

どの事例が違反で、どの事例が違反でないのか、具体的に判断していただき、どうもありがとうございました。実はこの質問をするきっかけになったのは、過酷な労働のため、うつ病になった医療従事者の話を聞いたことによります。

投稿日時 - 2006-04-07 18:23:52

ANo.2

>医療従事者は労働基準法が適用されないと聞いています。

ええ、そうなんですか?

私は医療従事者でしたが、会社の事務長は、「労働基準法にひっかかるから、残業はなるべくするな」「仕事は特定の人に偏らないように、皆で分担しろ」と、良い意味でうるさかったです。4週6休は徹底されましたし(ただしローテーションですから、連続何日出勤はありました)、忙しい時期を除けば、残業もせいぜい10時間ぐらいでした。もっとも、えらい管理職の人は、残業というシステム自体がありませんでしたけどね。

それに、仕事中に怪我した時は、ちゃんと労働基準監督署に行って労災扱いにしてもらいました。


>ですから例えば連続33時間労働や月に400時間働くといった事態が生じています。

主人が建設業ですが、建設業の人も、同じような環境だと思います。さらに、「怪我しても、会社に迷惑かかるから労災は使えないらしい」とか言っているし。ちゃんと労災扱いにしてもらえるように、労働基準監督署も建設会社に教育をしてもらいたいものです。

投稿日時 - 2006-04-04 18:21:10

お礼

ご自身の経験に基づいたアドバイス、どうもありがとうございました。きちんと労働基準法を守っている職場もあるのですね。そうでないところがあるということは、徹底されていないのでしょう。

投稿日時 - 2006-04-07 18:18:39

あなたにオススメの質問