こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

宮部みゆきの「模倣犯」のタイトルについて

 宮部みゆきさんの「模倣犯」がなぜ「模倣犯」というタイトルなのかわかりません。小説の最後のほうで、前畑さんが「この犯人はこの小説(『JUST CAUSE』)の模倣犯なんですよ」みたいなことを言っていたけれど、あれはピースをひっかけるためのブラフで、結局ピースの犯罪はオリジナルだったんですよね?なのになぜ「模倣犯」というタイトルにしたのかわかりません。 わかる方がいましたらぜひ教えてください。

投稿日時 - 2006-04-08 11:18:03

QNo.2079046

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私も疑問に思ったんですが、自分なりの見解をだしました。

「模倣犯」という言葉に足元をすくわれたからではないでしょうか?
完璧な自信もあの言葉で崩れていったから・・。

投稿日時 - 2006-04-08 15:35:55

お礼

回答ありがとうございます。確かにそう考えると納得がいきますね。参考になりました。

投稿日時 - 2006-04-10 10:19:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

ピースは自分のすることの独自性に
プライドと美学さえ持っていたわけで、
それを否定されることだけは許せなかった。
完全犯罪と言う目的以上に。

健全な者には不可解な世界
狂気の淵に立たせることが出来れば、
推理作家の大成功かも知れませんね。

投稿日時 - 2006-04-08 22:24:39

お礼

そうですね。
ピースの書き方はうまいな、と思いました。すごく嫌なやつだと思いましたから。

投稿日時 - 2006-04-10 10:43:42

ANo.3

読んでも読んでも「模倣犯」のタイトルの意味がわからん!と思い続けて読んでいましたが、それこそ最後の最後で、「やられた~それで模倣犯か、さすが宮部さん」と思いました。
1,2の方同様、非常に上手いネーミングだと思いました。
「模倣犯」の一言で崩れ去るとはね…。

本のタイトルって、最後の最後で「あ~、そうか」って言うパターン意外と多いですよね。

投稿日時 - 2006-04-08 22:24:02

お礼

回答ありがとうございます。宮部さんの作品のタイトルは「タイトルのつけかたうまいな~」っていうのが多いと思ってましたが、これはわからなかったので回答をいただき、ありがたかったです。

投稿日時 - 2006-04-10 10:32:44

こんにちは
No1の方と同じ意見です。
ほとんど完全犯罪が成功しかけた時、
そのキーワード一つですべてがくつがえされたからではないでしょうか。
みごとな題名をつけたものだと自分は感心しました。

投稿日時 - 2006-04-08 22:09:43

お礼

回答ありがとうございます。長いあいだの疑問に答えがでて良かったです。

投稿日時 - 2006-04-10 10:28:36

あなたにオススメの質問