こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

たくましい体を作るために

三十路のものですが、運動不足解消のため毎日100回腕立て伏せ、腹筋をやっているのですが、(ちなみに筋トレのやり方は、見本にのっとってやっています)その中で腕立て伏せのおかげで胸には筋肉がついてきたのですが、腹がいっこうにへっ込む気配がなく逆に出てきているように見えます、これはただ、腹筋の回数が少ないだけなんでしょうか?マラソンをしてもっと運動しようかと思いましたが、胸まで肉が落ちて細くなり過ぎてしまいそうで不安なんですが、みなさんどう思いますか?運動量がただ少ないだけだと思いますか?

投稿日時 - 2006-04-14 14:46:31

QNo.2091526

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

●「筋肉を付ける事」と「太って(脂肪増)しまう事」は別物です。

筋肉にストレスを与えれば筋肉がつきます。

食事からの「摂取カロリー」が「消費するカロリー」を上回れば太ります。

この2つの現象は、筋肉をつけたからといって、食事をたくさん取れば脂肪がつき、太ることを示しています。

●腹筋運動をしたからといって、お腹が引っ込むという事はありません。
腹筋運動によって筋肉がつき、引き締め効果があるだけです。

部分やせは出来ないというのが一般論です。

特殊な状況下(部分やせの箇所を温める、超音波を当てる)でトレーニングをすると部分やせが出来るという報告もありますが真偽の程はわかりません。

また、サーキットトレーニングで、部分やせしたい箇所をウエイトトレーニングし部位の温度を上げ代謝を上げ、有酸素運動で脂肪を燃焼すると部分やせが出来るといった報告もありますが真偽の程はわかりません。

●お腹を引っ込めるのであれば食事療法をし「消費するカロリー」が「摂取カロリー」を上回るようにします。
運動(ウォーキング、ジョギング)によって消費カロリーを大きくする事も方法のうちです。

食事制限のみで運動をしないと筋肉まで細りますので、食事療法にプラスして適度な全身運動をします。
これは一般的なダイエットの概念です。

胸の筋肉を落とさないようにするためには、食事療法しながらこれまでの運動を継続します。
これまでにやった運動が継続できていれば、筋肉は落ちていない事になります。

投稿日時 - 2006-04-14 18:20:49

お礼

分かりました、貴重な先輩の意見ありがとうございました。頑張ります。

投稿日時 - 2006-04-17 02:12:15

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問