こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

銀行に就職するために必要な資格の優先順位

こんにちは。
今、四年制私大の2年生です。
将来は銀行に就職しようと思っていて、その目標に近づくための些細なプロセスとして、資格取得の勉強中です。去年取った資格は、普通自動車免許・漢検2級・エクセル&ワード上級です。
今年は簿記の2・3級を取ろうと思っているのですが、大学の教授に宅建を勧められました。また、MOUS合格後に専門学校の講師に初級シスアドを勧められました。私の過去の経験から言って、独学の合格は難しいです。しかし、簿記と宅建の講座時間がかぶってしまい、両方の講座を受講することは不可能です。
そこで、質問なのですが、あえて優先順位をつけるとしたら、
・簿記
・シスアド
・宅建
どの順番で勉強していけば良いでしょうか?
わがままな質問で申し訳ないですが、アドバイスをください。

投稿日時 - 2006-04-18 19:05:22

QNo.2099912

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私は銀行員です。結論から言うと、銀行への就職に資格はあまり必要ありません。なぜなら、面接だけで入れてしまうからです。

ですが、強いて3つの資格と銀行業務と結びつけるのであれば、
簿記2級⇒財務・経理系
シスアド⇒システム系
宅建⇒融資担当
と関わりが深いでしょうと言うことぐらいです。(正直、これらはどれも資格を取ったからと言って銀行員に近づくことにはならないと思います。採用ではこれらの資格はあまり重視されておりません。)

大事なのは、なぜあなたはそれ程資格を取りたいのか?ということです。
自己研鑽の一環としてでしたら、一番興味あるものを選べば良いでしょう。
銀行員になることが目的でしたら、他のアプローチもあるのではと思います。
例えば、まず銀行に入って何がやりたいのか明確にするするためにも、資格ではなく銀行業務について研究してみては如何でしょうか。
やりたいことが見つかったら、その分野についての知識や見識を身に着ければ良いと思います。
一言で銀行と言っても様々な業務が存在します。

どうしても、資格で銀行員に近づきたいのであれば、
・市場系⇒証券アナリスト
・クォンツ系⇒アクチュアリー
・国際系⇒TOEIC
・財務・主計⇒公認会計士、簿記1級
・法務・コンプライアンス⇒税理士、弁護士
・監査⇒CIA
・システム⇒情報処理技術者
・支店⇒???
などがありますが、これらを取ればポイントにはなるとは思いますが、だから面接に受かるかと言う観点からは疑問です。

やはり、銀行に受かりたいことが目的なのであれば、
・まず、銀行業務を勉強して、やりたいことを見つける。⇒志望動機になります。
・コミュニケーション、プレゼンテーション能力を高める。⇒面接が上手になります。
・学生のうちに他の人にはない成功体験を作る。⇒人事部受けが良くなります。勝手に銀行でも成功するだろうと思われる。
・部活やサークル(体育会系が好ましいですが、なんでも結構です。)の部長になる。⇒勝手にリーダーシップがあると思われる。
などの方がよっぽど効果があると思います。如何でしょうか。

立派な銀行マンとして成功すると良いですね。

投稿日時 - 2006-04-18 20:20:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問