こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

やりたい事をやらせてくれない親

私の親は中学に入学する時、私がどれだけ公立の学校に行きたいと言っても聞く耳を持たず無理やり願書を提出させて中高一貫校に入学させました。
そしてそのまま高校に進学し、私は高2になって、今は丁度進路についていろいろ決めなければいけない時期になってしまいました。

私は英語を本気で学びたいと考えています。
そのために、日本の大学で4年間ずっと生活するよりも、交換留学や、現地のESLに通うなど実際に英語圏での生活をしてから卒業した方が、仮に同じ勉強の量でも身につくことは多いのではないのかと思っています。
だから
1.4年制の留学制度の整った大学に行って、1年くらい海外の大学に通って4年で卒業する。
または、(1)だと私立大が多いので、
2.国立大学に通って、途中休学して1年間現地の大学(またはESL等)に通って、5年で卒業する。
3.高校卒業後、現地のESLに1年通って、そのまま付属の大学に進学する。
という3つの案を考えました。

中学・高校は好きな学校に行けなくても、過ぎてしまったから仕方が無い。大学は、人生でも大事な時期になると思うし、好きな大学に入学してやりたい事を学ばせてもらえる。
そう思っていたからです。
このことを親に伝えると、留学は認める気がないと言われました。ただ、国立大学ならどこでもいいから、と。どれだけ言っても、最終的には聞く耳も持たないと言う感じです。

わたしは、どうやって親を説得すればいいですか?
もうすぐ、学校でも進路相談が始まってしまいます・・。
先生に言っても、多分親の見方をすると思うし、親も先生の前では私の応援をしてるようにふるまうと思います。

何か、参考になることを教えてください。
また、留学制度の整った国公立大学があったら教えてください。
乱文すいません・・

投稿日時 - 2006-04-24 20:42:57

QNo.2111936

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

とてもよく進路のことを考えていて立派ですね。
我が家にも、同じ年頃の子供がおりますが、つめの垢を煎じて飲ませたいです。(笑)

ただ、少々気になったことがありますので、煩い小母さんの戯言を聞いてくだされば幸いです。

まず、英語は、「手段」であってそれを使って何をしたいのかが重要なのです。一年程度留学しても、帰国子女がわんさかいる現代社会においては、大きなアドバンテージにはならないでしょう。

私の友人には、英語のみならず、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ラテン語まで話すことが出来る者がおります。彼女は、海外で生活したことがありません。大学でしっかり勉強をして語学を身に付けました。英語を、本気で学びたいのであれば、留学をしなくとも学べます。

東京麻布のテンプル大学は、外国大学日本校の中で唯一、日本の大学卒業と同じ扱いになります。アメリカ本校の他、ローマ校などもあり、日本で2年学んでローマで1年、アメリカで1年、4年で卒業ということもできます。
夏休みには、高校生を対象とした朝から晩まで英語のサマープログラムもあります。
貴方と同じような夢を持った高校生が沢山参加していますので刺激になるでしょう。

また、殆どの授業を英語で行う学部を有している大学があります。この春には立教大学の経営学部の国際経営学科も、その一つとなりました。

こうやって考えると、本気で英語を勉強する方法は、留学だけではなく、いくつもあることがわかると思います。

そもそも親御さんが、留学に反対しているのは何故でしょう。

何があるかわからない危険な国に、大切な子供を出したくないという不安感もあるでしょうし、経済的に大変なのも事実です。でも、一番は、貴方の考え方かもしれません。
中学受験のことを未だに恨んでいるようですが、公立に通ったからといって貴方の思い描いていた学校生活が成立したかどうかは、わかりませんよね。

与えられたところで、素直に頑張れない人は、残念ながら実力を発揮できません。責任を常に他に求めてしまうからです。

私が、貴方の親御さんでしたら、貴方の物の考え方で外国に出せるかどうか、間違いなく不安になります。

人は、常に与えられたものの中で、どうするかを考えるのです。イヤであれば、自分でGETするのです。
親が、ああしてくれない、こうしてくれないと愚痴るのは義務教育の間でおしまいです。

誰が誰の味方などと考えるのは、よしましょう。
皆、貴方の味方ですよ。
皆、貴方の将来を心配してくれていると思います。
気持ちがちょっとかわると、いろんなことが良いほうに転がる気がします。

気分を悪くしたら、ごめんなさいね。

投稿日時 - 2006-04-24 22:39:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

こんにちは。

留学にはいくつかのパターンがあります。大学がよその大学と協定を結んでおり、
年単位で交換留学が可能である、これは競争率も高く、また制度そのものが
ある大学とない大学とがあります。交換留学であれば、単位が認められる可能性もあります。

ほか私費留学。自分の大学を休学してゆくことになります。

留学制度の整った国公立大学というのは、交換留学がある大学のことを
さしているのでしょうか。大学のホームページを探せばすぐわかりますよ。

東京であればたとえば↓

東京工業大学 留学生課 留学についてFAQ
http://www.gakumu.titech.ac.jp/ryugaku/office/exchange-qanda-j.html

一橋大学 海外留学情報
http://www.hit-u.ac.jp/ryugaku/oversea_edu/publish_scholarship.html

学芸大学 派遣留学
http://www.u-gakugei.ac.jp/international/out.html

お茶の水女子大学 協定校への派遣留学
http://jsl-server.li.ocha.ac.jp/haken.htm

親がやらせてくれない、という部分を強調しておいでですが、実際あなたは自分の目標に向かって進んでゆく
方法を考えるよりも、障壁の一つ(親)に戸惑っているだけのように見えます。
逆説的ですが、乗り越える力を自分で見せられない・方法を見つけられないならば、ご両親が反対するのも当然かなという気がします。

熱意だけぶつけて、実際の行動力・判断力・調査能力が伴ったところを見せないと、
ご両親は不安で自然じゃないかな。気持ちはわかりますが、あせるよりもまず力をつけることです。

英語を学びたい、という気持ちはわかりますし、夢をもつことはいいことです。でも、留学した後の展望も大事です。

既出ですが、言葉は手段にすぎないので、英語だけできても、それを使って何かできないと、英語だけでは生きていけないですよ。
外国語を学び仕事にいかしたいなら、日本ででもできますし。

将来外国に住み着いてしまうことをご両親が恐れておいでならば、
たとえば大学の一年間交換留学にして、「一年で絶対帰ってきます、日本で就職します」
と約束しておく手があると思います。

投稿日時 - 2006-04-25 12:28:06

ANo.6

結局、あなたの中で「英語を学びたい」のか「外国で勉強したい」のかが明確でないんでしょう。
そして、「英語を学ぶ」というのは何ですか。英語が話せるようになりたいのですか。留学すれば英語は話せるでしょうが、何かを学んだことにはなりません。
英語学を学びたいんですか。英文学を学びたいんですか。では、英語学とは何か、英文学とは何かわかっていますか。
外国でないと学べない学問は何ですか。
これらのことにキチンと答えられなくて、ただ外国に行きたいと考えているだけのように思えます。辛口の答えですが、あなたのご両親もそんなお考えなのかも知れません。

投稿日時 - 2006-04-25 00:23:03

英語ができるくらいでなんとかなるというのは甘い考えだと思います。アメリカ人やイギリス人の大部分は英語ができますよ。
でも、最初から完璧な計画とか思ったら何もできません。とりあえずアメリカの大学に行ってXX学を学ぶ、というのはいいことだと思います。アメリカの大学は優れているという定評があります。つまり日本の大学なんて行かないで、アメリカの大学に行ってそこを卒業するのがいいと思います。カナダでもいいかな。
あなたが成人したら親にあなたの人生を決定する権限はないのであとはお金の問題です。奨学金とかいろいろ調べましょう。

投稿日時 - 2006-04-24 23:02:07

ANo.3

本当にやりたいことがあれば行動に示すべきです。
私も高校受験で私立が嫌なのに受験させられたので、受験テストに名前書いて白紙で帰りました。私立落ちれば公立にいけるとその当時思いましたので。
 国立とありますが、資金の心配を親御さんがしているなら、学費は奨学金とバイトで払うのでと言えば納得するでしょう。
 勝手に受験し(受験代は自分もちで)、他をわざと落ちればいいんじゃないかとも思います。または、とりあえず受験(国立+自分の行きたいところ)まではこぎつけて、同じ事をする。

投稿日時 - 2006-04-24 21:30:58

ANo.2

人の子の親として親御さんの気持ちも分かりますし、独りの人格としてあなたの気持ちも分かります。
どちらかが決定的に間違っていると言えない、難しい問題ですね。

思うに、親御さんの心配もしくは希望は、あなたが将来安定してより裕福な生活基盤を持って欲しいと言うモノだと思います。
高校生時分には実感がわかないですが、世の中に出るともの凄い嫌な思いや、重労働をして、休日も給料もわずかという方が沢山居ます。

かといってそれが不幸とも限りません。
お金=幸せでは無いのですが、しかし、無いと大変困るモノで、余計にある分には困りません。

ですから、あなたがご両親に語りかけ、説得するときには、英語を学びたい、そして将来こういう職業で生きていきたい。
その職業はこの先需要も増えるであろうし、特殊技能として大変有効なモノである。また、大手企業は社内標準語が英語という企業も増えてきている。
だから、よりよい企業に就職し、より重要なポストに就くためには、英語は不可欠なスキルである。
それは、自分を含め、お父さんお母さんの老後に貢献するためにと言う思いも充分ある。
不足費用は自分で稼ぐなり、学資ローンで将来返済するから、どうか理解して欲しい。。。
とこのように、自分の信念と将来の明確なビジョンを提示しなければ説得することは無理でしょう。

それでさえ困難であることが予想されます。
あとは、どれだけ自分の信念をかけて行動するかです。
諦められるくらいなら、諦めるのも手です。
最終的には自分の人生。自由に決めることは出来ますが、それによって失うモノがあった場合の責任も自分で引き受ける覚悟が必要です。
それがあれば、多少遠回りしたって学費を稼いで、自費で実現すればいいと思います。

後悔しないように精一杯ぶつかってみればいいです。
もしダメでも、後から笑い話に出来るような人生を切り開けばいいです。
がんばれ!

投稿日時 - 2006-04-24 21:08:11

お礼

この文を読んで、私の説得にも欠けている部分があるのかな、と思いました・・。
自分の主張しかしていない部分もあるのかなと。

私は絶対に留学して、英語を学んで、大変でも満足のいく仕事をしたいです。日本と海外諸国を少しでもつなげたいと思うんです。
だから、絶対に諦めません。

最後の3行、本当に嬉しかったです。
頑張ります。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-04-24 22:00:07

ANo.1

こんばんは。

しっかり考えられてますね、感心しました。
もう少し具体的に掘り下げて調べられてはいかがでしょう。
ご両親にしてみればことの詳細がわからないので不安なのです、きっと。

概ね、以下の4つくらいが不安の種だと思うのです。

1)英語を習得したとして、身に着けた英語で将来何をしたいのかがわからない。
2)留学(外国)に出すのが心配。
3)留学及び大学にいくらかかるかわからないので経済的に不安。
4)英語を習得してそのまま外国で暮らしてしまうのではないか、という不安。(これは人によりけりですが・・・)

具体的なデータを出して説明すれば、あなたの真剣さが伝わって
ご両親も納得しやすいのではないでしょうか。
頑張ってください、応援してます。

投稿日時 - 2006-04-24 20:59:54

お礼

回答、ありがとうございます。

確かに、私は具体的なことをあまり言っていなかったかもしれませんね・・。
でも、とりあえず私の行きたい大学は年間費用が約160万円で大丈夫な事、そしてそこの大学の事務職員(留学関係の仕事をされています)に知り合いがいること(親はよく知らない人です;)、そしてその方が本当に親切で良い方だということは親にも言ってあります。
多分、4番が一番大きいのだと思います・・。

でも、海外に留学して、多くの経験を吸収する事が私が今まで持った中で1番大きな目標なのです。
だから、絶対に叶えて、その能力を生かしたいって思います。
諦めないで説得してみます。

回答・応援、ありがとうございました。嬉しかったです。

投稿日時 - 2006-04-24 22:07:28

あなたにオススメの質問