こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

撥水加工済みのフロントガラス

ふと思ったのですが、最近の国産車のカタログを見ていると、ガラス撥水コートがディーラー施工のオプションなんですよね。
効果一年とか。

昔乗っていた日産のセダンは、ガラコとかレインXとかを塗らなくても撥水していました。
油膜もつかなかったです。
ワイパーのビビリもなく、ワイパー作動時に一瞬曇るなどもなく。
6年位乗りましたが、全く手間を掛けないで、常にクリアな視界でした。

こういうガラスは無くなってしまったのでしょうか?
日産のサイトも見て調べたのですが、フーガみたいな高級車でも、1年しかもたないディーラー施工のガラス撥水でした。

ガラス撥水剤を塗って純正ワイパーのままだとワイパーがビビルし、撥水剤対応ワイパーを使うとビビらないけど白く曇る症状が強くなるし、1年もつと宣伝されている商品でも、実際は半年も持たないし。

撥水加工済みのガラスは非常に優れ物だと思うのですが、なぜ採用されなくなってきているのでしょうか?
理由をご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

投稿日時 - 2006-04-28 20:26:11

QNo.2119759

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

フロントの撥水加工済みのガラスがあったとは、初めて知りました。

運転席、助手席はワイパーが無いので、撥水ガラスがある車種があるのはありますが。

ガラスに表示してある記号のなかで、DOTというマークの前に・があれば撥水ガラスです。(回答になっていませんが...)

投稿日時 - 2006-05-01 07:25:45

お礼

返信ありがとうございます。

>フロントの撥水加工済みのガラスがあったとは、初めて知りました。

え!そうなのですか!?
ひょっとして油膜がキレイに付いていただけなのかしら?^^;
でも、前に乗っていた日産のセダンは、フロント・サイド・リアの全てのガラスが何の処理もしなかったのに、油膜もウォータースポットも付かずに、いつもキレイに撥水してたので不思議でした。

投稿日時 - 2006-05-02 15:22:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問