こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

税理士と会計士って・・・

申し訳ありませんがどなたか税理士さんと会計士さんの違いを教えてもらえないでしょうか?

ちなみに帳簿等の記入質問や代行してくれるのはどちらですか?

こんなことも知らないなんて本当に恥ずかしいのですが皆様宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2006-04-29 02:32:11

QNo.2120382

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

元税理士事務所の職員です。

税理士は、本来、税務関係の助言、指導、税務申告代行を行う資格です。

中小企業相手の場合、帳簿の作成指導や記帳代行を行わなければ決算が出来ず、決算が出来なければ税金の申告も出来ませんので、記帳代行や決算の仕事が実際にはメインになります。

会計士は、正式には公認会計士といい、本来の仕事は、証券取引法に基づき、上場企業が粉飾決算を行っていないか監査することです。
ですが、公認会計士は登録をするだけで税理士を名乗ることが許されているため、小規模の公認会計士事務所では、実際には税理士と同様の仕事をしていることがほとんどです。

一概には言えませんが、公認会計士は税理士を名乗る資格があるとはいえ、やはり税法に関しては税理士の方が熟知しています。
一方、非上場企業で零細企業の場合、公認会計士の本来分野である証券取引法の規制を受けることはまずありませんから、あなたの会社が非上場の中小企業で、記帳代行や決算業務、申告書作成を依頼することを検討なさっておられるのであれば、税理士に依頼することをお勧めします。

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2006-04-29 03:43:43

あなたにオススメの質問