こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

公務員試験:独学か予備校か

 私大文系3年の男です。公務員になりたいと思い、勉強を開始しようと思います。しかし、独学か予備校かで悩んでいるところです。予備校の無料体験講義に参加したり、パンフレットを読んだりしているのですが、やはり経済的な事情で行きたくありません。2次試験対策だけ申し込めばいいかな…などと考えています。
 1次試験対策は独学ではだめでしょうか?予備校は圧倒的な情報量があり、効率の面からも通わないと合格できない、と予備校や友人にいわれます。予備校の良い点というのは、このような2点だけでしょうか?「ここが出る!ここはいらない!」等と言うのを聞きに行くための対価として30万円を支払うのでしょうか…。分かりやすさもあると思いますが…
 なんだか変な文章になってしまい、疑問点が複数ありますが、どなたかご教示くださいますよう、お願いします。他にもアドヴァイスなど、どうぞお願いいたします。

投稿日時 - 2006-04-30 23:40:48

QNo.2124002

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

返答します。

教養試験も、独学で何とかなるかとは思います。ただ、私は数的推理などの「ちょっと難しい算数」みたいな問題が苦手でした。結局ずっと苦手なままでしたが、出来そうな問題の種類を選んで、それだけは確実に点を取れるようにしたのはよかったかもしれない。私の場合は図形だけは得意だったので、これは数少ない得点源でした。あと、自分の受験する自治体にでやすいところなどを研究するといいでしょう。狙いをしぼりやすくなります。

テキストに関しては、洋泉社のテキスト評論本があるのでそれを参考にするといいでしょう。ただ、この人の言ってることは結構無茶なところもあるので、テキストの選定以外はあまり信用しないこと(笑)。

洋泉社の本とも被るのですが、数的推理はいわゆる畑中の「ワニ本」というのがいいかと思います。特に苦手な人はコツがつかめるかと。判断推理・資料解釈版もあり、どれも定評のあるテキストです。

専門試験は、実務出版から出ている「スーパー過去問」シリーズがスタンダードですね。特に行政系、経済系は良くできています。ただ、行政法については別のテキスト(ウォーク問あたりがいいでしょう)で補わないといけないかも。質があまり良くないです。

経済学のサブテキストとしては、「速攻!まるごと経済学」を勧めます。これ一冊を2,3回やるだけで相当出来るようになると思いますよ。

数的・判断、憲法、民法、経済学はどんな試験を受けるにせよ必要となってくることが多いので、今からやっておくと楽できるでしょう。

投稿日時 - 2006-05-08 19:31:02

お礼

ご回答ありがとうございます。
決めました。独学で1次試験の準備をします!

投稿日時 - 2006-05-15 07:19:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

もう大分書き込みがあるようなので必要ないかも知れませんが、一応回答します。

結論を言うと一次試験を独学で突破することは可能ではあります。もっとも、志望している試験区分や自治体の難易度で変わってくるところもあると思いますが、一般的な地方上級のレベルならば問題はそれほど無いでしょう。

勉強時間ですけれども、8時間勉強するというのは中々厳しいですね。(笑)
私もそこまではやってませんでした。実際には4~5時間というところでしょうか・・・机に座っている時間は長かったですけれども。人間の集中時間なんてたかがしれているものですし、そもそも私は飽きっぽい性格なのでこれが限度なのでした。
でも、5ヶ月程度の勉強で地方上級に合格できました。だから、一年かけて4,5時間やれば単純計算ならおつりが来るんじゃないかと思いますよ。

むしろ、1年計画で恐いのは「ダレ」でしょうね。一年もあると余計なことを考えたり、ついつい遊んじゃったりしちゃうわけです、普通の学生ならば。ダブルスクールに意味があるとすれば、そういうものを矯正してくれる役目があるってところでしょう。あとは、カリスマ性のある講師に当たると、なんとなく自分のしていることに安心感が出てきます。そういう精神面のバックアップ機能というのはバカにならないものだと思います(テキストに関しては、市販のものの方が優れていることもままあるので、予備校に期待しすぎるのは良くないですよ)。

ただこれもよしあしで、私の場合は基本的に「ヒトの言うことを聞きたくない」、「全く一人の作業が数週間に渡って続いても孤独感を(あまり)感じない」、「一週間会話が無くても全然平気」、「恒にテンションが上がりもせず下がりもしない」、という非人間的な性格ですから、他人に必要以上に干渉されたくないのです。だから予備校に行かない方が結果的に効率が良かった気がしています。

他人につくとダレちゃうところもあるし、自分でやるには孤独感や欲望との闘いになる・・・どちらもデメリットはあります。それをメリットに換えられるのは、自分の場合どちらなのかということが大事になってくるでしょう。国1あたりになると、予備校に通った方がいいんでしょうけどね。案外、これからの人生にとっても重要なことなのかも知れません。

ご自身の性格と財布の中身を考えた上で、ベターな方法を選んで下さい。お金のことばっかり考えすぎると、結局損しちゃう気もしますけどね。

投稿日時 - 2006-05-03 00:44:35

お礼

貴重なご回答ありがとうございます!
連休も何だかすっきりと過ごすこともできないみたいです(とはいっても友人と1日遊びますが)。
>お金のことばっかり考えすぎると、結局損しちゃう気もしますけどね。
全くその通りだと思います。変な言い方ですが「予備校にお金を上げたくない」という気持ちなのです…。
>5ヶ月程度の勉強で地方上級に合格できました
m-takemura様はもともと頭が良いのではないでしょうか(笑)独学で地上に合格なさったようですが、どのようにお勉強なさったのでしょう?教養試験(数的推理など)は独学でもできたのですか?
市販テキストも山ほど種類があり、選択も大変ですね…。予備校へ行く事にしたある友人は「科目数が多いから何をしたらいいかわからない、テキスト選択も面倒だから行く」と言っていました。
>他人につくとダレちゃうところもあるし、自分でやるには孤独感や欲望との闘いになる
なるほど。。そうですよね。。
将来についてももう少し検討する必要があるみたいです・・。
m-takemura様には、ぜひご返答いただけますと嬉しく思います。大変価値のあるご助言ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-05-03 01:12:46

ANo.4

>これなら予備校にいかず、独学でできるのではないか、と思います。

まぁ、ご理解されているとは思いますが、もう一度強調させていただくと、
『1日8時間前後の勉強時間を1年間継続する。』ために、ダブルスクールを私はオススメしています。
そこに自信があるならば、独学でいいと思います。

>予備校の情報量や、問題の解き方、裏技的なものを教えたりすることでしょうか。
実際のところ、地方上級レベルの試験において、合否を大きく分けるほどのテクニックなんて存在しないと私は思います。

「1年間しっかりといい準備ができるか?」これに尽きます。 筆記試験で点数が取れない人たちっていうのは、そもそもの準備が足りてないんですよ。
確かに、面接や論文試験の準備においては、専門学校に頼った方が効率がいい部分があると思いますが、、それは筆記試験を通過した後に考えても間に合うことですよね。

>予備校代はそのスキル伝授料とペースメーカー料でしょうか・。
私は、「自習室使用料+情報交換の場の提供料+ペースメーカー」だと思っています。
予備校に『スキル』を期待したことはあまりありませんでした。 ただ、教養試験に関しては多少のスキルはあると思います。

とりあえず、5月の1ヶ月間を使って、特定の教科に絞って試験勉強をさっそくやってみたらどうでしょうか?
その結果、苦もなく『1日8時間以上』というノルマをこなすことができれば、独学でやっていけるのではないでしょうか。
逆に、『連休はやっぱり遊びたい。』とか『1日4、5時間が限度だった。』みたいな話になったら、そのときもう一度専門学校を検討すればいいと思います。

投稿日時 - 2006-05-01 15:37:33

お礼

何度もお手数をおかけしまして申し訳ありません。
ご回答ありがとうございます。

「1日8時間」というのは、かなりハードですね。(^_^;)
といいますのも、大学の授業などでどう考えても8時間ということは18時~2時などというとんでもない時間になってしまいますし…。

>実際のところ、地方上級レベルの試験において、合否を大きく分けるほどのテクニックなんて存在しないと私は思います。
そうなんですか。。

「情報交換の場の提供料」とおっしゃいますのは、受講生間の情報のやりとりでしょうか?講師からの情報伝達などでしょうか。
「自習室使用料+情報交換の場の提供料+ペースメーカー」ということは、講師の分かりやすさ、というのは、市販の書籍でも分かる事が多いので、そこまで重要ではない、ということですね…。

nintai様には、本当に感謝しております。
何度も変な質問ばかりしており、大変恐縮しています・・・。
お時間があるときにお答えいただければ嬉しく思います。

投稿日時 - 2006-05-01 20:03:55

ANo.3

>精神的な強さを持っているのか?」を考えて見ると、それが分かりません。

であれば、予備校に行った方がいいと思います。
独学でも戦える人というのは、私の回答を読んだときに、「いや、俺には関係ないから独学でいいや。」と思えるタイプの人ですから。

>心配なのは、予備校に行って満足しないか、ということです。

どういうことでしょうか?
「独学の場合は危機感を感じて猛勉強し、予備校に通った場合はダラダラといまいち勉強に身が入らない。」ということを想像しておられるのでしょうか?
であれば、それは違います。
予備校という最適な環境を手に入れてもダラける人間は、絶対に独学では合格できません。それだけは間違いありません。

もしも、「予備校の講義についていくだけで精一杯になるのではないか?」ということを心配されているのであれば、、
予備校の講義に対する認識が違う気がします。
つまり、「『講義』というのは単に日々の勉強のペースメーカー(毎日の勉強をするためのきっかけづくり。)であり、それが試験勉強の中心ではない。」ということです。
試験に合格するためには、結局、「問題集を何回まわせたか?」にかかってくると思われます。
つまり、問題演習の回数です。

ですから、講義を『問題を解くための基礎的な知識・考え方を身につけるための時間』と捉えているのであれば、、そこは考え直した方がいいです。

公務員試験においては、「入門書(講義)→問題演習」みたいに順序よくやってたら、時間が足りません。 基本的には、入門書は1週間ぐらいでザッと読んで、あとは「問題演習→問題演習→問題演習」といった形で、ひたすら問題を解きまくるスタイルになると思います。 身につけていなかった知識は、問題集の解説を読んで、そのときに補給していくだけです。

つまり、予備校の用意するスケジュールは「無視」して、自分のスピードでどんどん問題演習を進めていくことがある程度必要、ということです。

では、「講義中は何をするのか?」ということになれば、もちろん、真面目にしっかりと聞いてもいいわけですが、、
自分でどんどん問題集を進めていれば、講義中にわかりきった話が出てくると思うので、そんなときに自分で勝手に問題演習をしたり、忘れたことを確認したりと有効に時間を使えばいいわけです。
とにかく、講義を中心に考えずに、なるべく多くの問題演習の時間を持つ、ということです。

まぁ、以上のような話は大学受験で予備校に通っていた人なら「常識」だと思うので、、『そんな話は分かりきっている。』と思われたかもしれません、、。
そのときは、回答を見なかったことにしてください。

投稿日時 - 2006-05-01 11:10:12

お礼

迅速なご回答に感謝いたします。
また、詳細にご説明くださり、ありがとうございます。
説明が足らず、ご迷惑おかけしまして申し訳ありません。
>基本的には、入門書は1週間ぐらいでザッと読んで、あとは「問題演習→問題演習→問題演習」といった形

とのアドヴァイスですが、これなら予備校にいかず、独学でできるのではないか、と思います。もうこのような感じでよければ、予備校に30万円も払うのであれば、意地でも突破してやる、という気にはなります。
予備校のよい点は、

>専門学校で普段から合格者のレベルを肌で感じていた方が、日々の緊張感が高まり、試験勉強に集中力しやすい

というご助言がポイントでありますが、これも強い精神力さえあればOKでしょうか?ほかに、やはり予備校の情報量や、問題の解き方、裏技的なものを教えたりすることでしょうか。独学の場合、これを知ることができないから不利、ということも考えられます…。
予備校代はそのスキル伝授料とペースメーカー料でしょうか・。
何度も変なことを申し上げてすみません。ご返信いただけますとうれしいです。

投稿日時 - 2006-05-01 12:21:54

ANo.2

はじめまして。

 一口に「公務員」と言っても様々な職種があります。secondbrianさんがどの様な職種を目指しているのか、和からにと、軽々しく独学でよい・予備校に通った方がとは言えません。

 一般的には、国1を頂点とする事務系職種を目指されるならば、予備校に通った方が良いでしょう。都道府県警察官ならば、独学でも合格できる可能性は高くなりますが…。

投稿日時 - 2006-05-01 04:44:48

お礼

ご回答ありがとうございます。
私は国2・地上、とりわけ特別区をめざしています。

投稿日時 - 2006-05-01 07:55:03

ANo.1

ダブルスクールを行なうのは、第一に試験勉強に集中できる『環境』を整えるためです。

もしもあなたが高校時代、あるいは浪人時代に、
『受験生になってからは、テレビやネット、あるいは友人からの誘いなどの雑念は全て振り払って、猛勉強の末に今の大学に合格した。』というならば、独学でもいい気がします。
なおかつ、他人のことはあまり気にならないメンタル的な強さを持ちつつ、自分を客観視できる冷静さを持ち合わせているならば、言うことはありません。
独学で十分いけます。

しかし多くの大学生は、2年近く『バイトと遊び』中心の生活にどっぷりと浸かってしまい、、、1日8時間前後の勉強を1年間継続するためには、日常(大学生活)と試験モードの切替えが必要になります。
そのためには、『専門学校の講義に出席し、空いた時間は自習室で勉強する。家では基本的には勉強しない。』というやり方が一番効率がいいんです。

また、大学受験と違って公務員試験においては自分の力を客観的に把握できる機会はほとんどありません。
「模試があるじゃないか」と思われるかしれませんが、、大学受験のように信頼性のあるものではありません。 独学の場合は自分の試験勉強の進み具合にっ不安を感じやすく、精神的なバランスを保つのが難しいんです。
それよりも、専門学校で普段から合格者のレベルを肌で感じていた方が、日々の緊張感が高まり、試験勉強に集中力しやすいんです。
私が専門学校を重視するのは基本的にはこの1点です。

>やはり経済的な事情で行きたくありません。
40万弱だとしても、ローンを組めば月々2万弱の出費に抑えることも可能です。
私はこれは安いと感じました。

まぁ、結局は、「自分は、1年以上も独学で戦える精神的な強さを持っているのか?」ということに尽きると思います。

投稿日時 - 2006-05-01 00:54:05

補足

早速のご回答、どうもありがとうございます。
やはり、予備校に行くメリットはありますね。実は、高校受験も大学受験も推薦・指定校推薦できているので、実際、受験(英検等の受検はあっても)というものは経験したことがありません。この点で、nintai様のおっしゃる「自分は、1年以上も独学で戦える精神的な強さを持っているのか?」を考えて見ると、それが分かりません。

心配なのは、予備校に行って満足しないか、ということです。周囲には(大学受験した人)、予備校には何となく行きたくなかったという人がいます。これは自分自身で考えるべきことだと思うのですが…。

私は国2・地上を目指しています。国2は激務と聞きます。だから、ではないですが、地元特別区に就職できたらと考えています。

投稿日時 - 2006-05-01 07:42:52

お礼

間違えて補足に記入してしまいました。
本当にありがとうございます。どうぞ、補足もご覧いただけますとうれしいです。

投稿日時 - 2006-05-01 07:53:59

あなたにオススメの質問