こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

FXをはじめるにあたって

FXをはじめるにあたって幾つか疑問に思うことがあるのでよろしくお願いします。
まず、単刀直入にFXって儲かりますか?と言うのも私がFXに興味を持ったきっかけが友人なのですが、はじめFXの魅力について語ってくれたのはいいのですが、その友人じたいFXをやったことがないどころか注文方法(IFDとかOCOなど)も全く知らず最近不審に思ってきました。でもFXで儲けている人もたくさんいるはずなので、興味はあります。現に半月ほど前からバーチャルFXをやったりもう口座開設の手続きもやってます(ちなみに外為どっとコムです)。
次に私は学生であまりお金もありません。投資は余裕資金で、と言うこととなると10万くらいしか出せません。こんな金額でもお小遣い程度には稼げるようになるでしょうか?当然はじめから稼げるとは思ってないですが自分の投資スタイルを見つけるまでに資金が底をついてしまうのではないかと心配です。
私の友人は5万円を100万円にするのだと言ってますがそんなこと可能なのでしょうか?私は10万円特に使う予定はないので銀行の口座に入れとくのでなく外為の口座に入れておいてピ~ンときたときに投資してみるのもいいかと思ってるのですが、いくら余裕資金といえみすみすどぶに捨てるようなまねだけはしたくありませんので、FXをする前になにかアドバイスがあれがよろしくおねがいします。

投稿日時 - 2006-05-07 04:13:22

QNo.2135707

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

参考程度に読み流してください。

私の意見としては、学生の一番の本分は未来へむかっての自分の進路の確立だと考えています。
それにたどり着かない方は学問に集中すると、卒業してから選択肢が広がります。
これは紛れもない事実ですので、否定はしません。

ですが、もし学生中に進路の確立ができれば、、、
例えば、最近時の人となったホリエモンは大学中退ですよネ、、、
少々道を選び間違えた感はありますが、私の思うに立派な成功を収めた一人だと思います。
どちらにしてもFXに限らず投資において、現代社会において学生中に学んでおいて絶対に損しない時代です。
なぜなら、自分の年金をほぼ強制的になんらかの投資に回さなければいけないからです。
(401Kって聞いたことあります?)
ですから、せっかくのチャンスがあるのに、この手を抜くのは賛成できません。
その一環として、FXも勉強してください。
学生の本分は勉強です。
もちろんこれには社会勉強も入っています。
社会人になったらいきなり一般常識がついているなんて事は絶対にありませんので、学生中にこのへんの勉強しておくのは不可欠です。
また、このへんの勉強の方が社会人になってから役にたつことが多いです。

私は現在、社会人でFXに手をつけています。
学生中は株の勉強をして、社会人になってすぐに原資(100)を2倍にできました。
5万を学生中に100万は難しいと考えますが、10万を50万程度なら必死に勉強し、運があれば全然可能なのではないでしょうか、、、

リンク先に私はしょっちゅう顔を出しています。
もしお暇があれば見つけてみてくださいネ。
上から読み飛ばしていけば、おそらくすぐに出てくると思います。
また、ここには詳しい賢人がわんさかいます。
でも荒らしが多いのも事実ですので、書き込む際には多少気をつけてくださいネ
d(^^;)

投稿日時 - 2006-05-07 22:42:10

補足

どこを見渡してもリンクがないような気がします・・・。

投稿日時 - 2006-05-08 01:47:58

お礼

投資について学ぶことも立派な勉強なんですね。今しかできないことはたくさんあると思うので、学校の勉強もFXも勉強して将来はほかの社会人よりい一歩リードした見識のある人間になれればと思っています。どうもアドバイスありがとうございました。
あと投資の勉強と言っても具体的にどのようなことをすればよいでしょうか、お答えいただけるとうれしいです。

投稿日時 - 2006-05-08 01:57:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

>たとえ小額でも自分のお金で取引した方が良いかと思います。

No.10の方の意見でこれは本当です。
私としてはバーチャルが悪いとはいいませんが、それよりも少なくても自分の資金で投資をおこなったほうが確実に得るものは大きいです。
これはまぎれもない事実。
ですが、なんの知識もない状態で望むのは絶対にさけるべきです。
これは、自分の資金を使っても絶対に得るものはありません。
逆にこの場合はバーチャルの方がいいのかもしれません。


さて、FX業者についてヒント、、、
あまり、ここで発言することはできませんが、『JNS』(http://www.jns-online.com/)をネットで調べてみてください。
今はまだ、信託保全を行っていないようなので、あまりお勧めできませんが、メールで聞いてみたところ現状信託保全をする方向で動き始めていて、今年中を目標に動いているが、この目標に間に合うかどうかは別として近々絶対にしたいと考えていますという返答をいただいたので、このサービスを開始すれば、この業者はかなりお勧めできる業者となると思っています。
ですが、10万くらいならどうせ信託保全がなくてもしれほど痛くはないので、いいという場合はこの業者はかなりいいかもしれません、、、
一度調べてみてください。

投稿日時 - 2006-05-13 18:13:35

お礼

一度調べてみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-05-15 13:04:40

ANo.10

#8です。
私は、株式もやっていましたが、ここ5年くらいでは、
米ドル外貨預普通金の、しかも100ドル単位での売買が
一番良い成績だったのです。 これだけ株価が上昇してきた
にも関わらず、です。 株の方はいままでの損失を
やっと穴埋め出来たに過ぎません。 その理由を自分なりに
考えてみたところ、#8のような結論になりました。

数年前からFXのことは知っていましたが、当時はどこも
1万ドル単位でしたので、見送っていました。 今では、
FXも使っていますが、外貨預金も、やめることは考えていません。

みなさん、手数料やスワップのことばかりを気にしますが、
相場の価格の変動は、そんなものよりも遥かに大きいのです。
資金量に見合った額での取引、というのは利益は少ないかも
知れませんが、損失を最小限に抑える、という点で、とても
大切なことです。

>>残念ながら10ドル単位の取引はどこもできないようです。
FX業者にも1ドル単位で取引出来るところが、米国に
あるらしいです。 そこなら良いかも知れません。

>>それから10ドルでは損益の額があまりにも小さすぎてやる意味がないと思います。
 それならば、もっと資金が増えるまで待てばいいのです。
 (10ドル単位、というのは、例えば10ドルづつ何度も買って
  いってドルを増やしていく、という意味です。念のため)
 私の場合でも、労働量(日々、価格を見たり、ポジションや資金の
 管理をしたり、など)に見合った利益が出たとはとても思えません。
 普通の仕事で頑張ったほうがずっと増しです。 でも、続けています。

>>それならバーチャルで経験をつんだほうがいいと思うのですが、どうでしょうか?
 これですが、所詮ゲームに過ぎないと思います。
 実際の売買と仮想の取引とでは全く感覚が異なると思います。
 自分自身のお金ではないので、損失になっても「痛み」がありません。
 (この「痛み」の実感の経験がとても大事です。。。。)
 (私の尊敬する)有名な相場師の書かれた本には、
 仮想の取引は害になる、といったことまで書かれています。
 たとえ小額でも自分のお金で取引した方が良いかと思います。

取り組み方は人それぞれです。 何が向いていて、何が向かないかは
最終的にはやってみないとわかりません。
でも、何よりも大切なのは損失を最小限に抑えることを
最優先して考えることだと私は思います。 お金がなくなっては
取引もできなきなるし、生活にもかかわってきます。
利益になって困ることはありませんから、そのことは二の次で
いいことです。

以上、個人的な意見ですが参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2006-05-12 23:04:01

お礼

すでに口座開設が完了したので始めてみました。やってみての感想なのですが、仰るとおりバーチャルに関しては私も実際現金をかけるのとは緊張感が違うと言うことにきづきました。ありがとございました。

投稿日時 - 2006-05-15 12:59:43

ANo.9

銀行で外貨普通預金をするというのは、手数料(TTSとTTBの差)が高くて、非常にリスキーだと思います。どれだけリスクがあるか、勉強したければやってみる価値があろうかと思います。

10万円で1000ドル買えば、FXではレバレッジ1倍、低リスクになります。銀行の外貨預金より、スプレッドが小さい点で、リスクが軽減されます。

投稿日時 - 2006-05-12 09:36:44

お礼

はじめはレバレッジを低くしたほうがよいようですね。わかりました、ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-05-12 20:41:16

ANo.8

10万円が投資用の全資金だとして、それを元手に
US$1000のポジションを持ったとします。
1円動けば1000円、10円動けは10,000円の
損益が生じます。 現実にここ1ヶ月くらいでも
10円近く動いています。

あなたの資力で、このポジションを冷静に持ちつづける
ことが出来るでしょうか?
心に余裕が持てないと、あせって売買を繰り返すことになり、
投資行動は失敗します。 余裕資金、というのはそういう
意味です。 よく考えてみてください。

個人的な意見を言えば、10万円の資金では、FXでの
最低取引単位1000ドルは大きすぎです。 同じ外為でも
外貨普通預金で、10ドル程度の単位で運用を考えるといいかと
思います。 私ならそうします。

他の方も書かれているように、学業との両立も大切です。
が、「投資」「運用」ということをじっくり考えるいい機会でも
あります。 よく考えて、リスクが少なくて、冷静に出来る
方法から行動に移しましょう。

私は、学生時代にはバイトのお金で金貨を購入したりしました。
その時から相場に興味を持っていたことは無駄にはなっていません。

投稿日時 - 2006-05-11 00:04:47

お礼

ありがとうございます。残念ながら10ドル単位の取引はどこもできないようです。外貨預金は手数料が高いので、考えていません。それから10ドルでは損益の額があまりにも小さすぎてやる意味がないと思います。それならバーチャルで経験をつんだほうがいいと思うのですが、どうでしょうか?

投稿日時 - 2006-05-12 20:37:51

ANo.7

リンク忘れ、、、?
本当に申し訳ありません、、、
<(_ _;)>

でも、おかしいなぁ、、、
でも貼ってないなぁ、、、

さてさて、投資についての勉強でまず何をすればいいかと言うのは実は人によって様々なのです。
これは逃げ口上じゃありません。
ですので、これに答えていくためには少しここでは難しいかもしれません。

ですが、簡単になら、、、

1.投資と投機の違いについて、、、
2.ファンダメンタルについて、、、
3.余裕資金と必要資金と遊び資金の違いについて、、、

これらのうち、1と2についてはネットで調べればすぐに出てきます。
3についてはもう一度自分と向き合って見つめなおすしかありません。
がんばってください。
私で良ければ、本当に心から応援させていただきます。
d(^^)

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=t&board=1061457&sid=1061457&type=r

参考URL:http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=t&board=1061457&sid=1061457&type=r

投稿日時 - 2006-05-10 01:58:55

お礼

URL参考にしてみます。応援ありがとうございます!

投稿日時 - 2006-05-11 17:25:16

ANo.6

 5万が100万になるか?米ドル買いで説明します。

 10万円あるんですよね?10万円あれば、レバレッジ20倍のところなら、2万ドル買えます。5円上がれば、10万円もうかります。これであなたの資産は20万円になりました。(逆に5円下がれば、0円です。)

 この20万円で今度は4万ドル買い、また5円上がれば20万円の得(総額40万円)。さらに、40万→80万、80万→160万となります。

 したがって、10万円でも、5円上下の判断を4連続で当てることができれば、160万円になります。ちなみに、8連続なら2560万円にふくれあがります。10連続で当てれば1億円突破!まさにわらしべ長者感覚。

 5万円が100万円になること自体は、なんてことはありません。動きが激しいNZドルなんかでやれば、もっとスリリングなこともできそうですね。

 もちろん、上記はあくまでも奇跡的にうまくいった時のことであり、通常は失敗してふっとびますが。また、証拠金不足(自動決済)を考えると、3-4円下がった時点で、ゲームは終わりになりますけどね。基本的には「ハイリスク・ハイリターン」という原則に変わりはありません。

投稿日時 - 2006-05-08 22:14:17

お礼

かなり理想的な投資ができなければほぼ不可能と言うことがわかりました。リスク管理をしかっりやってうまくやっていけるようにがんばります。回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-05-09 20:58:42

ANo.4

学生であれば、社会人と違ってお金の融通が利かない面があるので、10万円のを失った時は非常にショックでしょう。
要は、その10万円は最悪、無くなっても良いと言うのならやっても問題は無いのですが、失敗した時の事を考えた方が良いのです。

社会人はある程度、「無くなっても良いお金を作れるから」、借金さえしなければ投資資金が最悪0になるだけで済みます。
FXならば、1000通貨単位で売買出来る所ならば、最小単位で売買する分には失敗しても、それほど問題はないでしょう。
それでも、米ドルならば1998年に1日10円以上動いた時もあるので、大きな損失の可能性もあります。

あと、学生はどうしても経済的な知識よりも学問を学ばなくてはならない事情が出てきます。
中には進級が非常に難しい大学(東京理科大学がそうですね)もあるので、余裕が無ければ学校の勉強を優先した方が良いでしょう。
へたにFXの知識を身につけるよりも、学校を卒業した方が社会的な信用度や就職に非常に有利ですし、社会人になった時でも投資でお金儲けするよりも働いた方が最も効率良く稼げるので、大学卒業→就職を確実にすれば、投資よりはずっと稼げると思います。
特に卒業の難しい大学ほど、就職時は高く評価される傾向にあるので、この点も考えて見ては?

それから、為替は株式以上に難しい点にも注意が必要です。
その理由を書くと、キリが無いのでここまでとします。

投稿日時 - 2006-05-07 15:20:16

お礼

金儲けもそんなに甘くないと言うことですね。人一倍努力しないといけないようですね。あさる必要はないでしょうからゆっくり考えてから行動したいと思います。アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2006-05-07 21:56:29

ANo.3

No.2の方のおっしゃるとおり、勉強に専心できるのは学生の特権ですよ。
金儲けは社会人になれば否が応でもしなければなりません。
質問者様にとって10万円がどの程度の大金なのかはわかりませんが、
私の経験では学生時代の10万円と働くようになってからの10万円では失ったときの(あるいは使ったときの)ショックがぜんぜん違います。

さて、本題のFXが儲かるかですが、
これも私の一経験則で一般論ではありませんが、
一年で10倍にしてやろうと意気込んで売買を頻繁に繰り返していた口座は原資割れになり撤退。

No.1の方もご紹介のスロー・ストキャスティックやMACD等のテクニカル指標を眺めて週単位で取引した口座は年率100%弱という成績を残しました。

もっとも振り返ってみれば一昨年はドルを売り、昨年はドルを買うだけで儲かる流れだったので偶然かもしれません。

投稿日時 - 2006-05-07 09:54:26

お礼

そうですね学生にとって10万円はかなり大きな金額ですよね。バイトも大した額稼げませんしね・・・。もっとほかの事に使ったほうがいいのかもしれません。慎重に検討したうえで自己責任で挑戦していきたいと思います。

投稿日時 - 2006-05-07 21:49:01

ANo.2

儲かっていない立場から言うと、お金でお金を儲けるのは大変難しいという感想です。

単なる可能性を言えば、5万円を100万円にすることは不可能ではありません。

10万円をすべてなくなる覚悟でやれば、結果はあとから付いてくるでしょう。勉強したら、必ず儲かるかと言うとそういう保証はないです。MACD、RSI、ストキャスティクス、一目均衡表、移動平均線etc.見て判断するのは見た人です。だから、自己責任なのです。
取引が成立して値段が付くということは、その時点で市場参加者の考え方は半分ずつだということです。もちろん実需があるので、投資・投機マネーばかりではないですけれど。

外為どっとコムは千通貨の取引ができるので、すぐにはゲームオーバーにはなりませんが、最低1万通貨のところでは決済して保証金が10万円を少しでも割れば、取引不可能になります。5万円で一万通貨の会社もありますが、レバレッジが高いです。

アドバイス
学生さんは、FXやるより勉強したほうが良いです。何のために学生なのかわからないではないですか。学生時代に勉強しなかった者が言うのですから、間違いありません。

投稿日時 - 2006-05-07 07:18:04

お礼

学生は学業優先ですから、為替の勉強ばかりするつもりはありませんがやはり、為替のことが気になって勉強に身が入らないという事態にだけはなりたくないものですね。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-05-07 21:34:19

ANo.1

本来、大きな資金での取引をする場合、その資金を保管することが必要になりますが、取引業者に一定の保証金を担保として預けることによって、取引業者がその担保保証金を元に投資家に信用供与を行い、保証金の100倍とかの取引を可能にすることができます。

外国為替証拠金取引の運用を始めると、当初差し入れた保証金は毎日為替レートの変動に応じて値洗いされ、差額の授受により毎日増減します。

市場が24時間取り引きされているので、自分が寝ている間に相場が大きく動く事もあります。
自己責任でリスクとリターンを把握しリスクをコントロールすることが重要で、そのためには市場の分析が欠かせません。

個々の運用者の知識や情報の収集速度に違いがあるので、成功者がいる一方で失敗者もいます。
いつも読みが当たるとは限らないので、相場が読みと反対の動きをした時にヘッジがかかっているかいないかの違いが損失の違いになります。
通常の指値は、指値まで値上がりしたら売る、値下がりしたら買うですが、逆指値は、指値まで値上がりしたら買う、値下がりしたら売るというものです。
個人投資家の場合、24時間相場を見ているわけにはいきませんから、逆指値で損失を最小限に抑えておく必要があります。

日本円との金利差が大きく市場に厚みのある通貨を選び、テクニカル分析ツールなどを利用しながら、トレンドと相場の位置を多面的に分析し、積極的に売買を行うことが重要です。

SMAで相場の方向性を見極め、ゴールデンクロスとデッドクロスを売買タイミングとみなします。
RSIは、30%を下回れば「売られ過ぎ」なので「買い」の目安だと言われ、70%を上回れば「買われ過ぎ」なので「売り」の目安だと言われています。
また、スロー・ストキャスティックが下限境界線近辺で上昇に入った時を買いタイミングと考えます。
MACDが単純移動平均線をゼロの目盛り線の下で上向くと買い、ゼロの目盛り線より上で下向くと売りともいわれています。

限られた資金の運用ですから買い続けることは不可能です。そこで、テクニカル分析において買いタイミングや売りタイミングが出た時だけドルコスト平均法を活用します。

もみ合い時や希望的観測では決してオーダーをかけず、そして小分けにポジションを取り、資金を1日に多く回転させて収益を上げるようにします。

この投稿はFXをすすめるものではなく、利益を保証するものでもありません。
とにかく勉強して、投資は自己責任でしてください。

参考URL
外国為替証拠金取引(FX)完全解説
http://www.gaika.team-dreamer.com/2006/03/post_72.html

参考URL:http://www.gaika.team-dreamer.com/2006/03/post_72.html

投稿日時 - 2006-05-07 06:27:39

お礼

投資もいろいろ難しそうななのでこれか勉強していきます。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-05-07 21:29:04

あなたにオススメの質問