こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

警察とは?警察の歴史

警察というとよくお巡りさんのように道を教えてくれて犯罪が起これば、すぐ駆けつけてきてくれて、私たちを助けてくれるものという良いイメージがありますが、よく考えてみれば国民の味方をしてくれるばかりじゃないみたいですね。時の権力者が決めた法律によっていくらでも国民を押さえつけることができますから怖いものですね。建前の警察の機能は、次のように書いてありました「警察法所定の普通にいう警察は、国民の生命・身体・財産の保護、犯罪の予防・鎮圧・捜査、被疑者の逮捕、公安の維持を任務とし、行政警察作用のほか司法警察作用をも所掌する。」しかし、警察というのは、いつごろからはじまったのか、疑問ですね。警察の歴史がわかれば、警察の本質がつかめるような気がするのですが、世界や日本の警察の祖先や歴史というのは、どうなっているのでしょうか?わかるかたがいればご指導ください。古代の国家の警察というのはどのようなものだったのでしょうか?

投稿日時 - 2006-05-19 21:38:01

QNo.2161987

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ウィキペディアに詳しく載っていますよ

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%A6%E5%AF%9F

投稿日時 - 2006-05-20 11:30:38

お礼

参考になりました

投稿日時 - 2006-05-28 16:19:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

古代の国家の警察の話とは、ちょっと違うかもしれませんが・・。

戦前は、与党が入れ替わる度に警察官が全員入れ替わった、と本で読んだ事があると思います。

投稿日時 - 2006-05-20 08:23:10

お礼

参考になりました

投稿日時 - 2006-05-28 16:17:37

大きなテーマなので、おおざっぱになるのをお許しください。

「警察とは?」というのは、「国家とは?」というのと、同じ意味です。現在でこそ、警察と軍隊は分離しいますが、原始国家が成立したときには、軍隊と、警察は、同じものだったろうと考えられています。軍隊は強力組織として、国家を作る中心的な力として、国家より先に成立したと見る人も多いです。中国4千年の歴史を見ると、それがよく分かると思います。

平安時代の警察は、検非違使とよばれ、平氏や、源氏などの武士階級の登竜門でした。平安末期には、北面武士という私兵集団がこれに変わるようになりました。鎌倉時代になると、六波羅探題がおかれました。国家の仕組みが、複雑に成長してくるに従い、近代になって、国内問題は、警察が、国外問題は、軍隊が、と分離していったのだと思います。例えば、長谷川平蔵で有名な火付盗賊改方は、足軽大将格の御先手組組頭という軍隊組織が警察活動を兼任していた例です。戦前でも本来軍隊内部の警察である憲兵が、治安維持の為に一般市民を逮捕虐待していた歴史があります。

国家というのは、二つの矛盾した側面があります。一つは、構成員である国民の生命と安全を守ることです。もう一つは、国家の支配階級が、自分達の階級利益を守るために、強力組織の警察や軍隊をつかって、被支配階級を抑圧することです。質問者さんの疑問も、この矛盾する二つの役割に起因するのではないでしょうか。

投稿日時 - 2006-05-20 00:38:02

お礼

お忙しい中、お答えいただきありがとうございます。忙しいので返事がおくれてしまいました。すいませんでした

投稿日時 - 2006-05-28 16:15:24

あなたにオススメの質問