こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

彼女が自殺しました(長文)

僕は学生、彼女は社会人で保育士をしていました。
昨日のことです。いつも仕事に行く前必ず僕にメールをしてくれました。この日はそれがありませんでした。僕がメールを送るとすぐに返事が返ってき、仕事に行く途中に考え事をしているというのです。彼女は仕事を辞めたそうでした。
すぐに家を出、彼女を捜したが見つからなかった。
家で彼女が仕事を終わるのを待っていました。そこへ彼女のお姉さんから電話がありました。
聞いた内容は、彼女が自殺しようとしてるというものでした。本当はもうすでにこのとき彼女は自殺をし、この世にはいなかったようです。
慌てて家を飛び出し彼女を探しました。彼女のいそうなところをすべて。彼女の家に行くと彼女のバイクが停まっていたので、そこで初めて彼女が家にいることがわかりました。彼女のお姉ちゃんに連れられ家に入っていくと警察の方が鑑識を行っていました。そこで初めて彼女ともう会えないことを知りました。不思議と涙は出ず、死を受け入れることができませんでした。彼女のお姉ちゃんとの別れ際に
「あの子、あんたといれて本当に幸せそうやった」
と言われすごい泣いてしまった。
今日亡くなった彼女の顔を見ました。寝てるみたいでした。ですが唇は紫になり顔は氷のように冷たかった。
最後に何もしてやれなかったことを悔やみ、彼女の携帯に今までの気持ちをメールで送りました。
返事がお姉ちゃんから返ってきました。彼女が僕に最後に伝えたかった未送信にしていたメールも送ってくれました。
どこかで彼女の死は防げたと思います2日前までは元気にしていたし、いつもと変わらない様子だったんですよ?こんなことになるなんて信じられません。
ここで何を質問したいのか僕もわかりません。ただ聞いて欲しかったんです。よければ厳しい意見でも体験談でもなんでも構いません。何かコメントをいただければと思っております。
お願いします。

投稿日時 - 2006-05-31 17:20:22

QNo.2187044

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

No.21です。
ここに回答されたどなたもあなたのお礼やお返事が欲しくて書き込まれたのではないと思います。

今はまだ何をどう書いてもあなたの心に染み込みはしないだろう、ということも皆さん承知の上で。

ただ、これから先、幾度となく襲い掛かるであろう悲しみや苦しみの波にあなたが呑み込まれてしまいそうな時に、こちらでの回答の一文でも思い出してくれて僅かでもあなたの心が救われることに一縷の望みと願いを込めて皆さん書き込まれたのだと思います。

だから、お礼なんて書かなくて良いんですよ。


ちゃんとご飯食べていますか?

お身体お大事になさっていて下さいね。

投稿日時 - 2006-06-10 17:17:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

20人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(33)

ANo.33

残された人の悲しみは、言葉として言い尽くすことは不可能でしょう。
今までに何度か、突然家族を事故で失った人のその後を見る機会がありました。
その悲しみようといったら、筆舌に尽くし難いです。
死ぬ前は彼女が、一番苦しんでいた(今はおそらく分からないでしょう)、今は、彼女の家族とあなたが一番苦しんでいる。

どうぞ彼女のことは、いつまでも忘れないで下さい。

そして、彼女の分まで生きて下さい。

投稿日時 - 2006-06-10 17:59:29

お礼

申し訳ありません。皆様お優しいお言葉ありがとうございます。一旦質問を打ち切らせていただきます。

投稿日時 - 2006-06-14 20:28:09

ANo.31

ひとつ、正直な気持ちを書き忘れました。
No.30です。
いとこのお姉ちゃん、大好きだったけど、自殺を選んでしまったことには、私は怒ってます。こんなにみんなを悲しませて・・・。いつか天国で会ったら、一言本気で怒ってやりたい、と思ってます。お姉ちゃんの選択は間違いだったんだよ、と言いたいです。

投稿日時 - 2006-06-06 19:31:42

ANo.30

つらいお気持ち、わかる気がします。
私は中学3年生の時に、大好きだった3つ上のいとこのお姉ちゃんを自殺で亡くしました。お姉ちゃんが大好きだったし、本当の姉のように思っていたし、勉強のできるお姉ちゃんが自慢でもあり、尊敬していました。おしゃれで、髪をいつもアレンジして登校していたお姉ちゃん。クリスマスに遊んだことや、お泊りしたことなど、思い出がいっぱいあります。自殺は本当に突然でした。このままお姉ちゃんも私も大人になっていくのだと思っていました。でも、ある日突然、お姉ちゃんはいなくなってしまいました。親族みんなが自分自身を責め、自分自身に問いかけていました。どうして自殺をとめられなかったのか。時間が戻せたらいいのに。。。お葬式の日、お坊さんの言葉が印象的でした。「自殺したおねえちゃんのこと、思い出をたくさん思い出してあげてください。我慢しないで、いつでも思い出したり、泣いたりして下さい。それはお姉ちゃんも喜びます。だから、親族でも、話題に出してかまわないのですよ。」その通り、ふと思い出すお姉ちゃんの顔、我慢せず泣いてます。あれから12年たったけれど、自殺を知らされた朝のこと、昨日のことのように覚えています。写真も飾ってます。また会いたくてツライときもあります。仏壇に手を合わせて、おねえちゃんに語りかけます。
 ちぐはぐな文章になってしまいました。
ご冥福をお祈りいたします。

投稿日時 - 2006-06-06 19:25:45

ANo.29

  No27です。No28の補足にお書きになられた御返事を読みました。
他のみなさんはどうか分からないけれど、御礼の書き込みなど無理しなくていいですよ。
 私も以前病気でではありますが、大切な人を見送ったことがありますが、慰めや励ましの言葉に御礼を言ったり応えたりするのが結構苦痛でした。その時、何も言わずに黙っていつものように傍に居てくれる友人がいてとても救われました。この場所では言葉を使わないと何も伝えられないから、文字にして書き込みましたが、応えなければ・・・と考えられたら結構苦痛だと思います。
 ただあなたが少しでも気持ちが安らげばそれでイイのだから、無理して御礼を書かなければ・・と思わないで下さいね。無理にではなく御礼を書きこむことで会話になって力になるなら良いですけれど。

投稿日時 - 2006-06-04 22:05:01

ANo.28

こんばんは。
悲しいですね。言葉には表せないほど、涙もでないほどの悲しみ、苦しみでしょうか。
私はあなたのような立場に置かれた事はないのですが、少しだけ書かせて頂きたいなと思いました。
他の方からたくさんの回答を頂けていてよかったですねっていうこと。
彼女はあなたに愛されて幸せな時間を築けたからこそ今まで生きることができたこと。
大切な人を失う悲しみを知ったこと。
周りの方が彼女にとってあなたがかけがえのない人だったということを教えてくれたこと。
あなたのこととは話がそれますが、私は去年舅をガンで亡くしました。ガンが見つかったのはおととし。おととしは私達が結婚した年でした。結婚してガンが見つかりあっという間に1年が過ぎ、そしてなくなりました。今でも思うのは、主人と結婚しなければ、私が主人の家に嫁に行かなければ舅の人生は違っていたかもしれない。私が悪霊を持ってきたのではないかということです。そんなことはないとは言い切ることはできないし、主人の親戚筋では実際にそう思っている人もいるかもしれないけど、いまは考えないようにしてます。
ごめんなさい本当に話が違う話題になってしまって。
言いたいことは彼女は自分で決めたことなのであなたは自分を責めないこと。あなたはあなたの人生を進むこと。一人じゃないから。これからは彼女はいつもあなたを支えていますよ。
どうか体調を崩しませんように。

投稿日時 - 2006-06-03 00:37:36

補足

皆様のご回答非常に感謝しております。すべて読ませていただき、いろいろ考えることができております。また後日お礼を申し上げますのでもうしばらくお待ちください。

投稿日時 - 2006-06-04 02:47:53

ANo.27

 辛いよねぇ・・・自分で自分をどう扱ったらイイのかさえ分からない程、辛いね・・・。今は無理に立ち直ろうとか、しっかりしなくちゃとか考えて自分を律さなくていいんだヨ。哀しい時は思い切り泣いていい。そういう時間も必要なんだから。

 zr1-cub-zxさんだけでなく、ココに書きこまれた大切な方を亡くされたみなさんにひとつだけ・・・。
 彼女(その方)は大事なあなたを守りたかったからこそ、何も言わずに旅立って逝かれたのです。気付かなかった(気付けなかった)のは、その方が全身全霊をかけてあなたを巻き込まないために沈黙したから。結果的に残された悲しみはとてつもなく大きいけれど、私たち普通に生きている人間は小さな存在だから、その方を救う力なんて持っていないの。『あぁすれば、こうしていたら』って思えるのは後になって考えるからこそのもので、救う力があるとしたらそれは、その思いに他の何かの力が重なって働いてのこと。人間の力なんてそんなものだよ。
 むしろ、あなたをそれ程に泣かせているその方は、最期の期間をあなたと過ごすことができて幸せだったと思って旅立って逝ったに違いないから。あなたの存在はきっとその方の大きな安堵感と感謝の源になっていたに違いないと思うから。哀しいけれどその思いを抱きしめてみて。いつの日かきっと、(忘れるのではなく)その方の存在が昇華されて、あなたを支える力になるから。。。

 形は違うけれど、長い病を経て家族と別れて逝かなければならなかった方々と共に語り合った経験をふまえて書かせていただきました。

投稿日時 - 2006-06-03 00:23:41

ANo.26

ほんとにほんとに辛かったでしょう。

私も17年間一緒に過ごした最愛の主人を自殺で5年半前に亡くしました。
今でも忘れたりはしません、私の心の中にいます。
最初は自分を責めました。
もっともっと私に出来る事はなかったのか…
でも最近彼が夢に出てきてくれたんです。
夢の中の彼は凄く幸せそうな笑顔でしたが私が話しかけてもただ、ただ、笑顔だけでした。
でもその笑顔を見て、彼は今現実の何もかもから開放され幸せなんだなって感じました。
ここまで来るのに凄く時間がかかりました。
幸い、何もかも知っててよくしてくれる友人や彼の兄弟や息子も私を支えてくれたから頑張って生きてこれたと思ってます。
あなたもこれから彼女との思い出などが浮かんできて泣いてしまうとは思いますが、そんな時は周りの人にどんどん頼ってください。
じゃないときっと、自分が壊れちゃいます。
彼女もきっとあなたの幸せを願ってると思いますから(^_^)

投稿日時 - 2006-06-02 15:44:49

ANo.25

昨日、貴方の文面を拝見し・・・自殺した親友の事がフラッシュバックして涙が止まりませんでした。
でも私は貴方より幸せだと思います。死の2週間まえから親友(女性)の家に泊まり、最期の日まで一緒に過ごせたのだから・・・
16才の時男性に絡まれているところを助けてくれた・・・それが彼女との出会いでした。偶然の出会いから親しくなり、お互いかけがえのない存在となりました。
最期の日は、「自分の家に帰る」という私を、いつになくしつこく引き止め、あまりのしつこさに根負けし、飲みに行く事になりました。
後から考えると、それがお別れのつもりだったのだろうと思います。
アルコールの苦手な私を無理に誘い、その夜も泊まってほしいと懇願したり、いつもの彼女ではなかったように思います。
彼女の部屋に帰り、酔っていた私は先にタクシーを降りて洗面所へ・・・出てみると部屋に彼女の姿は無く、見つけた時には、道路で彼女がうつ伏せになり声をかけても返事が無く・・・即死でした。
今でもはっきりと憶えていますが、胸の奥でパリンとガラスの割れる音がして・・・自分でも驚きました。
たった3、4分の間に彼女は旅立ってしまいました。飛び降り自殺でした。貴方と一緒で、私も涙は出ませんでした。彼女の死を信じたくなかったし、認めたくなかった。それ以上に「何故一緒にいて気付かなかったのか!助けることが出来たのではないか!死ぬほど苦しんでいた事を、相談もしてくれず、どこが親友なの?それとも私は相談さえしてもらえない人間なの?」
その事で頭と心が一杯一杯になりました。
彼女の死後、夜、出かける事が出来なくなり、平常心を保とうと笑顔でいるよう努力し、追い込まれ、人間不信、対人恐怖、その状態が3年間位続き、憔悴し、危険な状態でした。
彼女の分まで生きよう、乗り越えなくてはいけない、人とうまく付き合おう、その思いが強過ぎたと思います。
人の役に立たなければと、ボランティアも始めました。
「私のせいではなく彼女の寿命だった」と思える(言い聞かせる)ようになるまで10年以上かかりました。
その後、私は結婚し子供を1人亡くしました。悲しくてやりきれなかったけれど、彼女との別れほど苦しくはなかった。
小学生の時にも、兄弟3人を病気で亡くしていて、彼女の事が引き金となり色々考え過ぎて、自分を見失っていたと思います。
あれから20年過ぎ、本当はまだ完全には立ち直れたのかどうかわかりません。
今はシングルマザーとなり、子供の笑顔に救われ、自分も自然に笑えるようになりました。
一生忘れることは出来ないけれど、彼女との5年間の思い出はとても大事で、素晴らしく、私を成長させてくれたものと思います。
彼女の死がきっかけになり、始めたボランティアは今も無理をしない程度に続けています。
人の役に立ちたい・・・彼女の影響は大きく職業も、医療関係を選びました。
自分の時計は止まろうと、どんな時も時間は過ぎ、朝を迎えます。
どんな天気になろうとも、朝を迎えて、誰のためでもない貴方の自分の人生を歩いて行きましょう。休み休みで行きましょう。
深呼吸してみませんか。

投稿日時 - 2006-06-01 23:54:31

ANo.24

読みました。

でも私にはどういう言葉を差し上げればよいのか、とんと見つかりません。

ただ、思うこと。

決して彼女の分も生きる、とは思わず、自分の生を全うしてください。
でなければいつまでもいつまでも悲しみが永続してしまうから。

今は誰に頼ってもいいと思います。
空虚な気持ちを抱えていても、貴方はまちがってなんかいない。

ただ彼女は何故かそういった道をえらんでしまったが、それは誰にもきっと本当の理由はわからないんだと思います。

でも、きっと彼女は貴方に何もいわずいなくなってしまったことを後悔しているかもしれない。
そしてそういった魂があるなら、残された貴方がいつか自分の力で自分の生を全うするくらい強くなれることをそお魂は望んでいるのではないか、と思います。


すみません、出すぎたことを書いてしまったかもしれませんが、流し読みでもいいから目に通してほしかった。

投稿日時 - 2006-06-01 14:38:50

ANo.23

心中お察し致します。

今はまだ何をどう受け止めてよいのかわからないと思います。
何も考えなくていいんですよ。今は。

私も父を自殺で亡くしました。
ある日突然いなくなり、捜索願いを出し、私たちも探し回りました。
この時は既に亡くなっていたのですが、発見は数日後でした。
当時、中学生だった私は、知らせを受け、姉と「うそだろ~」と笑っていました。
笑いながらも、異常にしゃべりまくり急ぎ足で帰宅したことを覚えています。
受け入れられなかったのでしょうね。事実を。

父は誰よりも母を愛していました。母もそうです。
お互いが十代の時に出会い、結婚し、子供も生まれ、
苦労も共に乗り越えてきた二人です。
それでも、父は一人で逝ってしまいました。

母に責任があるのでしょうか?
父の死を防げたのでしょうか?
違います。母には何の責任もありません。
どんなに愛し合っていても、本人が本人の意思で選択したことは
防げないのだと思います。母は、父ではないのですから。
No.22の方も仰っているように、彼女を救えるのは彼女自身だけだったのです。

今は何も考えずに休んでください。
そして、いつか口に出せる時がきたら、たくさん思い出してあげてください。
彼女さんと過ごした幸せだった時間を思い出してあげてください。
それだけでいいんです。

彼女さんのご冥福を心よりお祈り致します。

投稿日時 - 2006-06-01 12:15:35

ANo.22

心中お察し致します。

私も4年前に母親を自殺で亡くしました。
統合失調症を患っていながらも、いつもと変わりのない状態からの突然の出来事でした。

すぐには現実を受け止めることが出来ず、まったく涙も出ない状態から。数週間して何となく現実を受け入れだしたと同時に、巨大な「自責の念」が襲ってきました。

たぶん質問者様も今
「もっとこうしていれば」「あの時ああしていれば」という思いに駆られていることと思います。

4年経過した私でも未だに、時々堰を切ったようにあふれ出します。

私から言える言葉は、あなたは何も悪くないし。
彼女を救えるのは、最終的に彼女自身だけだったのです。あなたのサポートが至らなかったとかそんな事はありません。

どうか、ご自分を責めすぎないように。
それでも、全く何も背負わずにいることに罪悪感を感じるかも知れません。周りの人に泣き言を言ってもいいのです。少しずつ背負う物を降ろしていけれる日々が来ることを願います。

最後になりましたが。彼女のご冥福を心よりお祈り申し上げます。。。。

投稿日時 - 2006-06-01 09:55:44

ANo.21

あなたは何ひとつ悪くないし、間違っていない。

彼女はあなたと出会えて、本当に本当に幸せだった
のだと思いますよ。

良いですか?
何度でも言いますよ。


あなたは決して悪くない。

投稿日時 - 2006-06-01 05:44:20

ANo.20

こんばんは。
辛い経験をされましたね。
私は去年、父を自殺で亡くしました。

私も今でも、父の自殺を止められたんじゃないかって思います。
父が亡くなったその日、私は実家に遊びに行こうと思っていたんです。
朝から実家に何度も電話をかけて、でも繋がらなくて…急だったし、また今度にしよう、って旦那と話してた、その日でした。
どうして携帯に電話しなかったんだろう。実家にかけて出なくたって、行けば良かったのに、どうして行かなかったんだろう。
数時間前まで確かに生きてたのに。
それが、数日になり、数ヶ月になり、もうすぐ1年が過ぎようとしています。

周りの人に言ったり…
出来ないですよね。
私は出来てません。
言われた人がどんな気持ちになるかと思うと、言えません。
誰かに言ってしまいたいと思うこともあるけれど…

私の父もそうだし、自殺した人はみんなそうなんだと思うのですが
条件がぴったり、揃ってしまったから、死んでしまったのですよね。
死にたいと思った時に、死ねる場所があって、ひとりになれて…
その条件を、ひとつでもいいから揃わなくしてあげられていたら。
そう考えてしまいますよね。

私の父は、多分、うつ病だったんだと思います。
趣味だった釣りにもぱったりと行かなくなって。
夜もあまり眠れていなかったようです。

だから、私は
『父の死は、うつ病による病死だ』
と思うようにしています。
そう思わないと、自分の中で処理できないのです。
死んでしまった事実すら受け止め難いのに
自分で死んでしまったなんて。

私に出来ることは、
自分だけは、自殺で死なないこと。
今出来ることをやること。精一杯生きること。
これだけだと思っています。
自殺が、こんなにも、人を傷つけるものだとは、父が死ぬまで私は知りませんでした。
父や質問者様の彼女を責めるつもりはありませんが
こんなにも人を傷つける権利は、誰にもないと思います。
だから、せめて自分は。遺された人の気持ちが解る自分は、自殺だけはしない。
そう思っています。

それと。
彼女の分まで生きよう、なんて思わなくて良いんですよ。
そんなにね、背負わなくて良いんですよ。
質問者様の人生は、質問者様だけのもの。
質問者様は、質問者様の人生を生きることしか出来ない。
彼女の人生も同じです。
今はまだ、考えられないと思いますが
質問者様は、質問者様が幸せになることだけ、
考えて生きていけば良いんですよ。

私の好きな、ドラマの科白ですが
「解決してくれるのは時間じゃない。その時間に、誰かと話して、何かを感じた。だから俺はここに居られる」
今はまだ、無理かも知れない。
泣きたいだけ、泣いてください。
他人に話すのは辛いと思います。
彼女が自分で命を絶ってしまったことを一緒に悲しめる人、彼女のお姉さんや、彼女のご両親と一緒に泣いて、一緒に色んなことを話してみてください。

下記は、父の自殺直後から何度か見ていたサイトと、しばらく経ってからですが、私が読んで救われた本です。
良かったらみてみてください。

最後に。彼女のご冥福をお祈り致します。

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31553261

参考URL:http://dakaramata.client.jp/

投稿日時 - 2006-06-01 02:01:03

ANo.19

こんばんは
彼女さんのご冥福をお祈りいたします

自分を責めてはダメですよ。
絶対自分を責めないで!!
自暴自棄になってもだめですよ!!

私自身 周りで自ら命を絶ってしまった身内や友人・知人はいません。
だけど 病で旅立ってしまった人は多々います。
病で旅立ってしまったのとは違い、家族の方もそして彼氏であった貴方自身の気持ちの整理はなかなかできないと思います。
だけど 彼女の分まで元気で楽しく過ごすことはできますから・・・
彼女の分も沢山いろいろなことチャレンジしたりして経験したらいいと思います。
病で旅立ってしまっても自ら旅立ってしまっても残されたものとして出来ることは同じだと思います。
その人の分まで元気に過ごすことではないかと思います。

少しずつ立ち直ってくださいね。
#5さんもおっしゃってますが、自分一人の中に閉じ込めないで
周りの方に話するといいと思う。
話すことで気持ちの整理がついてきますから。

そして 今現在の周りの人やいずれまた大切な人が出来たとき、
様子がおかしい・・・と思ったときには
じっくり話を聞いて上げて下さい。
貴方の今回の経験を生かすことができるのではないかな・・・って思います。

投稿日時 - 2006-06-01 00:33:02

補足

申し訳ありません。ここ以降の質問のお礼及びお礼ポイントの振り分けはもう少し気持ちが落ち着いた後日にいたします。もう少しお待ちください。思った以上にたくさんの回答が得られ、こちらとしては非常に嬉しい限りです。

投稿日時 - 2006-06-01 18:39:34

ANo.18

彼女の冥福を祈ると共にzr1ーcub-zxさんの気持ちが少しでも軽くなる事を祈って。

私は上司を亡くした(自殺)ことがあり、思わずメールをしています。 ある日突然こんな理不尽な事が起こって困惑や悲しみ、色々な感情で一杯になりますよね。 けど自分を責めてはいけないですよ。 上司が死んで3年経ちますが私の傷は癒えません。まして彼女を失ったならどれだけの傷を負った事でしょう。
完璧に癒える事はないかもしれませんが時が少しずつ癒してくれます。 彼女との時間は無駄ではなかったですし、思い出を大切にして下さい。 彼女はあなたといて幸せだったと思いますよ。

投稿日時 - 2006-05-31 23:12:43

お礼

>彼女はあなたといて幸せだったと思いますよ。

彼女のお姉さんに言われたときも号泣してしまいましたが、そうであったと僕も信じています。liberty16様も自殺で大切な方が亡くなったのですね・・。3年ですか・・。深い傷ですね・・。それでも時間と共に少しは癒されるのでしょうね・・。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 16:55:42

ANo.17

長い文章でぐちゃぐちゃなのを気がついたので補足で。

確かに気がついてあげる事も重要かもしれない。
でも、彼女も心配かけたくなくて必死になって隠していた
なので、
>>どこかで彼女の死は防げたと思います2日前までは元気にしていた
>>し、いつもと変わらない様子だったんですよ?こんなことになるなん>>て信じられません。
あなたのせいではありません。受け入れてあげて
あなたは彼女の分も生きるという気持ちで立ち直って
ください。

という感じでした・・・

投稿日時 - 2006-05-31 22:40:46

お礼

>彼女も心配かけたくなくて必死になって隠していた

すごい控えめな人で、思ってることは全部言わない人だった・・。
なんだか質問文はぐちゃぐちゃなのに、彼女がどういう人なのかわかってくれている皆様がすごいと思いました。
たくさん回答もいただけて、気持ちも落ち着くと思います。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 16:52:18

ANo.16

本当に心配させたくないもしくはそう育てられた(戦後時代、団塊世代
全盛期では、弱みを見せるのは人間失格とされていた)
人というのは、はっきりいって心理カウンセリング技術を持つもの
か、そうとうな敏感な人でないとわかりません。
親族以外の場合は、普通の生活をどういう風にすごしているのか
がわからないので、「ありえないくらいの危険信号」を感知する
しかないでしょう(血のつながった親でさえ、確立が40%でしか
わからない)
親しい仲であれば赤信号100%分かるはずだろと言い切る人が
いますけど、まず当事者が危険信号を出す事をしないと
「ひょっとして?」という感覚さえわかりません。

なんか自分がげんなりしちゃう内容なんですが・・・
隠れた危険信号を発見するのは、心理カウンセラーをしている
友人のほうがびんびん感じるようです。(ただ単に彼の直感が強いだけなのかもしれないけど)
以前、友人がたまたま近くを通ったという事で急遽自分の勤めている職場にくる事になり応接室に通したんですが・・・
第一声が「とある娘を紹介してもらいたい」といわれたんで
「ナンパかい」とつっこんだんですが「いや、患者として」
診察の結果、過労気味による「鬱病になりかけ」だったんですけど
実はその娘は一度だけ話した事があります。
新しく導入されたプリンタがコピー機搭載で早いという事で、
さっそく興味本位で機械に向かった所、その娘はコピーを取る所だったんで僕が触ってみたくて(ほんと俺は管理職に向かない・・・orz)
その娘の代わりに僕がコピーを取ったんですが・・・
正直、わかりませんでした、あまりにも明るく笑顔だったんで・・・
細かい事は割愛しますがようするに、一瞬の隙ででる「赤信号をキャッチ」した事になります
あの出来事がなくてそのまま時が進んだらと思うとゾっとします
発見した友人は「ああ、なんとなくそう見えただけ、違ったらマジで
口説こうかと思ってた」とか言ってましたけど、「とある娘を紹介してもらいたい」といった時に、何かに確信してた目をしてましたからごまかしだったんでしょう。

そんな出来事もあり、彼女は何かしらの悩みを抱えていたけど
zr1-cub-zxさんと一緒にいられたのは幸せだった。
でも、zr1-cub-zxさんには自分の悩む姿を見られるのが
幸せを壊すようで嫌だった。だから元気に振舞っていた。
のではないでしょうか?
思い出として忘れないでいる事も供養になると思いますし、あんまり
後悔して自分を責めてると、「成仏できないでしょ!!」と化けてでてくるかもしれませんね(笑)
しばらくは悲しんで、そして気持ちを切り替えて彼女の分まで生きる
という意気込みで悲しみを乗り越えてください。
彼女は「自分は寿命まで生きた」と思っていると思いますよ。

自分を責めないでください。

投稿日時 - 2006-05-31 22:33:11

お礼

>彼女は何かしらの悩みを抱えていたけど
>zr1-cub-zxさんと一緒にいられたのは幸せだった。
>でも、zr1-cub-zxさんには自分の悩む姿を見られるのが
>幸せを壊すようで嫌だった。だから元気に振舞っていた。
>のではないでしょうか?

すごく実感できます。自殺後、彼女の携帯に未送信のメールがあり、
私はあなたの彼女失格や・・。
と言った文がありました。元気だったのとは裏腹にすごい悩んでいたんですかね・・。気づいてあげたかったな・・。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 16:48:42

ANo.15

彼女のご冥福をお祈りします。
何と言っていいのかわかりません。
以前読んだ本で、家族を自死(自殺)で無くした人達の体験談が載っている本を2冊書いておきます。

「自ら逝ったあなた、遺された私―家族の自死と向きあう」朝日選書
グリーフケアサポートプラザ (編集), 平山 正実(監修)

「自殺って言えなかった。」サンマーク文庫
自死遺児編集委員会あしなが育英会 (編集)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4763194798/ref=sib_dp_pt/503-3414886-5761542#reader-link

投稿日時 - 2006-05-31 22:08:55

お礼

自殺関係の本ですか。彼女が何を思ってたのか参考になるかもしれませんね・・。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 16:42:43

ANo.14

はじめまして。
彼女さんのご冥福をお祈り致します。

私は、”大好きな人の死”を体験したことがありません。
なので、zr1-cub-zxさんの気持ちを本当にお察しすることができないので、どう声をかけたらいいのかわかりません。
ただ、「ただ聞いてほしかったんです。」というzr1-cub-zxさんの切実な文章を読んで、私なりにコメントしたいと思いました。

彼女さんの死は、zr1-cub-zxさんのせいではないと思います。
彼女さんの中で、いろいろと思うことがあったのでしょうね。
自分で抱え込んで、死を選んでしまった。。
悲しい結果ですけど、選んだのは彼女さんなんです。
”あのときこうしてれば・・・”などと、自分を責めないでください。

今は、とことん彼女さんとの思い出をかみしめながら、気が済むまで悲しんでください。
”過去のこと”と受け入れるには、時間が必要です。
人間、落ち込むところまで落ち込めば・・・”このままじゃいけない”と感じ、また這い上がることができます。
実際、とことん落ち込んだ経験があるので、実感しています。
どうか、zr1-cub-zxさんは悩みを自分1人で抱え込まないでくださいね。

投稿日時 - 2006-05-31 21:43:04

お礼

そうですよね。
「彼女の決めたこと」
ですからね・・。
でもどうにかしてその考えを変えさせるきっかけがあったらよかったのにと思ってしまいます・・。
人間っていろいろですよね。弱い人、強い人、賢い人、頑張り屋さんな人・・。
彼女は頑張り屋さんでしたが、弱い人でした。心の支えにちゃんとなってあげてたら・・、と悔やんでもしかたないですね!ですが悲しいです・・。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 16:40:45

ANo.13

はじめまして。
彼女さんのご冥福をお祈りいたします。
さぞかしお辛い事と思います。

お姉さんのおっしゃるとおり彼女さんはとても幸せだったと思います。
貴方のような素敵な男性と幸せな時間を過ごせた事、幸せに思っていると思いますよ。

自分を責めないで下さい。
彼女を救えなかったのは本当に残念な事だと思われますが、もし自分の彼氏も同じような感じになっても気づいてやれないと思いました。

彼女さんも今は自殺してしまった事を悔やんでいると思います。
でもずっと、そうは思ってあげないで下さい。

今はまだ無くなって間もないので彼女の事考えても良いと思います。
でも、ずっと未練を残していると彼女はいつまでも後悔して報われないと思います。

彼女の思いは貴方が幸せになってくれる事だと思います。
皆さんのおっしゃっているように彼女の分まで精一杯生きてあげて下さい。

投稿日時 - 2006-05-31 20:57:56

お礼

彼女は昔言っていました。
幸せってどういうことなんやろ?私なったことないわ・・。
ですが僕と過ごして、
今がすごい幸せや~。幸せってこういうことなんや・・。
彼女のしたかったこと・・、夢があって、それをいくつか僕が叶えることができました。これもその内のひとつです。
少しでも充実した人生を送らせてあげることができたことが、僕のしてあげられた一番のことと思っております。もちろん逆・・僕も彼女とたくさんしたいことができ、今までとても楽しかった・・。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 16:33:32

ANo.12

こんばんは。
30代男性です。

まずは彼女さんのご冥福、お祈りいたします。
辛い気持ち、わかりますよ。
大好きだった彼女の死。ショックですよね。

私も小学校で父を亡くし、社会人となって同期の友人を交通事故で亡くしたりと色々と身近な人の死に直面したことがあります。

だけど、今は彼女さんとの思い出を大切にしてあげることしか出来ないですね。
また、そうすることが一番の供養だと思います。

差し出がましいかと思いますが、もう一言だけ。
どうか彼女さんの分まで強く生きてください。
すぐにっていうのは難しいと思います。
今は悲しみを受け止めて、自分を癒して。
そしてゆっくりでいい、自分でしっかりと立ち上がってください。

投稿日時 - 2006-05-31 20:40:45

お礼

僕なんかより悲しい経験をたくさんされてる方がたくさんいると思います。JIMUYAsan様もその内の一人ですね・・。
彼女と付き合って7ヶ月半ほどでしたが、結婚まで考えていた本当に大切な人でした。ですがもう思い出になってしまうんですね・・。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 16:27:02

ANo.11

すぐに家を出る前に電話はできなかったのでしょうか?
本当に好きな女性で、大切に思っていたのだったら、
彼女のことに気づいてあげられなかったあなたの責任はないともいえません。
言い過ぎかもしれませんが、もし自分だったらそう考えてしまいます。
何事も守ってあげ、心の支えになることがパートナーの役目かと思います。
もっと気づいてあげられるように努力するべきではなかったのでしょうか?
それでも、彼女がなんのサインもだしていなかったと云われればそれまでですが。

投稿日時 - 2006-05-31 20:05:34

お礼

質問文に文字制限があるため、かなり端折って掲載しております。
実際家を出る前・・メールが返って来てすぐにに電話をしました。すごくおかしかったので・・。今どこで悩んでるのかも知ってたので、近くを少し捜しました。もっと丁寧に捜せば彼女がどこかで助けを待っていたのかもしれませんね・・。悔しいです・・。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 16:23:27

ANo.10

自分も突然早すぎる身近な者の死に直面したことがあります。
まだこれから色々な思い出ができるはずであり、未来はひらけていたはずでした。

自分がもっと気をつけていれば防げたのではないか、もっと動いていればこんなことにはなっていなかったのではないか、と後悔と責め続ける日々を這うような気持ちで生き延びました。

今は、死んでしまった者の寿命が、若すぎたけれど、あの長さに多分最初から決まっていたのだ、と思うようになりました。
あまりにも早いし、自分が違うアプローチをかけることで防げた感のある亡くなり方ではあったのですが、おそらく生まれたときから、その年までの時間しか与えられていなかったのでしょう。
だから、どんな動きをしたって、結果はやはり時間切れになっていたのだと思えるようになりました。何年もかかりましたが。

身体は失われたけれど、心は失われてはいないと、皆さんおっしゃるように思います。

ご自分を責める気持ちがあると思います。やりきれない気持ちも。
もし決められていた時間だったとしたら、我々にはどうあがいたって手も足も出ません。そして多分決まっている時間を彼女は生き切ったのです。

看取られての最期ではなかったこと、悲しいですが、責めるのだけはしなくていいです。
ただ悲しみましょう。

少し他を見れるようになったら、また新たな質問をしてください。
それまでは悲しみを癒す作業をすすめても、頭に入らないでしょうから…。

投稿日時 - 2006-05-31 19:24:46

お礼

僕の彼女は21歳とあまりに若い人生でした。
cipher12様も大切な人をなくされたのですね・・。今はその気持ちがすごくわかります。人生は決まっているんですかね?それは否定も肯定もできないのが現実ですよね・・。ですが、仮にそう考えると生前、彼女はすごく幸せそうで、いい人生を送れたように思います。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 16:19:07

ANo.9

まずは彼女さんのご冥福をお祈りします。
いきなりの死でそのショックは計り知れないと思います。
私も焼く10年前同居の祖母を自殺で亡くしました。
祖母は鬱病を患っており、亡くなる1年前位は気力もなく、私自身もあまり話し掛けなくなっていました。
当時私は小学生で、とてもショックが大きく、何も出来なかった自分を責めました。
しかし、人間という者は不思議なもので、時間が経つにつれ徐々に忘れていくんです。
ですので、貴方も今は辛いと思いますが、時間と共に良い意味で忘れていきます。
今は彼女との思い出を大切にしていってください。
やはり時間が重要だと思います。

投稿日時 - 2006-05-31 19:11:51

お礼

人間って都合よくできてますよね。
僕は昔、大事にしていたコザクラインコが死んでしまったときがありました。当時中学生でしたが、すごいショックで死んだ日一晩中悲しんでいました・・、が、1週間くらいでもういつもの自分に戻っているときがありました。
今回は鳥とは比べ物にならないかけがえのないものをなくしてしまいましたが、その内気持ちは薄れていくんでしょうね・・。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 16:14:04

ANo.8

読ませていただきました。私の恋人がもし今居なくなったらと考えて読み返してみたものの、全くその状況が思いうかぶ事ができません。心中お察しするなど言うには大変おこがましく思えてしまうのですが、どうか気を強くお持ちください。
大切な方を亡くす悲しみはご家族も同じ、お一人で抱え込まずに残された人達皆で分かち合って行かれる事を願います。今は何も考えることもできずただただ哀しいだけかもしれませんがどうかお体だけは大事になさってください。亡くなられた方もそれを願っていることと思います。

投稿日時 - 2006-05-31 18:58:11

お礼

彼女は最近、僕を気遣うことをたくさんしてくれていました。
すごい心配してました。
もしかしたらこれは、その内私がいなくなっても元気でいてということだったのかもしれませんね・・。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 16:09:27

ANo.7

私に何が言えるのかと思いながらも、
やっぱり何か言わずにはいられませんでした。
彼女さんのご冥福をお祈りします。

一番に、自分を責めないでください。
責めたところで何も変わりませんよ。
一層自分が辛くなるだけです。

すぐに忘れろ、立ち直れなんて無理な話だと思います。
すごくツライと思うけど、人は一人じゃないです。
どうか、周りの人を頼ってください。

ここですら、こんなにあなたの言葉に耳を貸した人がいます。
あなたの実生活の周りに、そういう人は必ずいます。

一日も早く、元気になってくれることを祈ってます。

投稿日時 - 2006-05-31 18:43:03

お礼

自分なら止められた・・とかなり悔やんでおります。
ですが、過ぎたことはしょうがないと思っております。彼女の最期のメールに、
私のこと好きになってくれてほんとに嬉しかった・・。愛してる・・。
感謝の言葉をたくさんもらいました。彼女がこうなることを望んでいたのだから、もしかしたら誰にも止められなかったのかもしれません・・。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 16:06:28

ANo.6

彼女のご冥福おお祈りします。
人間はいつか天に召されるんですよね。
自分が今こうして生きていたって明日どうなるか分からない。
生と死の狭間で生きてる何の保障もない。
彼女は逝き急いでしまいましたね。
きっと自殺するまでが一番辛かったのかなと思います。
今はその辛さから開放されている事と思います。

辛いのは残された人ですよね。
貴方のその若さで生の儚さを味わってしまって、辛いと思います。心中お察しします。
私は貴方より、きっと倍の人生を生きてる年齢かと思います。
偉そうな事は言えませんが、友達の自殺、身内の死、慕っていた人の死を数え切れない経験してきました。
でも肉体は滅びても魂は生きてると思ってるし、この世があれば、あの世もあると何だか信じてるんですよ。
ですから、この世に肉体はないけれど、あの世に行って自分をあの世(私の感覚だと空のずっと上)から自分の生き様を見てるのかな~なんて思ってるんですよ。
ですから、亡くなった人の分まで強く生きて欲しいと思います。

投稿日時 - 2006-05-31 18:05:15

お礼

バイトの先輩で、彼女ととても信頼があった人と話したとき、
彼女がなんで死んだのか私なりに考えてみたんだけど、自分の辛さをみんなに分けることで彼女は今は悩み・苦しみから解放されたのかな?だからきっと今は彼女は辛くない。安らかに天に召されたんだと思う・・。
といったことを言っておりました。僕もそうかもしれない・・、と思っております。ですが、置いていかれた人がどれだけ悲しいか・・。もう少し考えてほしかった・・。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 16:02:03

ANo.5

読ませていただきました。
彼女のご冥福をお祈り申し上げます。

まずは一人で抱えないで下さい。
特に周りの人に言ったりしてください。

投稿日時 - 2006-05-31 17:50:23

お礼

まずは身近な人と会話をすることを心がけようと思います。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 15:56:17

ANo.4

こんにちは。彼女のご冥福をお祈りします。

あなたも大変な十字架を背負ってしまいましたね。あまりに重いテーマだったのでコメントも控えようと思いましたが、読んでしまった以上、そのまま立ち去れなくなってしまいました。アドバイスがあるわけでもありませんが、あなたの気持ちはお察しします。

あなたの彼女は安らかなお顔でしたか?
私の大切な人は事故だったので遺族の希望で顔は見せていただけませんでした。

早く立ち直ってください。

投稿日時 - 2006-05-31 17:47:55

お礼

彼女はすごく安らかな顔をしていました。
棺桶に入れられる前にお風呂に入れ、化粧をしてもらったようでした。
hud28592様のように事故で亡くなった場合、顔も見れないまますごく悔やんでいたと思います。そう考えると最期まで綺麗なままいてくれてよかったと思ってしまいました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 15:54:59

ANo.3

こんにちは。
彼女のこと、残念でしたね。
私は母親を自殺で亡くしました。
母親の場合、なくなる前日は明らかに様子がおかしかったです。こちらがどう慰めても励ましても泣いてばかりでした。それでも、まさか亡くなってしまうとは思わなかったです。
翌日、いくら電話をしてもつながらず、いてもたっても
いられなくなり、小さかった娘を連れて実家に戻ると
すでに母はなくなっていました。
母親なりにつらいことがたくさんあってそういう道を
選んだのだろうと今では思うのですがあなた同様
防げたのではないか、という思いは何年たっても
消えるものではありません。
また、第一発見者を幼い娘にしてしまったことで
(遊びにきたよ~と無邪気に入ってしまいました)
今でも許せない部分もあります。
あの日のことを思い出すと今でも胃がすうっと冷える
感覚があります。
私もあなたにどう言ってあげればいいのかわかりません。
でもその時々によって母親の気持ちがわかったり
腹をたてたりしてどうにか日々すごしています。
もう起こってしまったことは取り返しがつかないのですよね。時間をかけて受け入れていくしかないのだと思います。今まで誰にも話したことはないのですが書き込んで
しまいました。
悲しみはあとからきます。体調を崩されたりしないように
・・。生きている人間が一番大事なのですから。

投稿日時 - 2006-05-31 17:46:32

お礼

tommy225様も自殺で大切な人を亡くしてしまったのですね。
心からお悔やみ申し上げます。
亡くなった人は帰って来ませんもんね。ですがどうしても諦めきれない部分があります。あの時こうしていれば・・と・・。
僕が彼女のなくなった日、学校に行かなければ彼女は生きていた気がしてなりません。
まだ亡くなった事を実感できていないと思うので、これからもしっかりしていこうと思います。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 15:51:47

ANo.2

ちょうど目に留まって、読ませてもらいました。
亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
私も何を申し上げてよいか分かりません。最初ショックで涙も出なかったというのが、分かります。
ご家族の方と一緒に、彼女と過ごした楽しかった話、悩みを聞いたときの話、などなど積もる話をお互いに、打ち明けあって話されるのが良いのではないでしょうか。
そうする事によって、貴方の気持ち、ご家族の気持ちが慰められ、そして若くして旅立ってしまった彼女のためになるのではないでしょうか。
何もアドバイスする事が出来ず、申し訳ありません。読ませていただきましたので、ひとことメッセージを送ります。

投稿日時 - 2006-05-31 17:34:37

お礼

本当にショックで涙が出ませんでした。
ですがお通夜、お葬式中は涙が止まりませんでした。
特に彼女も僕も親しかった人がお香?をあげに出たときはとても悲しかった。本当に亡くなった事を実感してしまって・・。
一度機会があれば皆さんとお話もしたいと思います。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 15:46:54

ANo.1

心中お察しします。

まずはしっかりしてください。
そして人を頼ってください。
周りの方は必ずあなたを助けてくれます。

状況はあなたに比べれば些細なものかも知れませんが、
僕もつい最近、大切な人に別れを告げられました。

大切な人がいなくなることの辛さは、今だからこそわかります。

とにかく強く、そして気を確かに。
彼女の分まで強くしっかりと生きてください。

こんなことを今あなたに言うべきではないのかもしれませんが、
人はとても都合の良い生き物です。

時間が経てば記憶は薄れていきます。
心は辛い出来事に対して慢性化し、耐えられるようになります。

普段通りに戻るにはたくさんの時間がかかると思います。
どんな人でも良い、頼ってください。
そしていつか、立ち直ってください。

一人で立ち上がってください。


遠くから応援しています。

投稿日時 - 2006-05-31 17:29:18

お礼

昨日、今日とお通夜とお葬式に行ってまいりました。
自分でこういうのもなんですが、周りにはとてもいい人がいっぱいいます。その人たちを頼りつつ、その人たちに頼られつつ成長していきたいと思います。
今回のことはとても残念ではありますが、彼女自身が望んだことです。彼女は安らかな顔をし、とても綺麗でした。彼女に悔いはないと思います。だから僕自身も早く立ち直れるよう頑張って生きたいと思います。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-01 15:41:07

あなたにオススメの質問