こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

交通事故の示談について  車対自転車(当方)

昨日子供が自転車で車と接触しました。大きな通りを娘が走っていて交差している路地から出てきた車との接触です。
先方は車の左前方角をこすったような傷があり、自分は停車中に子供がぶつかってきたのだから車を修理して欲しいという言い分です。
子供はその時点で怪我もないといっておりましたので
警察を呼んで物損事故扱いにしてもらいました。(これも先方は渋ったのでこちらで呼びました)
その後になって落ち着いてくると娘が体の痛みを訴えるため見てみますと青あざがあり手首も少し腫れていましたので受診しました。
ここまでの経過でGooの相談で火災保険付随の損害保険の存在に気づき相談したところ交渉はできないと言うことでした(当然ですよね)
すべての経過を話し先方の自動車保険に連絡して欲しい旨を伝えたところ、個人で話合おう。車を修理しろの一点張りです。行き詰まってしまいました。

投稿日時 - 2006-06-05 12:06:12

QNo.2196612

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

再々追伸 個人賠責加入ですか!? 火災保険付帯なら示談交渉は出来なくてもアドバイスは当然しなくてはなりません。 何故なら契約者まかせで、勝手に法的賠償を逸脱した示談すれば賠責は法的賠償が原則ですから、それ以上過剰な支払い示談の差額は本人自己負担になるからです。

自動車保険加入のようですが、それなり知識を持ち得る思慮深い心ある代理店は火災・傷害・積立保険特約付帯の個人賠責には実は示談交渉がなく、自動車保険付帯にのみ示談交渉付き賠責があるということを少数ではありますが知っています。
したがって、わかっていれば当然自動車保険に個人
賠責を付けるのが鉄則です。
いずれにしても、契約者も事故がなければ常に他人事
事故時の難しい体験をして、真剣かつ保険の重要性、担当者、保険運用など実感しないとわかりませんよね。結果論で判断せず、保険会社選びより代理店選びですね。当然当たりハズレはしょうがないです。

これも良い体験になると思います。少し明かりが見えるようなきざし、良い方向に向かうと良いですね。

投稿日時 - 2006-06-05 23:15:40

お礼

本当にありがとうございます。今回のことはとても辛いことでしたが(まだ進行中ではありますが)とてもいい勉強になりました。
3年前まで車購入ディーラーに進められるままに入っていた保険に不安を感じ、近所で評判の代理店にかわったので大丈夫だと思っていました。
保険選びは(良い代理店選び)は難しいですね。

少し明かりも見えてきたので前に進めそうです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-06-06 08:17:47

ANo.11

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.10

再追伸 補足は拝見 今度は手のひら返して豹変ですか??
困ったもんですね? 人身事故になると 点数減点 罰金 自分のことしか考えないまた被害者に対する思いやりの心などまるで皆無の輩(やから)とにかく多く見受けられますね。
治療費 自転車の損害はみるなど ケガを取り引き材料に自分の違反点数を天秤に掛けようとの魂胆ですが、個人的には人身事故にして自賠責に被害者請求・物損については過失割合に応じて賠償する。
当たり前の手続きを、当たり前にすれば良いと思います。
被害者請求すれば相手が賠償しなくても自賠責被害者救済保険が機能しますので、あなたは煩わしい示談交渉しなくても治療費・慰謝料・通院交通費を自賠責に請求すれば良いことです。
物損についての過失割合は保険屋に聞いて一般的判例を聞いてそれでお互い賠償すれば良いのではありませんか?

投稿日時 - 2006-06-05 21:37:37

ANo.9

No.5です。
No.7さんが書かれているように、弁護士費用特約は搭乗中でなくても、車が絡んだ事故であれば使えるはずです。
まずは保険会社のほうに事故報告をしてください。
原則、保険会社の顧問弁護士が対応に当たります。

代理店さんの対応、少し不親切かなという気がします。
示談交渉はできませんが、事故状況を保険会社に伝えて、過失割合をある程度判断してもらったり、今後どういうスタンスで対応したらいいかなど、アドバイスくらいはできるはずです。
補償内容を見て、弁護士費用特約が付いているのならそれが使えますとか、そんなアドバイスくらいなら電話で済みますから、時間もかからないんですけどね。

投稿日時 - 2006-06-05 21:01:11

お礼

ご丁寧な回答をありがとうございました。今回先方が過失が全くないという主張であったためむこうの自動車保険も話し合いの場に出てこず、こちらの個人賠償保険は「示談交渉はできない」自動車保険の代理店も「対象外」先方からは修理請求、子供は痛がって泣く・・・本当に辛い状況になってしまいました。でも皆さんのアドバイスでいろいろなことを勉強致しました。落ち着いたらきちんと顔の見える対応をして下さる保険代理店を探そうと思います。
アドバイス頂いたことが心の支えになり先方の言いなりにならずにすんでおります。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-05 21:42:25

ANo.8

追伸 人身に切り替える場合は、改めて現場検証?
調書をとることになります。
こういう場合は、あなたからの連絡ではまったく応じようとしないので、担当警察官から連絡してもらうようにたのむことです。
警察官からなら、さすがにムゲには対処しないはずです。

少なからず、こういう質の悪い輩がいるんですよね。

投稿日時 - 2006-06-05 17:36:09

補足

その後の報告です。
人身扱いを取り消して欲しい。子供の治療費と自転車の修理代は持つので車をこちらの個人賠償保険で修理して欲しいということでした。
保険屋さんと相談しますといって答えは保留致しましたが突然の態度の変化に驚いています。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-06-05 20:48:49

ANo.7

大事なことは、診断書をとり警察に提出、物損から人身事故にすることです。
車には自賠責加入があります。事故証明書をとれば加入先がわかります。その自賠責保険会社に被害者請求すれば、治療費 慰謝料は確実に補償してもらえます。
自由診療でかかれば、治療費が高く3割負担も大変ですから、健康保険でかかること。健保管轄官庁で相談、手続きすれば必ず健保でかかれます。

車が停止したとしても、あたる直前の停止は止まったうちに入りません。相手側には止まっていたという立証責任もあり、いずれにしても水掛け論になりますね。したがって、双方白 黒と決めつけるわけにはいかない、過失相殺事故の可能性があります。
自転車もまったく無過失とはいえないかもしれませんね。
自動車保険加入先にて、よく相談され、側面からアドバイスを受けて下さい。
また、相手からの恫喝など精神的にプレッシャーがかかり、対応に苦慮されれば多少経費はかかりますが、弁護士依頼することも必要ですよ。
依頼すれば一切交渉することなく、ケガの部分だけは相手の意向に関係なく、自賠責被害者請求で100%補償されます。
車の修理全額賠償する必要はないと思います。
補足を拝見 搭乗中のみというのは、人身傷害補償についての適用部分
弁護士費用はあなたの無過失部分について対応します。弁護士費用は搭乗中とかは関係なく交通事故には相談を含めて使えるはずです。もう少し代理店がうまく立ち回れば弁護士相談費用ぐらいは捻出、出来ると思いますけどね。

投稿日時 - 2006-06-05 15:58:20

お礼

相手の方(男性)に対してすべて私(母親)が対応することはとても辛いです。警察に人身への切り替えを申し出たときに現場検証の日程を相談して欲しいと言われ、連絡したところ平日は休めないの一点張り。
代理店にももう一度相談し、弁護士の相談を視野に入れて対応したいと思います。いろいろご心配頂いて私の取るべき道が少し見えてきた気がいたします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-06-05 17:15:16

ANo.6

はじめまして。今回は災難でしたね。娘さんのお怪我は大事無いと良いのですが・・・。

さて、民事の示談交渉は当事者間で行なうのが原則ですのでこちらから誰かに代理交渉を依頼するのであれば、やはり弁護士さんということになりますので、日弁連の交通事故相談センターや、交通事故紛争処理センターなどに早急にご相談なされることをお奨めします。

また、警察の事故届けの切り替え(物損→人身)も早くに行なったほうが良いでしょう。 
物損事故では人身傷害は補償されません。切り替えに相手側の承諾も要りません。原則、双方立会いで現場検証のやり直しになりますので、相手側の主張に対する矛盾点や、自分達の言いたい事などは遠慮しないで発言しましょう。後々、重要な証拠になります。

ご質問の内容だけでは真実はわかりませんが、娘さんがお怪我をなさったのは事実ですし、今回の事故で心まで傷めておられるだろう事は想像に難くありません。どうぞそちらのケアも充分になさってあげてください。

とかく世知辛い、世の中になっていますが円満に解決されると良いですね。

参考URL:http://www.jcstad.or.jp/

投稿日時 - 2006-06-05 13:30:49

お礼

真実を知るのは相手の方と娘だけという状況でこのようなことになると親としてはとても辛いです。
保護者として監督責任もあると思いますので一方的にどちらが悪いと言うことを言うつもりもありませんが
「やはり大丈夫ですか?」の一言が欲しいものですね。
今は私の気持ちを子供の治療と心のケアに向けてもう少し待ってみます。
人身への切り替えはすませてきました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-06-05 15:07:31

ANo.5

大きな通りを直進しているところに、脇道から頭を突き出して止まっていた車とぶつかったのであれば、車の過失は大きいです。
車は頭を突き出して止まってはいけないのです。
よく止まっていたから自分は悪くないと言いますが、止まってはいけない場所に止まったからこそ起きた事故というのもあるわけで、その場合、止まった車の過失は当然大きくなります。
おそらく相手のほうしか過失が大きいと思いますので、本来は相手がきちっと謝罪して、治療費の支払いや自転車の修理を自分から願い出るべき案件です。

お子さんのケガですが、まずは人身事故の扱いにしておいてください。
人身事故になっていなければ、相手の保険会社や契約されてる傷害保険関係の請求ができません。
とりあえず、一週間以内に病院の診断書を警察に届けてください。(遅くなる場合は、その旨警察に連絡を入れておいてください。)
もし、質問者さんのご家族に自動車保険契約があって、人身傷害補償保険が付いていれば、そこから治療費などが出ます。
また、自動車保険に弁護士費用特約がついていれば、弁護士を通じて相手に治療費を支払わせることができます。
これらがなくても人身事故にさえしておけば、相手の自賠責に請求することはできますが・・・。

相手の車の修理費ですが、
質問者さん側に個人賠償責任保険があれば、お子さんの過失分は支払えます。(過失分以外は支払う必要ありません。)
この保険は火災保険や、傷害保険などにセットされていたり、クレジットカードにも付いていることがあります。
ご家族のどなたかにこの保険があれば使えますので、保険証券を引っ張り出して調べてみてください。

基本的には、相手が謝罪してきたり、自動車保険を使う姿勢を見せるまでは、質問者さんから積極的に動く必要はありません。
ほおっておいたらいいのです。

投稿日時 - 2006-06-05 13:25:13

お礼

ありがとうございます。家族の車の保険に人身障害補償特約、弁護士費用特約ともにありましたが、残念ながら保険自動車搭乗中のみという特約がついておりました。自動車保険はあまり細かいところに気をつけておりませんでしたが今回のことが落ち着いたら見直しを検討したいと思っております。
相手の方から「そちらがどうするのか待っている。こちらからは何もしない準備ができたら(お金のこと!?)連絡して欲しい」といわれて何とか動かなくてはと焦りもありました。
警察に診断書を提出し子供の治療に専念しつつ、様子を見たいと思います。(心穏やかではありませんが)
少し気持ちにゆとりができました。

投稿日時 - 2006-06-05 14:44:34

ANo.4

まず警察に行き人身事故に切り替えてもらいます。
少なくとも止まっていようと駐車していたわけではありませんから、相手には交差点での安全確認が必要ですので、過失は車の方にかなりの割合であると思われます。運転者は分かっているから個人で話し合うと言っているのであり、また車両保険をかけていないケースも考えられます。

面倒ですが、自賠責保険の番号で保険会社に被害者請求という形で連絡をとり、もし任意保険が同じ会社であれば話に応じてもらえると思います。

もし質問者様が車をお持ちで任意保険ご加入であれば、一度相談に乗ってみるのはいかがでしょうか?

少なくともお子様の治療が先であり、車の修理代に関しては現段階では話し合いに応じてはいけません。

投稿日時 - 2006-06-05 12:31:35

補足

自動車保険が対象でないのはわかっていることを承知のうえで相談しているのに「残念ながら相談にのれません」の一点張りでした。車の保険会社は選ばなくてはいけませんね。落ち着いたら再検討します。

投稿日時 - 2006-06-05 12:54:06

お礼

ありがとうございます。
先方の勢いに押されて自腹で修理さえすれば終わるのかという思いもしておりました。
話し合いには応じず警察に行き人身事故に切り替えてもらいます。こちらの自動車保険会社は対象外だとのこと、賠償保険は交渉はご自分で・・・。とのことで追いつめられた気持ちでした。
少し勇気がでました。

投稿日時 - 2006-06-05 12:45:30

ANo.3

相手に話しても、修理しろとの1点張りでは話にならないと思います。
どちらにしろ、完全な停車中でなく、出てきた瞬間と待っていたといえども、相手にも責任は発生してくるでしょう。
調書がどのようになっているかとの問題もありますが、やはりこちらが自転車なら、相手のほうが悪くなる可能性が高いと思います。
ですので、当然相手の保険を使ってくれっていわれるとおもいます。
相手が話しに応じないのであれば、保険会社に直接話するのがいいのではないでしょうか?

投稿日時 - 2006-06-05 12:27:19

お礼

ありがとうございます。調書を取るときにしては主張しておりましたが、娘は青ざめてわかないの一点張りでした。私も現場にいなかったので何も言えずいわれるままでした。

投稿日時 - 2006-06-05 12:39:28

ANo.2

1です。
とりあえず事故処理をした警察に連絡をして、娘さんの怪我のことを届け出ましょう。物損から人身事故に変更することが出来るようならそうしましょう。

投稿日時 - 2006-06-05 12:15:01

補足

早速ありがとうございます。
先方は路地からでて左右確認のために完全停車していたとの主張です。警察の方にもそのように説明しておりました。当時娘は青ざめるばかりでわからないと言うばかりでした。
落ち着いてから話を聞いてみたところ車がいないので走り抜けようと思っていたら出てきたのでブレーキをかけた。けれど間に合わなかったといいます。

私自身車を運転するので先方のことも考えこちらの損害保険を使って保証をとおもいましたが困ってしまいました。娘に対して謝罪がないことも同じ車を運転する物として心情的に理解できません。

投稿日時 - 2006-06-05 12:24:58

ANo.1

相手の車が停車していたのか、動いていたのか、停車していたのならどのような状況で何のために停車していたのか、それが事故届けで警察が如何様に処理したのかまずそれを開示しましょう。

事故の話し合いは基本は当事者同士で行うものです。どうしても納得がいかない場合や交渉する自信が無いときは近くの行政相談などに行かれてどうすればよいか教えてもらうといいです。
相手の保険屋と話し合ったところで、あなたの立場に立った解決はしてくれませんので注意してください。

投稿日時 - 2006-06-05 12:12:28

あなたにオススメの質問