こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

生活保護について教えて下さい(少し長文です)

以前違うカテで質問させて頂きました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2099750
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2105540
(これでいいんでしょうか?初めてで間違ってたらすいません)

又そのお兄さんの件で質問なんですが、お願いします。

彼が今お兄さんと2人で住んでいる家(持ち家)を出て、
結婚して違う場所で暮らすとします。
そうすると、お兄さんは一人暮らしになります。
そこで、こういう状態になった場合、
お兄さんは生活保護を受ける事が出来るのでしょうか?

私たちも、今仕事がどうなるか怪しい所で・・・
(実は彼が職を変わる事を考えていて、そうなると
すぐ仕事が見つからない場合収入がなくなります。
私も派遣なので、いつまで働けるか・・・という状況で)
このままずっと援助できるか不安です。

本人が変わってくれるのが一番なんですが・・・
そう簡単にもいかない状態です。

どういう手続きとかがあるとかも教えて頂けると助かります。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2006-06-07 14:00:38

QNo.2200890

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

生活保護の受給は難しいと思われます。
本人の状況にもよりますが、軽い「引きこもり」的な状況が考えられます。
自分が作った物しか食べないとの事ですが、食事を作る能力があるとすると「就業能力がある。」と判断され、就業しないのは本人の自己責任と看做され、生活保護にはなりません。
また、障害者認定がでれば、就業能力がないと認定される場合もありますが、まず食事を作る能力がある人に認定はでません。
よって、医師(精神科を含む)の「就業能力がない」とする診断書がなければ、申請は却下される可能性が高いです。

また、本人の弟である2人は本人を扶養する義務があります。
生活保護を申請すると、扶養義務者に対し、扶養できない理由を回答するよう文章等で照会があります。この場合、一定の所得があり、特段の理由がなければ、申請が却下される可能性が高いです。(理由として、今まで兄に対し、相当の金銭を貸したり、迷惑をかけられたため、兄弟の縁を切っている等の理由で特段の理由になる場合もある。)

また、本人に財産があれば、認められません。家に関しては、その財産価値が低く、役所が認めれば、そこに住むことも可能ですが、あくまで例外であり、家を売って、生活保護基準の家賃の家に住む事が一般的です。

本人は、タバコ等も買いに行けるようですので、深刻な「引きこもり」ではないような気がします。
一度、料理の材料を買わず、本人が買いに行けるか確認して下さい。

買いに行けるようでしたら、単に本人の甘えであるとしか思えません。
誰も援助しなければ、仕事につくかも知れません。又は、借金をして生活するかもしれません。しかし、餓死する可能性がなければ、相手にしない事が重要です。借金の立替等も絶対にしてはなりません。誰も相手にしてくれない事がわかるまで、本人は自分の力で自立しません。これから一生面倒を見る気があるなら別ですが、そうでなければ放っておくべきです。
(こんな状況になったのも仕事を止めた時に、家族が甘やかしたためです。)
また、彼が本人を相手にしないようになるまで、結婚はしない方がよいでしょう。(本人を甘やかす事は本人をダメにし、本人をそのようにさせているのは結局は彼なのですから・・・。)結婚しても、本人に振り回され結局は離婚になるでしょう。

買いに行けない場合は、一度、電話でもよいと思いますので、本人の住所地の保健所の保健師(精神保健福祉士)に相談する方が良いかと思います。

投稿日時 - 2006-06-10 21:11:28

お礼

詳しい内容の回答有難うございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

役所や保健所に電話してみましたが、
結局はお兄さんと話あってくれという回答でした。
(どう本人が考えているのか・・・)

やはり、彼には一度ほったらかし状態にして貰います。
私自身も、家の中の事が出来るので、甘えてる状態だと
思います。

家もお兄さん名義になっているみたいので・・・
生活保護はかなり難しいみたいですね。
よく相談してみます。

投稿日時 - 2006-06-12 11:48:35

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

生活保護は、国民の権利です。しかし、最後の手段です。なにかしら、他の法律適用範囲内であれば、そちらの法律で対処することになります。

現在、そのお兄さんには保護者、この場合は家族ですがいるわけですから、当然、その家族(親戚一同全員です。ただし、限度はありますが)に保護義務があり、そちらが優先されます。実際、高齢者でも生活保護を申請しても他の法律が適用され、生活保護が受けられない場合もあります。
単に引きこもって仕事をしないというのであれば、生活保護は難しいです。

No.4fuminekosanさんのいうとおり、財産を使い切った、体調が悪くはたらけない、働いても生活ができないなどの理由が必要です。
あなたがたに保護能力がまったくないという判断が、行政側で行われたとしても、それ以前に受ける本人が生活保護適用外であれば、ムリです。
辛口に書いてしまい、すみません。

もし、申請をされるのであれば、あなたがたに生活保護能力がないことを証明しなければなりません。行政から連絡がくるはずです。それを書面と証拠書類をもって証明します。
そして、本人ですが、生活能力や疾病、財産などを調べられます。

投稿日時 - 2006-06-15 02:10:46

お礼

回答有難うございます。

やはり今の状態では無理の様ですね。
なんとかして、やりくりをしていかなくては・・・
という感じですね。

有難うございました。

投稿日時 - 2006-06-15 15:51:49

ANo.4

申請却下されると思います。
一般的に生活保護を簡単に利用しようと考える傾向が強いようですが、扶養義務者がいない、全ての財産を使ったなど(必要最小限の財産は持ってて良い)などのあらゆる手段を使って、今後の生活ができない状況になった時に初めて適用される制度です。なので、取り敢えずお兄さんがどこまでできるのか、見守ってみましょう。その上で、保護を受けるか受けないかを本人に決めさせてはどうでしょうか?

また、ただ生活に必要なサービスが与えられるだけでなく、「生業扶助」というものがあります。これは、生活していくための技術や能力を身につけるためのサービスもあることを覚えおいてください。
扶養義務は、自分たちの「経済的理由」で拒否することができるかもしれませんので、詳しいことは窓口で問い合わせをしてみてください。

投稿日時 - 2006-06-12 11:52:12

お礼

>ただ生活に必要なサービスが与えられるだけでなく、「生業扶助」というものがあります。これは、生活していくための技術や能力を身につけるためのサービスもあることを覚えおいてください。

回答有難うございます。
そういうサービスもあるのですね。
知りませんでした。

それも含めて、やはりお兄さんと話しなくてはいけませんね。

7月末で彼が今の仕事を辞める予定で、
収入が怪しくなってきたので、申請出来ればと思ってました。
今の状態では、難しいですね。

投稿日時 - 2006-06-12 17:24:02

ANo.2

生活保護の申請には、持ち家が引っかかるかも。
資産価値のあるものは全部処分しないといけないから。でも絶対ダメというわけではないのです。

申請を受ける担当者の裁量にもよるし、土地も価値が低く、家も古かったりすると、他人に貸したり売却するより、その家に住んだ方が利用価値が高いと認められれば持ち家でもOKなのです。(ハードルは高いですが)

ちなみに年金は支払っていますか?
きちんと年金を支払っていれば(特に直近1年未納なし)、持ち家があっても障害者年金が貰えるかもしれません。もちろん精神科を受診しないといけないし、障害者認定の等級にもよりますが。

以前のスレも拝見したのですが、やっぱり福祉課に相談にいかないと何とも言いがたいと思います。

あと彼の考えがあまりよくわかりません。
自立して欲しいと考えてらっしゃるのはよくわかるのですが、自立できなかった場合は彼はどうするのでしょうか?生活費を仕送りする?(別世帯の人間1人を全額養うのは難しいのでは?)
それとも、同居していくのでしょうか?
今回結婚話も出ていることですし、もう一人の弟さんとも話しあった方がよいのではと思いました。(これは余計なお世話の意見ですが)

投稿日時 - 2006-06-08 01:30:00

お礼

>やっぱり福祉課に相談にいかないと何とも言いがたいと思います。

早々の回答有難うございます。

ですよね・・・
平日に行ってる時間がない状態だったので。
今度休みでも取るか、少し仕事抜けさせて貰って
電話ででも相談してみます。

>自立できなかった場合は彼はどうするのでしょうか?生活費を仕送りする?(別世帯の人間1人を全額養うのは難しいのでは?)
それとも、同居していくのでしょうか?

同居は絶対ない、と言ってます。
ですが、仕送りはすると思います。
いきなり、見捨てる(言い方が悪いですが)事が出来ないみたいです。

ともかく、役所なり相談ですね。

有難うございました。

投稿日時 - 2006-06-08 10:13:02

ANo.1

 (以前の)参考のご質問と回答を拝見しました。
まずは、いきなり生活保護という手段ではなく、医師にかかる方が良いと思います。仮に、精神疾患に罹患されているのでしたら、障害者認定を受け、生活保護の申請をした方が、申請自体も通りやすいと思います。
 しかし、このサイトでの質問をされるより、市役所の福祉課に行かれ、医師にかかる~生活保護を受けるまでの流れ(精神疾患の罹患の有無のケースにあわせて)を相談された方が良いと思います。

投稿日時 - 2006-06-07 18:28:36

お礼

>いきなり生活保護という手段ではなく、医師にかかる方が良いと思います。仮に、精神疾患に罹患されているのでしたら、障害者認定を受け、生活保護の申請をした方が、申請自体も通りやすいと思います。

早々の回答有難うございます。
やはり、一度診て貰う方がいいのですね。
何とか説得してもらいます。

有難うございました。

投稿日時 - 2006-06-08 09:58:50

あなたにオススメの質問