こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

外務省と外交部

中華人民共和国の外交部、外交部長は、日本のマスコミの報道では、外務省、外相と呼ばれます。
一方、中華民国(台湾)の場合、外交部(外務省に相当)、外交部長(外相に相当)と注釈付になります。
なぜ、中国の場合は、xx部をxx省と置き換えるのに、台湾の場合は、xx部のままなのでしょうか?
韓国や北朝鮮もxx部(外交通商部、人民武力部)をxx省としているようです。
なぜ、台湾だけxx部(xx省に相当)なのでしょうか?

投稿日時 - 2006-06-09 16:02:01

QNo.2205260

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

それは政治的な配慮からです。
中華人民共和国が唯一の「中国」の国家で、
中華民国(台湾)は正式には国と認められていない【地域】という扱いです。
ですから、中華人民共和国に配慮して、国の行政機関である「省」という表現を避け、xx部(xx省に相当)といっているのでしょう。

投稿日時 - 2006-06-09 16:17:14

お礼

正直、過剰な配慮だと思います。
回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-10 16:31:48

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

日本のマスコミがビビッているだけです。
中華民国を国とは認めないことにしたので、中華人民共和国と同じに翻訳してはやらないよ、という意地悪です。

投稿日時 - 2006-06-09 16:12:07

お礼

マスコミが、中国にそこまで、配慮する必要があるのか疑問ですね。
回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-06-10 16:27:46

あなたにオススメの質問