こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

DTMでより良い音質

DTMで作った音楽の音質を良くしたいので、お知恵を貸してください。音楽作成ソフトはMusicCreator、ドラムやちょっとした伴奏の楽器音は、ソフトに付属していた音源を使っています。加えて電子ピアノをMIDIでノートパソコンとつなぎ、電子ピアノからとノートパソコンから出る音をミキサーに通して、もう1台ある別のノートパソコンのMusicCreatorにオーディオ録音します。それをCDにしますが、昔のラジオみたいな、雑音の多い音になります。もう少しクリアな音質のCDを作る方法はありますでしょうか? (ちなみに、電子ピアノで入力したデータでソフトに付属していた音源を鳴らしても、イメージと違う感じになるので、ピアノはやはり電子ピアノの音源を使いたいと思っています。あと、ミキサーはaudio-technicaのAT-PMX5Pという小さな物で、これが雑音の元になっているような気がしないでもないです。)

投稿日時 - 2006-06-10 19:21:03

QNo.2207440

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No.2です。

>両方をミキサーに通しています
ピアノ以外の音はソフトウェア音源ですよね?
ということは必ずしもピアノ以外の音をミキサーに通す必要はないと思います。

どうしてもミキサーの方でミキシングしたい場合はパソコンの音を通す必要がありますが
そうでない場合は、パソコンの中からなっているソフトウェア音源の音をミキサーに通して
もう一度パソコンに入れるとなると音質は単純に落ちるだけになってしまいます。

これはどのような環境でも言えることですが
出来るならば、なるべく外部のアナログ環境に通さず直接音をハードディスクに録音する方が音質は保たれます。


そういうことを踏まえた上で僕が考える一番良さそうな環境は

・電子ピアノ音源→USBオーディオインターフェース→この経由でパソコンに録音
・ソフトウェア音源の音→直接パソコンに録音
・パソコン内に録音された音をパソコン内でミキシング

というように、電子ピアノ音源とソフトウェア音源を別々の経路を通して録音して
なるべく音を外部のアナログ環境に通す回数を少なくするのが音質の変化防止に役立ちます。

いまdaphnemoonさんが使われているシーケンスソフトの機能はちょっと把握していませんが
オーディオ録音する機能が付いているようですので
パソコン上で立ち上げることの出来るオーディオミキサーの機能もあるのではないでしょうか?

その機能を使って最終的にエフェクトをかけたり
音量を調節したりと言うことを行えば、今までに比べて
かなり音質を損なわず録音することが可能なはずです。

USBオーディオインターフェースに関してですが
これはご自分で探されて納得されたものを使うのが良いように思います。

選ぶときの大まかな目安として価格はもちろんですが
音を取り込むのみの機能のものがいいか(僕はこっちを使ってます)
もしくは、それにミキサー機能の付いたものがいいか(こっちの方が価格としては高め)
などがあります。

これは予算の範囲で色々検討されるのが一番良いと思います。
ちなみに、僕は決して高価とはいえない3万円くらいのUSBオーディオインターフェースを使っていますが
普通聴く分には十分堪えうる音質で録音出来ていると思っています。

本当に音質は欲を言えばきりがなくなってしまうものですが
とりあえず数万のものでも十分使えるレベルだということも参考にしつつ
是非ご自分にあったオーディオインターフェースを見つけてください。

「USBオーディオインターフェース」などのキーワードで検索すれば
色々参考になるサイトが出てくると思いますので
まずはそういうところから探し始められてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2006-06-11 16:06:03

お礼

いろいろと、大変参考になりました。どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2006-06-11 22:57:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

 そもそもパソコン本体の入力ではノイズを気にならない程度にする事は無理なのではないかと思うんですよね。なのでオーディオインターフェイスを導入してみる。あと、家のなかのあらゆる事がノイズの原因になるので、そこらへんを探ってみる。ケーブルを高品位なものにかえてみる。録音やミックスやマスタリングの時に音量を稼ぐなどの方法があると思います。
 まあ、最終的なモニタリングの環境がある程度良くないと音源や音質のチェックもあまり正確にできないかも、、、

 

投稿日時 - 2006-06-11 13:26:05

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-06-11 13:46:11

ANo.3

No.2です。

>電子ピアノのヘッドフォンジャックとノートパソコンのマイク入力を直接つないでMusicCreatorにオーディオ録音してみたら、その時点で変な音になっていました。

これは別の方法を試されたと言うことですね。
その変な音というのはどのような音でしょうか?
音自体が変化してしまっている感じですか?
それとも、音が強すぎてクリップしている状態でしょうか?

電子ピアノとパソコンのマイク入力をつなぐケーブルについて確認させてもらいたいのですが
ケーブルは抵抗入りのものを使われていますか?

電子ピアノを含むオーディオ出力した機器の音を直接「マイク端子」で録音する場合は
抵抗入りのケーブルを使用しないと音が著しく劣化する場合があります。
もし、抵抗入りのケーブルを使用していない場合やしているか分からない場合は
一度電気店などで「抵抗入り」のケーブルを探されると良いかも取れません。

しかし、これは「マイク入力」のみの話で
それ以外の音楽専用の機器の場合(ミキサー、オーディオインターフェースなど)は抵抗入りである必要はありません。

>ソフトウェア音源で作った部分の音はあまり劣化していないような気がします

これは、ソフトウェア音源の入っているパソコンで直接オーディオ録音しているためです。
間に音質が劣化する要因を挟んでいないため(ケーブルなど)音質の変化が少ないのだと思います。


そして本題の「電子ピアノの音をより電子ピアノ本体の音に近いままオーディオ録音するにはどうすればいいか?」ですが
これは、電子ピアノとパソコンのつなぎ方にかかっていると思います。

どのような電子ピアノをお使いか分かりませんが
まず少しでも電子ピアノ本体から出る音の音質を保つためにパソコンと電子ピアノのオーディオの接続には
電子ピアノのヘッドフォン端子ではなくOUTPUT端子L、Rを使う必要があります。

電子ピアノのOUTPUT端子L、RからミキサーのINPUT端子のL、RにつないでミキサーのOUTPUTからパソコンにつなぐという方法です。
詳しい状況が分からないのではっきりとは断言できないのですが
もしかしたら最初にすでにこの方法を試されているかもしれません。

上のような方法(ケーブル変えてみたり、接続変えてみたり)でダメなようならば
ミキサー自体を疑ってみる必要もあります。

それと一つ確認させてもらいたいのですが、ミキサーを通している音は電子ピアノの音だけですか?

これからの音楽製作で、電子ピアノの音のみを今回のように取り込んで
それ以外の音はソフト音源でという手法を中心に考えられている場合は
思い切ってUSBオーディオインターフェースを新調するという手もあります。
USBオーディオインターフェースというのは、パソコンにUSB端子があれば使えるものです。

たとえば、電子ピアノの音をUSBオーディオインターフェースに取り込んで
そのUSBオーディオインターフェースから直接パソコンにUSB接続して
ハードディスクにそのままの音を録音出来る(このおかげで音が良い)というものです。
最近はミキサーにUSBオーディオインターフェースが付いているものもあります。

僕も電子ピアノの音をパソコンに録音することがあって
USBオーディオインターフェースを通して録音してるだけですが
音質の劣化はあまり気になりません。

今はUSBオーディオインターフェースもかなり安価になってきていますので
もしこれから電子ピアノの音を頻繁に取り込む予定があるならば
USBオーディオインターフェースの購入の検討も視野に入れるのも一つの手かなと思います。

投稿日時 - 2006-06-11 02:09:33

お礼

丁寧なお返事、本当にありがとうございます。

> すでにこの方法を試されているかもしれません

はい・・・ 音はあまり変わりませんでした。
オーディオインターフェイスが必要なのか、考え始めたところだったので、そのことにも触れていただいてとても助かりました。

もしお時間があったらでいいのですが、改めて相談に乗ってもらえないでしょうか? 一番の問題は、ソフトウェア音源のドラム音や楽器音は、まぁ妥協できるのですが、ピアノの音だけが我慢できないので、電子ピアノの音源を使いたいということです。なので、パソコンから出る音と電子ピアノ(因みにヤマハP-120です)から出る音をモニターするため、両方をミキサーに通しています。これが私の現在の環境です。オーディオインターフェースの購入も視野に入れて、どうしたら一番良さそうでしょうか? よければお勧めのオーディオインターフェースも教えて頂けると助かります(ただ、あまりお金はかけられません・・・)。

投稿日時 - 2006-06-11 12:38:15

ANo.2

daphnemoonさん、こんばんは。

録音されるときの音の大きさはどうですか?
録音する時の音が小さすぎる場合、空気音というか雑音のレベルが高くなってしまい
録音後の波形をノーマライズした場合に雑音まで一緒に強調されてしまう場合があります。

あとは、ミックスダウンしてファイルとして完成させるときのビットレートはどうですか?MP3にする場合ですが。
ミキサーの音をヘッドフォンでモニターしている時点ではあまり問題がないというのならば
「ミキサー←→オーディオ録音するパソコン」の間で
何らかのノイズが乗ってしまっていることも考えられます。
もしくは、おっしゃっているようにミキサー自体に問題がある可能性があります。

それとヘッドフォンというのは音が鮮明に聞こえやすいです。
ですから、どうしてもパソコンにつないでいるスピーカーを通すとヘッドフォンで聴いたときよりぼやけるという可能性はあります。

投稿日時 - 2006-06-11 00:01:07

補足

ありがとうございました。ご回答を見る前にやってみたことがあるので補足させてください。電子ピアノのヘッドフォンジャックとノートパソコンのマイク入力を直接つないでMusicCreatorにオーディオ録音してみたら、その時点で変な音になっていました。そういえば、電子ピアノではなくソフトウェア音源で作った部分の音はあまり劣化していないような気がします(元々さほどいい音ではないからかも…)。ということは、問題は「どうしたら電子ピアノの音をきれいにパソコンに録音できるか」になります。(録音時の音量は、レベルチェックしながらやっているので多分大丈夫かと…)すみませんが、思い当たることがあったらまたご教示願えませんでしょうか?

投稿日時 - 2006-06-11 00:31:38

ANo.1

「音源」の問題・・・ではないでしょうか?
ソフト。ハード。音源のどちらにせよ。
「音源」により、音は、基本的にきまると思いますが・・・

投稿日時 - 2006-06-10 22:43:10

補足

ありがとうございました。
すみません、質問の仕方が悪かったです。ミキサーから出る音をヘッドフォンでモニターしている時点では音はそんなに悪くないです。ここから、どうしたらきれいな音の音楽ファイルにできるのでしょうか?

投稿日時 - 2006-06-10 22:54:50

あなたにオススメの質問