こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

二相と三相の差

二相誘導電動機と三相誘導電動機の差がよく分かりません。参考書には「電源の関係から二相はほとんど用いられない」と書いていますが、三相にはどのような利点があるのでしょうか?特にトルクに関係した部分を教えてください。

投稿日時 - 2006-06-11 23:44:00

QNo.2210094

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

#2でも触れましたが、「二相」と「単相」は全くの別物です。
(きちんと区別する必要があります。)

二相誘導機と三相誘導機
回転数や出力が同じで、回転子の構造(深溝、二重かご形など)が同じ誘導機を、対称二相/三相の電源で駆動する場合には、トルク特性はほぼ同じになります。(接続する電線の電圧降下分程度の違いはでるかも知れませんが)

単相(コンデンサ)誘導機と三相誘導機
単相誘導機のうち、コンデンサを使って巻線電流の位相をずらすタイプの場合、
負荷の変動で、誘導機の等価抵抗(一次換算二次抵抗)がかわります。
で、コンデンサを通して流れる電流の位相やら大きさが変わるので、トルク特性に影響がでるかと。

投稿日時 - 2006-06-15 09:26:38

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

単相誘導機ではなくて二相誘導機ですよね?
(単相と二相はまったく別物ですので)
二相機では、90度位相のずれた2つの電圧(Vα、Vβって書くことも多いような)を90度ずらせて巻いた巻線にかけて、回転磁界を作ります。
三相機では、120度位相のずれた3つの電圧を120度角度をつけて巻いた巻線に加えて、回転磁界を作ります。

三相のメリット
通常、3っつの電圧を送るには電線が3本+共有線(中性線)1本の計4本必要です。
ところが三相の場合、バランスがきちんと取れていれば、中性線を流れる電流が0になって、中性線を省略できます。(3本で送電可能)
2相の場合には、2本+共有線の3本必要ですが、バランスのとれた2相電流でも、共有線の電流は0にはなりません。(むしろ他の線よりも大きな電流が流れる)
ということで、使う電線の本数は3相と2相で変わらず、2相の方がむしろ太い電線が必要ということになります。

投稿日時 - 2006-06-12 06:08:33

お礼

返信ありがとうございます。
この電線の太さというのはトルク特性に影響してくるのですか?

投稿日時 - 2006-06-14 01:51:33

ANo.1

単相と三相 比較されれ判りやすいと思います

トルクについては、回転に伴うトルクの変動を見るのがよろしいかと

投稿日時 - 2006-06-12 05:27:02

お礼

返信ありがとうございます。
ただ実験では三相を使わないので、トルク特性が分からないんですよ。

投稿日時 - 2006-06-13 00:30:53

あなたにオススメの質問