こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ドイツはなぜ世界大戦に勝てなかった?

19世紀までドイツ(プロイセン)の陸軍は欧州で最強でした。
かといって、20世紀になって時代遅れになったわけではなく、戦闘機や潜水艦
を戦争に投入したり、機甲師団による電撃戦を開発するなど、
戦術において最先端をいっていたはずです。
しかし20世紀の両世界大戦にドイツは勝てませんでした。
何故20世紀に入ってドイツは勝てなくなったのでしょうか?

投稿日時 - 2006-06-13 01:08:32

QNo.2212171

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

外交力が劣っていたからです。

第一次大戦では、ビスマルクの作り上げた、対フランス同盟が、ウイルヘルム2世のわがままにより、崩壊してしまいます。
その結果、ヨーロッパでの同盟国は、オーストリアだけになってしまいます。
オーストリアも、周囲に敵を沢山かかえ、戦力的に全く当てにできない国です。

トルコにしても、ブルガリアにしても、戦力的にあてになりません。

つまり、ドイツ一国で、イギリス、フランス、ロシア、アメリカと戦ったわけです。
これでは勝てるはずがありません。

第2次大戦では、第一次大戦より、多少うまくやり、東欧諸国で味方が増えましたが、世界全体でみますと、やはり少数派でしかありません。
連合国が、世界中から資源や資金、工業力を集められるりに対し、ドイツの資源、資金などを収集できる地域が限られていました。
戦力的にも、外交的にも全く役にたたないイタリアと、戦力的にはあてになっても、外交的能力皆無の日本しか味方がいないのでは、大戦に勝てるはずがありません。

投稿日時 - 2006-06-13 02:29:25

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

ドイツ軍東部戦線補給状況
パルチザンによる攻撃のため
軍用列車による極秘輸送

ドイツ軍西部戦線補給状況
レジスタンスの活躍により
極秘軍用列車の大部分は空襲により
破壊される

ドイツ軍も日本軍も敵地で戦っているので
補給を受けられず、苦戦する

ドイツ軍戦車の修理部門が
前線に配置された頃には
ドイツ戦車部隊は瀕死状況のはず

投稿日時 - 2006-06-13 21:48:18

ANo.7

jk7

二面作戦は難しいというのがひとつ。
それに、電撃戦をするということは、つまり自国に資源がなく、短期決戦にのみ活路を見いだすしかないということです。
長期戦に耐えうるだけの力がないのに、長期化した大戦に勝てるはずありません。

投稿日時 - 2006-06-13 14:02:15

ANo.6

色々な要素がありますが、主因としては英国の外交政策でしょう。
英国は建国以来常に欧州本土の最強国家の力を削ぐ事を方針としており、スペイン・オランダ・フランス・ドイツとその時々の相手を撃破して来ました。
特にナポレオンとヒットラーには瀬戸際まで追い込まれましたが、強力な海軍とドーバー海峡で守られた本土まで退き、時期を見て他国を糾合して反攻を成功させました。
境界争いの絶えない欧州本土に利権が無い事が、常に連合する相手を得られる外交上のメリットに繋がっていた訳です。

投稿日時 - 2006-06-13 12:50:23

ANo.5

一言で言えば、「多勢に無勢」という事だと思います。
勿論、「烏合の衆」ではなく、共通認識をもった「多勢」です。
1+2+3+4+5>10 ということです。

スポーツと戦争は根本的に違います。一対一の勝ち抜き戦ではありません。 負けても退場するわけではなく足を引っ張ることもできますし、妨害もできます。

別の見方をすれば、物心両面共に「時代遅れ」になっていたのでしょう。

投稿日時 - 2006-06-13 07:43:13

ANo.4

どちらの大戦でもドイツが勝てなかったのは、2正面作戦を強いられたから、と私は考えます。
第1次大戦の時はフランスとロシアです。短期間でフランスを破り、返す刀でロシアを撃つ予定が、ベルダン要塞と機関銃で立ち往生。その間にロシアが攻めてきます。ロシアは途中で戦線を離脱しますが、ちょうどその頃アメリカが参戦してきており、さらにキール軍港での水兵反乱などもあり、もはや戦争継続困難な状況になっていました。

第2次大戦では、イギリス、ソビエトと同盟国だったイタリアが原因でしょうか。電撃戦でフランスを占領したはいいが、結局西部戦線での最大の目標だったイギリスの封じ込めに失敗し、そのままソビエトに侵攻してしまいました。また、イタリア軍がアフリカ戦線で苦戦続きでしたから、イタリア軍に援軍も送らなければなりませんでした。

電撃戦は確かに画期的な戦法でしたが、天候が悪ければ航空機は出せませんし、戦車や装甲車は雪解けによる道のぬかるみや、市街戦では本来の機動性を発揮できません。特に対ソビエト戦ではそれがもろに出てしまった、というところでしょうか。

投稿日時 - 2006-06-13 02:52:02

ANo.2

敵を作りすぎた事で第三国の仲介等から『停戦』が出来なかった事ですね。
相手を滅ぼすまで戦うなんてしないで、ある程度勝って負けてを繰り返しこの辺で止めにしない?と提案出来ていれば勝てなくても『負けなかった』でしょう。

戦術面で言えばドイツ軍は攻撃には優れていても防御には向いていない。軍隊だったからだと思います。
要地に適切な兵員を送り込み、長期間維持すると言った事が出来ていませんでした。
一時はその地域で勝利できてもそれを維持し続ける事が出来なかった為結局はそこから引かざるを得なかったと思います。

投稿日時 - 2006-06-13 02:18:46

ANo.1

 資源の少なさでは?

投稿日時 - 2006-06-13 01:40:15

あなたにオススメの質問