こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

脱腸 ヘルニア 手術困難 どうしたら良いでしょうか?(長文)

父がC型肝炎で肝硬変、肝ガンとなり、父の意向でその肝硬変の治療だけして自宅療養しています。まだ庭や田んぼに出かけるくらい元気なのですが、腹水がたまり、その影響もあってか右の股関節の辺りにびっくりするくらいの脱腸があります。手術は血小板が普通の人の三分の一くらいしかない父の事、リスクは高く「いよいよという時が来たら全力を尽くします。」と主治医の先生におっしゃってもらっています。しかし、私としてはエゴではあると思うんですが、このまま脱腸が悪化してベッドで寝たきりになり、肝臓の寿命よりも命が縮まってしまうのはやりきれない感じがしますし、父はどうしても外に出かけてしまい、どんどん脱腸を悪化させています。どうにか、好きな程、できる限り散歩なり、なんなりさせてあげたいのですが、気休めでも何でも構いません。少しでも脱腸が軽くなる方法(悪化を遅くする方法)、グッズ等あれば教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-06-15 00:10:14

QNo.2216235

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

これは、からだ全体を根本から改善するのがよいと思います。西洋医学は、部分の医学で、氷山の海面上に現れた、一角を投薬や手術で、対症療法するのです。海面下の混み入った病源は分からないものとして、扱わず免疫力に頼るわけです。ところが免疫力とは、体内の隅々まで知っている60兆個の細胞の体を修復する総合力のことです。
 科学科学といって、栄養素をたくさん食べ、医学の薬と手術で細胞達の免疫力を阻害していると考えられるにです。栄養素で食べる食べすぎ、栄養の摂りすぎ、薬、注射や手術の可能性があるのです。

● そういうことについて、回答者の回答一覧の中の至る所に、基本的科学的理由と、食の具体的献立に触れ、治癒者の手記も紹介しています。
 健康栄養関係すべて同じで一貫しています。
 回答者atom1.の回答一覧の


23.食べることが止まらない→私の紹介する、根本 治療の科学的考え方の基本説明がかいてあります。

19.切れ痔の治し方→専門という人の治療と、根本 治療の違い。

31.最近すごく疲れやすい→慢性疲労症候群の治癒 者の手記

45.太りたい。その後(胃腸について)→痔ろうの 治癒者の手記。

43.体重5Kg激減→体脂肪率など減らした治癒例

47.服薬と食事→糖尿病で失明寸前の人、救われた 治癒例と手記

40.子供の食物アレルギー→

などなどたくさん参考にしてください。

投稿日時 - 2006-06-15 03:36:09

お礼

早々に回答ありがとうございました。そういう根本的なことも家族が父に尽くせるひとつかも知れませんね。

投稿日時 - 2006-06-15 23:03:06

ANo.1

脱腸帯という物があります。
治療はできませんが、脱腸を抑えることはできるみたいです。

参考URL:http://www.kenko.com/product/seibun/sei_681059.html?_A_=adw&p=681059-00

投稿日時 - 2006-06-15 01:18:53

お礼

回答ありがとうございます。父のヘルニアは場所が悪いらしくベルトはできないと言われたのですが、この脱腸帯はどうなのか、主治医の先生に相談してみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-06-15 23:07:15

あなたにオススメの質問