こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

カーボンシートポストとサドルバック

アルミのシートポストにサドルバック(サドルレールに金具で、シートポストにベロクロで固定するタイプ)を付けていると、シートポストとサドルバックの固定部がポリッシュしたみたいにピカピカになります。

カーボン製シートポストに使用しても問題ないのでしょうか?(削れてしまうとか)

投稿日時 - 2006-06-15 08:11:03

QNo.2216571

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

表面のクリア等の塗装が確実に剥がれますので、耐候性が落ちる事になります。
特に耐紫外線は、確実に下がるでしょう。
カーボンシート及びカーボン繊維が削れる事はないでしょうが、それを構成する樹脂が削れ、結果としてカーボンシートのカーボン繊維が解れて旨くない状況になる可能性は否定出来ないところです。

強度的な部分を考えると多少なりとも低下することは否定出来ないでしょう。

ただその低下した事によって、安全性がどの程度低下するかと言う部分に対しては、その許容範囲を上回るかどうかは、スペシャルユースの限界を追求した製品(使う人の体重や好みのしなり具合等を加味して製作された一品物のオーダー品)
であるか、既製品でしかも廉価な製品である場合とでは、そのマージンが違いますので、一概には言えないでしょう。

投稿日時 - 2006-06-16 05:24:42

お礼

回答ありがとうございます。

私はサドルバッグをたまにしか使わないので、TVT92MB様のおっしゃる通り耐候性を心配していました。(バッグを外して走る時に太陽光が当たって劣化する等)

実使用上問題ないとしても、何か気になって使うのをためらっていました。
(カーボンリムもブレーキシューで削っているという意見もあるかと思います。単に個人的なこだわりでした)

今思いついたのですが、シールか何かで補強すれば良さそうですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-06-17 13:04:19

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

こんにちは、

多分長い目で見れば、問題あります。

しかし、それで強度に問題が出るというようなことではないでしょう。

また、現在カーボンの加工は日進月歩の勢いです。
同じ商品でも半年後のロットではクオリティーが違う・・・ということもあるようです。
もちろん、今年より来年。来年より再来年のほうがいいものがでるでしょう。

また、最近はサドルバッグもベロクロエをなくし、シェルを硬くするタイプが多くなっている気がします。(もしかしたら、そういったモデルを多く入荷しているだけかもしれません)

投稿日時 - 2006-06-15 09:51:02

お礼

回答ありがとうございます。

某雑誌にも、「カーボンシートポストは消耗品」みたいに書かれた事がありましたが、なにぶん貧乏なもので...

ベロクロでないタイプは容量が小さい印象があります。
パンク修理道具しか入れないのでそれでも良いのですが、新しく買うのももったいないと思い質問しました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-06-17 12:39:03

あなたにオススメの質問