こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

個人情報が漏洩、提供先を追及できるのでしようか?

業者からDM、電話、さらには携帯電話で勧誘が来ます。明らかに個人情報が漏洩してるのですが、業者にどこから情報を提供を受けたのか、提供先を追及できるのでしょうか?個人情報保護法など法的に開示を強制できるのでしょうか?

投稿日時 - 2006-06-16 06:43:13

QNo.2218609

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

ムリです。個人情報を正当な方法、つまり名簿業者から購入することは違法な行為でもなんでもありません。個人情報保護法は「個人情報を漏らしちゃいけない」とはいっていますが、「手に入れてはいけない」とはいっていません。#1さんもおっしゃっていることですが、皆さん個人情報保護法に対して過剰に期待しているんですよね。年間に個人情報を50人しか扱わない近所の商店がその個人情報をダダ漏れにしてもどうしようもないのです。ましてや、町内一のおしゃべりおばさんがご近所の個人情報を漏らしまくるのは全く打つ手はないのです。

私のところにもたまに何らかの勧誘などが来ることがありますが、そういう人たちの話を聞いてみるとどうも最初に勤めた会社のときのデータっぽかったりします(その会社にまだ勤めていると思い込んでいたりするので)。その当時は個人情報保護法が施行される前の話なのでこればかりは遡って処罰することはできません。

個人情報が流出するのが嫌なら、努めて外界と接触を持たないことですね。クレジットカードを使えばその履歴などが流出するリスクはゼロじゃありません。時々、顧客データを持ち出して逮捕される奴がいますが、そいつが逮捕されても流出したデータを回収することはできません。
例えば、こういうところに書き込んだりするのもID取得の過程でプロバイダ情報などはここの管理者は知りうるのですから、そこから遡ったり調べたりすれば質問者さんの名前や住所などを突き止めることはできます。もちろん、そんな必要がない限り(質問者さんが何らかの犯罪行為をして警察の捜査の対象にでもならない限りはね)は調べられる可能性はありませんけどね。

あと蛇足なんですが、世間の皆様は自分の個人情報を買いかぶりすぎです。世間で価値がある個人情報なんて年収が二千万あるとか、資産が何千万もあるようなお金持ちだけです。年収数百万の庶民には一山いくらの価値しかありません。もちろん、私もそんな一山いくらの人間に過ぎません。最近ちょっと痛感することがあったのですが、金融機関にとっては500万円なんて「はした金」なんですよね。私にとっては「もし失ったら立ち直れない金額」なんですけど。

投稿日時 - 2011-04-06 14:32:12

ANo.1

まずできません

個人情報保護法を、内容の確認無しで法律の名前だけで過剰な期待をしていますね

個人情報保護法は、大量の個人情報を所有するものが(5000人分以上)、その情報の収集にあたって、使用目的を明示しなければならない
明示した目的以外に使用してはならない
ことを規定しているだけです

それに違反した場合も、まず、管轄する大臣から是正命令が出され、その命令に従わなかったとき罰則が適用されます

へたに取り合わないで、無視することです

住所・氏名は卒業生名簿等で比較的簡単に入手できます

携帯電話の番号まで知られているようですから自分から開示した可能性が高いですね

心当たりはありませんか、
アンケートとか懸賞とかで住所・氏名・その他を登録
その際、どこかに使用目的が記載されていたはずです

投稿日時 - 2006-06-16 11:28:54

あなたにオススメの質問