こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

脱退一時金について

このたび、4年間勤めていた会社を辞めました。
厚生年金基金から、今まで加入していた分を「脱退一時金」として受け取るのか「基礎加算年金」として
将来の基礎年金に上乗せして受け取るのか選択して下さいというような通知がきました。

一時金として今貰うと、9万弱が支給されるらしいですが、
年金として貰うようにすると、将来加算年金としてどのくらい支給されるのかわかりません。

いま一時金として受け取った方が得なのでしょうか?

転職先の会社には、企業年金制度を実施していないらしいのですが、その場合、
(1)企業年金連合会へ脱退一時金相当額の移管
(2)国民年金基金連合会へ脱退一時金相当額の移管

ができるらしいですが、どちらの選択がよいのでしょうか?

投稿日時 - 2006-06-20 12:49:21

QNo.2227059

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>いま一時金として受け取った方が得なのでしょうか?
人によって判断基準は違いますのでご自身の今の生活や収入を勘案してご自身で判断ください。

>年金として貰うようにすると、将来加算年金としてどのくらい支給されるのかわかりません。
(1)企業年金連合会へ脱退一時金相当額の移管の場合は、年金額を確定する給付確定型なので、企業年金連合会に照会すれば、現時点での将来の加算年金額が判ると思います(URL参照)。しかしながら将来規約が変更されると、額が判る可能性もあります。

移管先については、将来の扱いが違います。
>(1)企業年金連合会へ脱退一時金相当額の移管
先に説明したように確定"給付"型の加算年金になりますので、受給額があらかじめ決まっていて、運用も企業年金連合会におまかせです。

>(2)国民年金基金連合会へ脱退一時金相当額の移管
これは、個人型の確定"拠出"年金に加入する事が条件で移管できます。移管した場合は、運用は自己責任で、かつ定期的に管理手数料を取られます。ハイリスクハイリターン型からローリスクローリターン型まで用意されていて、将来の年金額が確定していません。運用に成功すれば年金額が多くなりますが、うまくいかなかった場合は、(1)の年金を下回る結果になる事もあります。

参考URL:http://www.pfa.or.jp/chuto/shisan/chuto.php

投稿日時 - 2006-06-24 09:14:04

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

あなたは今おいくつなのでしょうか?

移換額から考えると、企業年金連合会へ移換すると事務手数料等かかります。(最高10万円)そして運用利率も良くありませんので移換額が増えるとは思えませんし、事務手数料で相殺されてしまうかもしれません。また、住所が変わったりするたびに連合会へ連絡しなければなりません。(年金をもらう年齢まで)

また、国民基金連合会へ移換する場合は、多くの運用機関の中からご自分でどの運用方法にするか決めて移換しなければなりません(自己責任です・・・)
http://www.npfa.or.jp/

参考URL:http://www.pfa.or.jp/chuto/shisan/chuto.php

投稿日時 - 2006-06-22 00:32:55

ANo.1

長生きする前提で言えば、将来年金としてもらった方がお徳ではあります。
年金は生きている限りもらえるのですからね。

でも後何十年後のことだと言うこと、
今後の年金体制に不安があると言うことなどでしたら、
一時金としてもらってもいいと思います。

投稿日時 - 2006-06-20 20:07:15

あなたにオススメの質問