こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ホルモン焼き

焼肉の「ホルモン」と「とんちゃん」の違いを教えてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2002-02-23 14:41:04

QNo.223430

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ごきげんいかがですか?neterukunです。
大阪人です。「とんちゃん」という言葉は知りません。
おそらく「ホルモン」焼きと同じものででしょう。

「ホルモン」のごげんは「すてるもの」=「ほる(すてる)もん(もの)
で間違いはありません。
捨てるような内臓を焼くものです。
胃=ミノ、センマイ、腸=テッチャン、アバラ=カルビ、バラ、
肝臓=キモといいます。
内臓ではないですが、肩=ロース、舌=タンなども
最近はホルもんやさんにありますね。
「とんちゃん」は上記ノ「ミノ」や「バラ」とかよばれていますか?
だったとしたら同じではないでしょうか?

投稿日時 - 2002-02-28 11:34:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

『ホルモン』は関西弁で、捨てるもの(ほる=ほかす・捨てる、もん=もの)という関西弁です。

『とんちゃん』は、語源やいわれはわかりませんが、中部地方で呼ばれていて、「ホルモン」と同じものだと思います。

元々は豚の内臓のことを、『とんちゃん』と呼んだと聞いたこともあります。

『ホルモン』のほうが、一般的に使われるようになっただけで、どちらも牛・豚の内臓のことだと思いますよ。

投稿日時 - 2002-02-23 22:00:23

ANo.1

ホルモンは「牛」、とんちゃんは「豚」と言ってる人もいますが、私は同じような(どっちも牛)気がします。

投稿日時 - 2002-02-23 21:44:36

あなたにオススメの質問