こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

賃料を口頭で値下げしたのですが、差額を過去さかのぼって請求されています・・・。

大変ややこしい話なのですが・・・。
以前勤めていた会社の社長さんがその会社を廃業する際に工場と機械そのままを借りるということで平成11年に賃貸契約を月40万円の賃料で契約しました。が、その後景気も悪くなり数年後には月30万円の賃料に。また数年後には20万に。そして現在は月10万円まで値下げをしてもらいました。最初の40万円の契約の時には書面での契約でしたがその後の値下げの賃料については口約束という形でした。そして、現在その社長の息子さんが経理?を担当されてるとかで息子さんから「今までの賃料の差額7000万を払え」と請求されてしまいました。そんな大金は無理だとのことを伝えたら「この土地を2400万円で買え」と言われています。その土地は山奥の山奥でとても2400万円の価値など無いので、銀行での評価もなくローンがおりませんし、どうしたら良いか大変困っています。詳しい方お教えください。。。お願いします。

投稿日時 - 2006-07-03 22:51:45

QNo.2253879

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

> どうしたら良いか大変困っています。詳しい方お教えください。。。お願いします。

結論から言えば額も額なので弁護士を入れたほうがいいでしょうね。

ざっとご意見しますと、口答でも契約は有効ですが、それを証明できなければ意味がないので通常は契約書を交わします。
残念ながら月40万円で契約書が存在するのなら、それが唯一の証拠になってしまいますね。
逆に領収書や通帳で金額を証明出来たとしても相手は値引いたのではなく支払の猶予などといってくる事は十分に予想できます。だからそろそろ差額を返せと。
ただし、あるときから突然30万円、10万円という支払が続いているというのも不自然ですし、かといって、後で払うという証拠が相手にもないわけです。
となると、裁判所はどう評価するのか・・・・
何とも言いがたいですな。

こういうのは成功法で言っても無理です。
今後、通話は全て録音するなどして揚げ足取るのがいいでしょうね。
それで向こうがもし訴えてきたら、「不当な値段で土地の購入を迫るなどの脅迫を受けつづけてきた」と反訴でもしましょう。
こうなってくると五分と五分です。

後は意地にならず、質問者さんも書類を交わさなかったという反省しつつ、腹八分くらいで解決しましょう。

投稿日時 - 2006-07-03 23:03:41

お礼

ありがとうございました。とりあえず、通話の録音をしてみたいと思います。社長とは高校を卒業してからの20年以上の信頼関係があったので信じきってしまっていたのが悪かったのかと反省しています。とても参考になりましたありがとうございました。

投稿日時 - 2006-07-04 23:18:44

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

 まず社長さんに直接電話で本当に困っているんだという風を強調しながら(泣き落としで)お話してください。ICレコーダと携帯をつないで録音出来るケーブルが量販店にありますから、録音しながら何度もアタックしてください。普通のひとなら後ろめたいでしょうから、話し方次第でポロリが期待できます。これがあれば裁判になったときに自分の準備書面のなかに書き込めますからこちらの主張を裏付ける強い材料になります(当然録音してあることは相手がそのことを書面で否定するまでかくしておきます。)
 逆にここのガードが固いと苦しいのですが、裁判官にも冷たそうに見えてイイ人がいっぱいいますので、書面がないからとあきらめないで自信を持って真実を訴えればどっちがムリを言っているか察してもらえるはずです。

 弁護士への依頼は全然文章作成について自信がないのなら仕方ありませんが、本件は7000万円の請求ですから勝った場合の成功報酬まで計算にいれなければなりません。家賃月10万とのことですから弁護士費用の工面も大変でしょう。自分で訴訟した人はたくさんいてネットで経過が公開されたりしています。色々検索して参考にしてみてください。相手は弁護士をたててきているのにこちらは金欠を理由に本人訴訟であれば、訴え方次第で裁判官に好印象を与える場合もあります。ダメもとでトライする価値は十分にあります。私は経験済みですが向こうが悪い場合は真摯に訴えれば案外素人でもプロの弁護士に勝てたりします。

 ただ値下げをお願いした頃の経営状況や貴方の資産の推移をもとに妥当な家賃が再計算され、和解条件として裁判官によって提示されるかもしれません。書面が無い以上ゆずらざるを得ない部分もあると思いますので、100%の勝ちは難しいかもしれません。

投稿日時 - 2006-07-04 22:38:37

お礼

ありがとうございました。
裁判官も人間ですから、こういう情を汲み取ってくれると良いのですが・・・。契約を書面でしていなかったというのが一番の反省点だと思っています。100%の勝ちは無いにしても裁判を検討したいと思っています。

投稿日時 - 2006-07-04 23:24:18

ANo.3

口約束でも契約は成立しますが、往々にして言ったとかいわないとかで揉め事になります。
金額が金額なので裁判まで発展する可能性もあると思います。
その際の証拠ですが、契約書は無くとも先方の社長さんと口約束したときのメモ書きでも書き留めた手帳でもかなりの有効性はあります。
ところで先方の社長は今はどうしているのでしょうか?経理担当の息子さんと同じ論調なのか、それとも家賃を下げたことを納得されているのでしょうか?
もし、後者であれば今からでも社長にお願いして覚え書き(できれば公正証書)を作成するのが一番だと思います。

投稿日時 - 2006-07-04 16:44:30

お礼

社長と話をしようとすれば「社長ではなく僕(息子)を通して」と言う感じでお話になりません・・・。息子の言いなりという感じです。もうこうなったら裁判しかないかと考えています。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-07-04 23:21:58

ANo.2

弁護士さんを立てるのが無難です。


> ~値下げをしてもらいました。

この旨の事実、値下げしてもらった時期、金額を書面で提示し、これこれこういう経緯ですので、いついつどういう経緯で請求されたいくらの金額の支払いには応じられません。請求どおりの支払いの条件だと知っていたら解約していた。
と、内容証明郵便等の文書で回答します。

相手の主張に乗ったとしても、月40万円の賃料を全額支払わない状況が続いており、それに対して最近まで何の請求も無かったのですから、請求が無かった事実は質問者さんに有利に働きます。

場合によっては詐欺として、相手を訴える事も可能かと。

投稿日時 - 2006-07-04 06:59:28

お礼

ありがとうございました。ここにきて、突然請求をされるとは夢にも思っていなかったので・・・。
>請求どおりの支払いの条件だと知っていたら解約していた。
>と、内容証明郵便等の文書で回答します。
この件、実行してみたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-07-04 23:20:26

あなたにオススメの質問