こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

“特許庁に係属(特許)”と“審査・審判又は再審に係属”の違い

“特許庁に係属(特許法)”と“審査・審判又は再審に係属(意匠法10条の2など)”は、一体何が違うんでしょうか?
特許庁に係属とは、特許でいうならば審査請求を行った後から、査定謄本送達までを言うのでしょうか?

両者の時期的な違いがいまいち分かりません。
ご存知の方、ご回答お願いします!

投稿日時 - 2006-07-10 13:07:09

QNo.2267026

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

特許法第17条において、「特許庁に係属」という用語が用いられているのは、出願審査請求制度が導入されたことと関係があります。特許出願後、出願審査請求前は、特許庁には係属していますが、実体審査には係属していません。しかし、審査請求前でも、補正を認める必要はあります。

特許庁に係属とは、出願手続完了後、査定又は審決がされるまでをいうのかと思います。例えば、拒絶審決がされるまで特許庁に係属しています。しかし、その拒絶審決に対して審決取消訴訟が提起され、訴訟に係属中は、特許庁に係属していません。拒絶審決が判決により取り消され、再び、特許庁に係属することになります。

投稿日時 - 2006-07-10 14:02:31

お礼

御礼が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。ご丁寧に有難うございました。特17条の補正に関しては、条文で細々と期限の規定がされているようなので、個別に確認しつつ理解してみようと思います。

投稿日時 - 2006-07-13 13:47:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問