こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

逃げられた!!

突然の事で困っています!
弟がアパートを借りる際、連帯保証人になったのですが、先日弟の借りているアパートの大家さんから連絡があり、「弟が10ヶ月家賃を滞納しているので、アパートを解約して、今まで滞納していた金額を一括で払ってほしい」(50万円)と言われました。一括で払うのは苦しいのですが、大家さんは、「裁判になると100万円はかかるので、50万円払ったほうが良いのでは?今なら現金一括で30万円にしてあげる」と言っています。不正に請求されているのではないか?という疑問があるのですが、弟と連絡が取れない為、本当に家賃を滞納しているのか?まだそのアパートを契約しているのか?私がなった連帯保証人の期限はいつまでなのか?といった重要事項を確かめられません・・・普通いきなり10か月分もまとめて請求されるものなのでしょうか??もっと前に連絡があっても良かったのでは・・・?と思ってしまいます。それに、弟と連絡が取れないので今後もまたなにか補修費だの修繕費だのと請求が来るのではないかと心配です。今回30万円を支払い、アパートを解約し、連帯保証人をやめます!といった場合なにか契約書類のような物を用意した方が良いのでしょうか?
長文になり、わかりにくい箇所もあるかとは思いますが、どなたかアドバイスをお願い致します。

投稿日時 - 2006-07-10 23:15:33

QNo.2268174

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

なんとなく・・・
連絡のあった大家さんはちゃんとした(契約書の記載と同じ方)ですか。その辺の事実も確認された方がいいのかなと。
なんか、新手のおれおれ詐欺かと思いました。
支払うにせよ、#4さんの書かれたように後々のために書類はちゃんとした方がいいとおもいます。

投稿日時 - 2006-07-11 12:51:43

ANo.4

不動産管理会社のものです。
まず、連帯保証の期間は契約中および、契約終了後も借主の責に帰すべき事由があれば請求されます。ただ普通は契約終了し、精算が終われば、そのときに保証も無くなったと解釈して運用しています。
10ヶ月分一括の請求についてですが確かに普通はそんなになるまでに何かしら連絡があっても良さそうですが、しかし支払い義務があることには違いは有りません。
支払いにあたっては、覚書等書類を作成することが大事です。具体的にどういう名目のお金なのか(滞納分賃料○月分~○月分)、減額してもらうのならばその旨を明記しましょう。同時に契約解除の内容も盛り込んでください。
当然、後日弟さんと連絡がついて事実と異なることが判明した場合、損害賠償の根拠にもなります。
必ず書類に残して双方が署名捺印をして下さい。
これに応じない様であれば、別の手段を講じるべきです。(賃料の供託、現金書留での送金など)。

投稿日時 - 2006-07-11 10:52:00

ANo.3

大家してます

>私がなった連帯保証人の期限はいつまでなのか?

連帯保証人の期間はその契約が存在している間です

>普通いきなり10か月分もまとめて請求されるものなのでしょうか?

もっと早くに連絡するのが一般的です
うちは3ヶ月です(ほぼ敷金の範囲)

>補修費だの修繕費だのと請求が来るのではないかと心配です

請求があるでしょう

>連帯保証人をやめます!といった場合なにか契約書類のような物を用意した方が良いのでしょうか?

貴方が宣言して止められるものでは有りません

契約の解除になりますから大家が必要書類は用意します

普通の大家なら、大家も裁判になるのは嫌なので30万円で妥協しているのだと思います

>不正に請求されているのではないか?

証拠を提示してください

その為の領収証で有り、振り込み明細です
貴方が証明する必要が有ります
大家には証明する義務は有りません

契約者が行方不明なのですから恐らく滞納も間違いは無いでしょうね

貴方もいつから弟さんと連絡が付かないのでしょうか?

保証人になっている場合は自己防衛のために常に注意している必要が有ります

連帯保証人になると言うことはその契約者と同じ義務を負う事です

このままずるずるとすると債務が拡大するだけですので早めの対応が必要です

独断でのお勧め案、

・30万円の滞納を値引交渉
・契約解除手続きをする
・残置物(荷物)を引き取る
・原状回復費用の減額・免除を交渉する

敷金もいくらか預けているはずですから総支払額での減額を交渉されてはどうでしょうか?

投稿日時 - 2006-07-11 08:53:33

ANo.2

支払いの証明には契約者の印鑑は必要ないので家主さんの言い分を信用するしかないですね。家主さんは不動産を所有してますので逃げ隠れできませんのでおそらく信用できるのではないでしょうか?
支払いはするつもりですが確認できるきちんとした書類が見たいと伝えてみてはどうですか?口座振込みなら銀行の通帳のコピー分で見られたくない分は隠してもらっていいので確認した方がいいですね。直接支払いでしたら通い帳と言われる家賃領収書がありますからそれを見せてもらって下さい。
遠方なら郵送で面倒かとは思いますがお金を払う旨は伝えれば大丈夫だと思いますのできちんと確認だけはしておきましょう。

投稿日時 - 2006-07-11 04:30:17

お礼

回答ありがとうございます。
早速家主さんの気が変わらない内に、(30万で手を打ってくれそうなので)お金を支払う旨とその際に確認できる書類の提示をお願いしたいと思います。弟の借りているアパートは遠方にあり、なかなか現地に行くことが難しいので、どうしたら良いのか家族で悩んでおりました。良きアドバイスを頂き本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2006-07-11 07:43:57

ANo.1

まずは契約書を確認しましょう。
そして過去の家賃の支払いの確認を家主さんにお願いしましょう。
もし家主さんが言っている事が本当なら10ヵ月分の50万円の支払い義務があります。即時支払うように言われます。
もし裁判を起こしたとしても抗弁ができませんので結局支払いますが10ヶ月分プラス裁判費用等がかかりますので非常に不利です。
連帯保証人には期限はありません。解約時まで保証義務があります。
通常でしたら家賃滞納して2月目には保証人さんに連絡することが多いのですが特に決まりがなく支払いを待ってくれていたのかも知れません。しかしそれは落ち度ではありませんので抗弁できません。
補修費等でもめるのが嫌ならばきちんとした書類を司法書士さん等で準備してもらい30万円支払うことで全ての債務が解消されるように記入してもらいましょう。
それを支払うことによって連帯保証人としての責任は果たしたと言えます。
まずは詳しい事情と支払いについて家主さんと話し合って下さい。

投稿日時 - 2006-07-10 23:32:05

補足

早速のお返事ありがとうございます。
家賃の支払い確認ですが、家主さんが手書きで書いた書類を送って来てくれました。そこには弟の印鑑等は一切なく、ちょっと不安な物でした・・・
やはりこれを信じるしかないのでしょうか?

投稿日時 - 2006-07-10 23:38:22

あなたにオススメの質問