こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

全損した車の支払い金額について

先日妹が自動車事故に会い(100%相手が悪いです)
妹の車が廃車になり全損扱いになるそうです。
買って9年目になる車なのですが規定の方法から割り出すと
支払い金額が20万ほどで状態が綺麗だったので2万ほどプラスすると言われたそうです。20万では中古車も買えないので綺麗に直してくださいと申し出たそうなのですが直すと全損なのでかなり高くなるし9年載ってる車なのでこの金額ですと言われたそうです。妹としては新車を買う余裕もなく後2回ほどは車検を受けて乗ろうと思っていたのでショックを受けています。どうか知恵をお貸しください。お願いします。

投稿日時 - 2006-07-20 12:12:21

QNo.2287560

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

既に書き込みのあるように物の賠償については時価が基準となっています。

今回のような場合、加害者側が20万円を負担することで、その法的義務を果たすことになります。

今回のようなケースで受け取る金額を増やそうとする時、2つの方法が考えられます。1つは時価評価額の見直しです。同年式の同程度の同じ車種の市場取引価格が時価評価額を大幅に上回っていれば、見直される可能性があります。ただ市場流通価格は時価そのものではないので、少々上回った額を提示したところであまり効力はないのかもしれません。もうひとつの方法として、保険会社からは時価評価額相当の保険金を受け取り、残りの差額の前部または一部を相手に直接請求することです。これは先にも書いたように法的賠償義務以外の部分です。請求するにもその法的裏づけはありませんし、あくまでも相手の好意にすがるといった感じです。請求も度を過ぎれば「恐喝」「脅迫」になってしまいます。

また冷静になって考えていただきたいのは、車を運転している以上、いつ逆の立場になるかもしれません。そんなときに法的賠償義務の範囲を越えた部分まで賠償に応じますか?応じるというのなら相手への請求もありかとは思いますが、自分なら一切応じないというなら時価評価額を受け入れるべきと考えます。

ちなみに「対物超過修理費」特約は、被害者が車を修理した時にのみ機能する特約です。またくどいですが法的範囲外の部分なので、被害者がどうこう口を出すものではありませんので。

投稿日時 - 2006-07-20 14:33:32

お礼

返事が遅くなってしまって申し訳ありません。
詳しくお答え頂いて嬉しかったです。
妹は新車に買い換えようと思っているみたいです。
なので対物超過修理費はつかえません。
したがって20万を支払ってもらってそれでよしとするしかないねといってました。命があっただけよかったと思わなきゃといってました。私としては妹が女手ひとつで子供を育てて金銭的に余裕がないのを知ってるのでなんとかしてあげたかったのですがこれが現実ですね。前向きに考えるしかありませんね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-07-22 00:05:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

こんにちわ、気持ちはすごーく分かるのですけど、法的にはあと買い替え費用を請求する位が限界みたいですね。ただ、同じ条件の車をみつけて、その価格くらいなら交渉すればある程度余地はあるのではないでしょうか。でも、ありていに言えば事故って被害者も損するようにできているんですよね・・・。追突されて手間も暇もかかるのに物損では慰謝料も請求できないですし・・・。

金額や等級によっては車両保険を使うとかしかないですかね・・・。参考URLをみると法的にはどうにもならない感がただよってますので・・・。

ではでは。

参考URL:http://www.nishikawa-law.jp/p51.htm

投稿日時 - 2006-07-20 16:42:27

お礼

返事が遅くなってすみません。
妹も今では保険会社の言う通りにしないとだめかもと思っているようです。仕方ないのかもしれませんね
ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-07-21 23:54:59

ANo.5

法律上は時価額賠償が原則です。
不法行為 事故による賠償は金銭で行います。
時価額以上を賠償することは利益供与となり、法的に認められません。
これが、公に認められれば、保険金詐欺の温床になります。
お気の毒ですが、20万プラスアルファーで応じるしかありません。その車を売却 下取りにだした場合は20万で取ることはまずありません。
見方をかえれば得をしたとも考えられます。
期待をもたせる書き込みもありますが、あえて厳しく申し上げます。
これが現実です。

投稿日時 - 2006-07-20 12:59:24

お礼

返事が遅くなって申し訳ありません
本音でおしゃって頂いて感謝してます。
それが現実なのかもしれませんね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-07-21 23:59:03

ANo.4

初めまして。専門家では無いのですが、過去に同じ経験があります。
 我が家の場合も、規定の算出では車両価値が低く次の車も買えない状態でした。ただ保険会社には原状回復?の義務があり、それが困難であれば違う形で・・が当然だと思います。
保険会社も多くは出したくないので、プラス○○円などで解決しようとしますが納得の行くまで交渉されると良いと思います。
 ちなみに我が家の場合は、加害者自身にいくらかの負担をしてもらいました。(話をしやすい人でしたので)できるのであれば一度加害者とも話し合いをしてみればいかがでしょうか。
無事に解決される事を願っています。

投稿日時 - 2006-07-20 12:27:09

お礼

ありがとうございます。
hanayankoさんは加害者が負担してくれたんですね
妹もどうにもならないので加害者に連絡をとったらしいのですが保険会社に任せてるので家は関係ありませんといわれたそうです。保険会社の対応に任せるしかないようです。

投稿日時 - 2006-07-20 12:46:05

ANo.3

#1の方のおっしゃるように、同程度の中古車を数件調べてきてその金額を書面で請求してください。
また、廃車費用・レッカー費用・購入諸費用・消費税ももちろん請求できますので、請求費用に含めてください。
もし修理可能で、単に「経済的全損」なのであれば、相手の保険に「全損時超過修理費特約」がついていないか確認してみてください。もしついていれば、修理代が車両査定額を超えていても保険金が支払われるはずです(保険会社にすれば支払額が増えるので、こちらから言い出さない限り応じないと思われます)。

投稿日時 - 2006-07-20 12:27:02

お礼

ありがとうございます。
とても為になりました。
さっそく聞いてみるよう伝えます。
でもこちらからいってもしらばっくれられるかもしれませんね

投稿日時 - 2006-07-20 12:41:31

ANo.2

一応、相手の保険会社にゴネてみてください。
相手の人だと可哀想ですから。
自分の方が車両保険に加入していると、「全損臨時費用保険金」がある場合があります。
http://www.sonpo-direct.com/hosyonaiyo3.html

又、相手側の対物保険で「対物超過修理費」特約をつけている場合もあります。
http://www.insweb.co.jp/0autoins/00glossary/t10.html

最近保険金未払いなどの不祥事がありますが、悪いネゴシエータだと支払額を少なくするために隠す事もあるようです。

投稿日時 - 2006-07-20 12:23:47

お礼

ありがとうございます。
やはりごねたほうがいいですよね
頑張るよう伝えます。
でもこちらが言っても隠されるかもしれませんね。

投稿日時 - 2006-07-20 12:39:19

ANo.1

中古車屋や雑誌で同程度の価格を調べてください。
それを提示してください。
口頭で言ってもそれまでです。
後に残るリストとして見せてください。

投稿日時 - 2006-07-20 12:20:52

お礼

ありがとうございます。
調べてみます。
希望をもって頑張るよう伝えます。

投稿日時 - 2006-07-20 12:42:45

あなたにオススメの質問