こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

形成外科で血液検査

首に「できもの」が出来てしまって皮膚科で診察を受けたところ形成外科で切除手術を
する様に言われました
早速形成外科で診察をしてもらったのですが手術の前に血液検査をするとのことです
手術自体は部分麻酔で15分位の簡単なものと説明されましたが血液検査は何の必要が
あったのか言われませんでした
後になって「医療点数稼ぎ?」とか「感染症を調べられた?」とか疑問になってきました
こういう場合でも血液は検査するものでしょうか?

投稿日時 - 2002-03-04 17:38:13

QNo.229033

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 最近は出血を伴う手術の場合は、手術の程度を問わず患者の容態をチェックするため血液検査をしているようです。
 血液検査により、麻酔の効きにくい体質、糖尿病その他手術により影響が出る既往症はないかなど手術をより安全に行うためで、健康保険でも認められています。
 無駄なようですが、こういう検査を怠って事故が発生した事例もあるらしいので、危機管理上やむを得ないのではないでしょうか。

投稿日時 - 2002-03-04 17:49:24

お礼

なるほど「危機管理」ですか… 無駄に思えても必要なことなんですねー
早速の回答ありがとうございました

投稿日時 - 2002-03-05 00:14:09

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

十分な説明をしなかったわけなので、どんな風に受け止められても仕方はないですね(苦笑)。また説明をした場合でも手術前のときなど精神的に記憶に残らないこともママあります。だから、本当はその病院に聞くべきなんです。そこに聞かないと結局は医療不信というか病院不信はなくなりません。医師や看護婦との人間的な交通を行うだけなんですが・・・ね。

一般的には
1)肝機能・腎機能 麻酔薬や術後薬にはこれらの器官に負担があるものがあります。
2)肝機能・血糖値など 病気によってはキズが治りづらいものがあります。
3)感染症 手術の後に感染がわかれば手術した際の感染であると間接的な証明になります。また感染症があればそれに応じた準備をしないといけません。ただ一般的には全員を感染症『扱い』で臨んでいます。あってもなくても準備はしています。しかし特定の疾患があればやはり手術に影響があります。

点数稼ぎ・・経営があるわけですし、そういった側面は完全には否定しません。しかし医学的な合理性にかける行為は必ず『査定』されて削られます。しかも合理性があっても削られます(笑)。そのときは病院側の持ち出しになります。それでも患者のために自腹を切る病院は多いです。
一般の新聞やテレビの報道はこういった部分には光を当てません。当然とでも思っているのかはわかりませんが、情報に偏りがありますね。
健康保険が医療上必要なことを全て網羅しているなどとは誤解しないで下さいね。足りないことばっかりです。

投稿日時 - 2002-03-04 23:24:24

お礼

確かに分らないことはその都度聞いておかないとダメですよね?
今回は初めて診ていただいた病院ということもあって緊張していました
病院側からのご意見ということはshu_sさんは関係者の方なのでしょうか?
細かく回答して頂いてありがとうございました

投稿日時 - 2002-03-05 00:33:04

ANo.2

一概に何の検査をされたかわかりませんが、可能性のあるものとして、腫瘍の疑いをもっての検査か、白血球の数を検査したのではないかと思われます。
確かに点数稼ぎの検査もあります。
私なんか、内科で尿検査をするように言われましたが、「あいにくしたばかりででない」といったら「それならいいと」いわれました。
でも請求だけはされました。

投稿日時 - 2002-03-04 21:13:13

お礼

今回の血液検査はやはり必要なものだと理解しました
先に診てもらった皮膚科では手術の可能な病院を紹介するからと
そんなに複雑な病状でもないのに紹介状を書いてもらいました
今考えるとこれは診療報酬稼ぎだったかも…
ADEMUさんのお話も参考になりました 回答ありがとうございました

投稿日時 - 2002-03-05 00:20:38

あなたにオススメの質問