こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

公認会計士(税理士)と国税専門官の違いについて。

公認会計士(税理士)と国税専門官の職務の違いは
何なのでしょうか?

イメージとしては、
公認会計士(税理士)→企業の財務諸表の間違いや、記入漏れ等のチェックをする業務
国税専門官→企業の財務諸表を見て税金の申告漏れをチェックする業務
と考えているのですが、どうでしょうか?

この他に両者の職務の違いはあるでしょうか?
もしくは、私の考えが間違っているなど、ご回答お願いいたします。

投稿日時 - 2006-07-26 12:14:32

QNo.2300336

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

並べる意味が今ひとつわかりませんが、いずれも税のスペシャリストである事は共通していますが、国税専門官は、要するに税務署や国税局に勤務する公務員で、税理士(公認会計士は少し外れますので説明は省略します)は国家資格に基づく民間の仕事です。

国税専門官は、税務署等で、税金の申告書や届出書等を受け付けたり、税金を徴収したり、税務調査したり、という仕事です。

税理士は、会社の依頼に基づいて、税務署に提出する申告書や届出書等を代わりに作成・提出したり、税務調査がある場合には、それに立ち会ったり、という仕事です。

国税専門官については、下記サイトをご参考にされて下さい。
http://abc.shudo-u.ac.jp/univer/sikaku/kokuzei.htm

投稿日時 - 2006-07-26 14:17:47

お礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が遅れてしまい、申し訳ありません!
税理士は、税務調査に立ち会うこともあるのですね。
国税専門官と税理士の業務内容についてよくわかりました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-07-28 10:13:28

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問