こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

イスラエルがヨルダンを攻撃していますが・・・

こういうのって許されるんですか?

国連は、何にも言わないんですか?

やっぱり世界はアメリカの言いなりですか?

投稿日時 - 2006-07-31 00:05:17

QNo.2309851

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

あの辺はずっとこうです。
3000年前から解決していません。
いた仕方なしです。

投稿日時 - 2006-08-01 15:44:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

国際社会というものの基本構造は次のようなものです。

(1)国際社会の構成員は、平等な資格を持つ主権国家である。平等であるから、国家は他国や国際社会の指図は受けない。
(2)国連は国際社会の政府ではなく、主権国家の会議の場である。そこでの決議は、原則として国家を拘束しない。
(3)国連安保理の決議は例外的に加盟国を拘束するが、常任理事国は決議に対する同意投票権(俗に言う「拒否権」)を有するので、常任理事国が反対する決議は成立しない。

我が国を含む世界のほとんどの国は、上記のような仕組みに同意して国連に加盟しています。今回のような事態が生起したときは、常任理事国の意思は国際社会の意思に優先します。これが国際社会の基本ルールなのです。ただし、常任理事国といえども国際法に違反することは許されません。今回のアメリカの態度も、アメリカの見解によれば、国際法にてらして正当なものとされています。アメリカは、国際社会に対し、その見解の正当性を説明する義務を負っています。

現時点では、アメリカはイスラエルの武力行使を自衛権の行使(合法的な武力行使)とハッキリ認めているので、イスラエルの目的達成(ヒズボラの壊滅)に支障のある形での停戦には反対します。
よって、今回の武力行使は、イスラエルがその目的を達成するか、又はその主張(ヒズボラの武装解除又はレバノンからの完全撤退)を大幅に取り入れた停戦決議が成立しない限り、終わることはないでしょう。

投稿日時 - 2006-07-31 06:41:24

ANo.4

私も似たような質問をしましたが、やっぱり仕方ないらしいです。
強者は弱者から搾取し、気に入らなければ徹底的に叩きのめしてよいという自然の摂理だと思えば、仕方ないとも思えてきます。

人間が平等なのはどんな人間も必ず最後は死ぬって事だけで、いつ死ぬとか、誰に殺されるとか、そういうのは全て不平等です。

投稿日時 - 2006-07-31 02:47:19

ANo.3

証拠は?

まさか、レバノンの間違えではないでしょうね。
一度、質問の削除をおすすめします。

投稿日時 - 2006-07-31 01:08:28

ANo.2

ヨルダンを攻撃したんですか?
今ニュースをチェックしていますが、まだそのニュースはありません。でももしそれが本当なら、ちょっと今回のイスラエルの行動は常軌を逸していますね。

国連が何も言わないということですが、国連はこれまでに盛んにイスラエルに対して非難声明を出しています。

ただ肝心の常任理事国での非難決議に入ろうとすれば、間違いなくアメリカが拒否権を出すことは分かっているので、結局イスラエルは好き放題をしているということです。

現在のレバノン情勢に対しては、イスラエルにしてみれば、目の上のたんこぶ的な存在の、イスラム教シーア派民兵組織のヒズボラの壊滅か弱体化を目指していることは誰の目にも明らかです。

対してアメリカは、イランやシリアの支援を受けているヒズボラを邪魔扱いしていることはイスラエルと同じスタンスですが、だからといって直接的に手を下すことは対イラン、ひいては対イスラム圏との軋轢をこれ以上大きくすることになるので、なるべく避けたいところです。

ということで、アメリカはイスラエルをある意味利用しているということになります。

だからといって、イスラエルが好き放題出来るのはアメリカのおかげだということとはちょっと違うと思います。

イスラエルは他の国と違って、常に国の生存権を賭けて周辺諸国と対峙していて、絶対に戦争に負けることが出来ないのです。
その決意は例の、ミサイルを撃てば言うことを聞くと思い込んでいるノーテンキなお隣さんと大きく異なっています。

詳しくは説明しませんが、その決意がある覚悟をイスラエルに持たせています。
つまり、国の存亡の危機に陥りそうになったとき、イスラエルは原爆の使用を躊躇わないということです。

あの国はいざというときは、絶対に原爆を使用します。そのことを世界各国が知っているからこそ、誰もそれほど強い態度を見せられないのです。

ある意味、イスラエルは北朝鮮よりもならず者国家と呼んでもいい国だと思います。
あれだけ悲惨で残虐な悲劇に遭った民族なのに、どうして同じことが他の民族に出来るのかが不思議でなりません。
自分たちはあれだけひどい目に遭ったのだから、何をしてもいいんだという、錯覚や傲慢さに支配されているのだろうかと思います。

個人的にですが、私はイスラエルという国は大嫌いです。

投稿日時 - 2006-07-31 00:36:17

お礼

ヨルダンではなくて、レバノンでした。

投稿日時 - 2006-07-31 01:50:28

ANo.1

国連で強制力のある決議をしようとすると、米国が拒否権を発動するので、何も決められません。

イスラエルに影響力があるのは米国だけなのですから、米国が仲介に動くしか解決策はないと思います。

投稿日時 - 2006-07-31 00:19:15

あなたにオススメの質問