こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

親名義の土地の遺産分割(長文です)

相談させていただきたいのですが、
元々は父親名義の土地にて、長男が同居を前提として
長男名義の建物を父親名義の土地の上に建てたのですが、
父親の死亡と共に、母親は長男家族と住むのが嫌になり、家を出て賃貸に住み、土地の権利は母親がすべて相続したのですが、その土地の上にそのまま長男家族だけが住んでいました。ここでその母親が死亡をし、私と長男がその土地を遺産分割することになるのですが、長男がお金が無く、お金を支払えないとか、追い出さないでくれと言って来て困っています。遺産放棄するつもりは無いのですが、
この場合、土地を共有名義にするしかないのでしょうか?
金銭での話し合いには応じてくれそうもないのですが、共有名義の場合、将来的には私の子の代でまた同じように面倒くさい事になるのは避けたいのですが。
長男には居住権みたいなものが存在するのでしょうか?
何か良い方法はありますでしょうか?
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2006-08-06 09:44:50

QNo.2322542

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

父母とも健在時に、父親名義の土地に長男名義の建物が建てられた。(土地賃貸借契約はなかった。)
その後、父が、続いて母が亡くなったわけですね。
これで、その土地は長男とpapajiさんが相続したのですね。
それでしたら、papajiさんが単独で共有持分の登記ができますから、それをして下さい。
そして、持分割合が確定したなら、その持分に応じた地代と同額の損害金が請求できます。(長男にですよ)
それを支払わないなら取り立てのため競売がではます。
それと、もう1つの方法として、土地をまるごと競売する方法もあります。専門語で共有物分割請求事件と云います。
なお、その競売で買い受けた土地の所有者は、建物の収去ができます。
最後は、強制的に建物を取り壊さるを得ませんし、勿論、出て行く必要があります。

投稿日時 - 2006-08-07 15:24:39

ANo.2

一般人の自宅相続の場合大抵は、名義については居住を継続する側に所有権を名義集中するしか解決策は無さそうに考えます。本件では兄名義での建物建築や母親の介護の約束の反故といった点が介在して色々と主張したい部分があるのかも知れませんが、自宅土地がニ分割して二者で利用できる大きさが無いのであれば、兄弟各々が権利を主張するよりは、現実的な解決に向けて双方が譲歩する他無さそうです。

(1)兄が土地、弟が現金他資産という形で相続財産の分割をする。
(2)上記(1)によると弟の取分が明らかに少ない場合には、「代償分割」という手法で、兄から弟への現金交付を行う。
(3)自宅不動産を外部売却した上で、建物+土地代の半分を兄が、土地代の半分を弟が確保する。
(4)自宅土地の持ち分を1/2づつ兄弟の名義にする。兄から弟への地代支払を行うか否か・土地の固定資産税負担を弟がするのか等は両者で協議する他無さそうです。

投稿日時 - 2006-08-07 09:19:22

ANo.1

◆長男名義の家を建てた時に建築費はどのようでしたか?
長男さんがそのお金を自分で出していたりローンを組んでいれば関係ないですが、誰かに出してもらっていた場合はそのお金は生前贈与となります。ですから、長男さんは土地の相続分からそのお金を差し引いた分の相続しかありません。

◆長男さんにお金が無い場合は、土地は分割せざるをえませんが、その土地に住んでいますので、地代を請求することができます。

◆きちんとしないと長男さんだけが得をして居座ることになります。最初が肝心です。

◆居住権はあるでしょうが「タダで住む権利」はありません。相続以上の土地に住むことになるのですから、借地代を払うべきでしょう。それができないのであれば、土地を相続しない、とかの取り決めとするべきです。

投稿日時 - 2006-08-06 09:55:06

補足

ご回答ありがとうございます。
建築費はすべて長男がローンを組んで建てたようです。
生前贈与分は無いと思われます。

なんとなく、お金がないと聞くとこちらがひけめに感じてしまうのですが、そうですよね。最初が肝心ですね。
もう少し考えて見ます。
有難う御座います。

投稿日時 - 2006-08-06 10:20:14

あなたにオススメの質問