こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカのカーディーラー

よろしくお願いします。
アメリカに駐在になりました。アメリカなので当然車が必要です。(会社は面倒を見てくれません。)
あちらこちらのディーラーを見ていますが、現在ガソリンが高いこともあって、日本車のコンパクトカーやハイブリッドカーは大人気です。私もそういうタイプがほしいのですが、新車にせよ中古車にせよ、とても高いし、ディーラーも強気です。(横柄で腹が立ちます、トヨタなのに!) それにしても、ネットで調べた新車のsuggested価格や市場流通価格よりも高いのはどういう訳でしょう? ディーラーの言い値で買わざるを得ないのでしょうか? キャッシュで買っても値引きしないと言いますし、取り寄せのシステムもないようです。新車を買うのに「今そこにある車」しか買えないらしく、オーダーできないと言います。
また、どうもディーラーではアフターサービスがないようで、何かあったらメーカー保証期間内であれば、メーカーに問い合わせるようです。
アメリカのカーディーラーとは、こんな感じなのでしょうか? 何かアドバイスがありましたら、お願い致します。

投稿日時 - 2006-08-18 03:16:44

QNo.2346158

yo_

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

小型ハイブリッドカーは同サイズのコンパクトカーに比べて価格が高いので燃料費だけの観点からすれば割高です。ロスでは1人でもHOVレーン(乗員が2人又は3人以上で走れる優先車線)を走れる権利を申請できるので注目を浴びています。ただ割り当て台数が満杯になりそうなので要注意です。
ディーラーとのネゴは需要と供給のバランスなので強気の場合には何も出来ません。年式の変わる時期だとネゴできるチャンスです。人気が有るのでプレミアで定価+$2000とかで売られている車もあります。「今そこにある車」を買うのは当たり前の事です。ただ言い値で買う気なら入荷予定のリストから選ばしてくれる会社もあります。
アフターサービス=メーカー保証期間内であれば、何処(他州でも)のディーラーに持って行っても同様の修理サービスを受けられます。
現実的なアドバイスでは:
http://www.edmunds.com/  で好きな車種を決める。
http://www.edmunds.com/insideline/do/ForumsLanding  で選んだ車種を調べると「私の購入価格」を投稿している事が多いので参考にする。
http://www.costco.com/ CostcoのメンバーになりディーラーのFleet Serviceと交渉する。コチラでは価格をハッキリと提示してくれます。
http://www.carmax.com    Carmaxは価格を提示するディーラーです。ネゴは出来ません。近くに無くてもサイトで価格の比較は出来ます。
新車の購入時にオプションの7年100,000マイルの保証等とか言われますが、個人の経験では元が取れるような故障は体験していません。友人いわく「そんな心配をする車を保証まで払って買うほうが駄目」って言っていましたね。そう思います。

中古車を買うならAAAで紹介してくれる修理工場や知り合いの紹介の工場で車のチエックを購入前にして貰いましょう。

余談ですが客がインターネットで勉強をして買いに来るので新車を売っても儲けが低く。中古車で「ディーラー保証」等と付加価値をつけて売った方が儲けられるそうです。

投稿日時 - 2006-08-18 05:07:11

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-08-18 14:52:44

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

◆ディーラーが強気
#1の方が仰っているように、ディーラーが強気なのはその車に対する需要が高いからです。「貴方に売れなくても他に売れる」というのがディーラーの本音。態度は確かに日本に比べたら横柄かもしれませんが、私はむしろ客を神のように扱ってくれる日本の方が希少だと思っています。ここは日本ではなく、アメリカ。文化が違うことを理解し、ディーラーを売り手としてではなく交渉相手として見ながら話し合いを進めていくべきです。Hybridなんかは特に需要が高まっていて割高感が強いですね。Priusを除いては、ガソリン代を差し引いてもNon-Hybrid車の方が最終的に安くつく場合がほとんどです。ガソリン代+ローンで月額いくらになるかを計算してみると、どっちが安いかすぐに分かると思います。お金のことを考えるのなら、当面のあいだ「買い」はハイブリッドではなくガソリン車です。

◆ディーラーの言い値で買わざるを得ないか―
ディーラーは下取り価格にかなりのマークアップをつけて売っているので、言い値でしか買えないということはありません。向こうにとって利益の出る値段までなら、交渉次第で下げることが出来ます。それにはまず買い手側が"Homework"をやっておかなくてはなりません。その車に対する需要や市場価格を把握するということです。ディーラーは交渉のスペシャリストなので、ぼったくれる相手からはとことんぼったくります。Kelley Blue Book (http://www.kbb.com/)などを参考にしながら、相場を調査・理解し、必要以上の金を取られないように注意してください。また、割引の度合いはディーラーによっても違うので最低5箇所は周ってみることをお勧め致します。気に入った車があればVINナンバーを教えてもらい、CARFAXで事故歴を調べる。これも大変重要です。(http://www.carfax.com/

◆キャッシュで買っても値引きできない―
これは、出来ます。渋って高いお金を出させようとしている場合や、他に売れる筋がある場合などは値引きが利きにくいこともありますが、通常100%ダウンであれば15%くらいの値引きも期待できます。が、交渉するときに具体的な数字を出してはいけません。交渉のテクニックは省きますが、100%ダウンであれば有利に話し合いが進められることは間違いありませんよ。

◆新車を買うのに「今そこにある車」しか買えない―
向こうにとってもビジネスなので、在庫から片付けたいのは当たり前です。しかし、中古も捨てたもんじゃないですよ。在庫の中には新車同然の状態で売られているものも多く、表示価格こそ新車並みですが、在庫にある以上は向こうにとっても処分したい売り物であるわけで、交渉次第である程度の値引きが期待できます。在庫=狙い目。私の周りには好んで新車を買う人はほとんどいません。よほどの金持ちか世間知らず、またはカーマニアのみですね。皆、新車こそが最大のぼったくりであることを知っているからです。(年収200Kクラスで経済的に余裕のある方であれば、当然見方は変わってくると思いますが)

◆アフターサービス
アメリカに車検がないことはご存知ですか?基本的に、アメリカでは車のメンテはオーナーの自己責任です。保障期間内であればメーカーへ。保障期間外であればお金を払って最寄のショップで直してもらう。売ったらおしまい。アメリカのディーラーとは、こんな感じです。

その他参考サイト:
http://www.edmunds.com/ (候補車をリストアップする際に便利です)
http://www.autotrader.com/ (欲しい車が決まったらここで探してください。相場を調べる際にも便利です)
 
 

参考URL:http://www.kbb.com/, http://www.carfax.com/, http://www.edmunds.com/, http://www.autotrader.com/

投稿日時 - 2006-08-18 06:50:42

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-08-18 14:53:23

あなたにオススメの質問