こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

飛び込み営業で契約に至る順序

飛び込み営業というのは、まさにいきなり飛び込む営業ですが、そこで疑問なのが契約の結び方です。

いきなり飛び込んで、その場で契約まで結ぶ客が今時いるのか疑問です。
世間でいう飛び込み営業というのは、本当にその日のうちに契約まで結ぶ営業スタイルのことなのでしょうか?

それとも、初回はチラシやパンフレットなどを渡すとこまで持っていけば良くて、後日商談や見積もりを出すというのが通常なのでしょうか?

飛び込み営業は、どんな順序で契約を結ぶのが多いのでしょうか?
初日で契約まで持ってくやり方があるとしたら、どんな業界・商品が多いのでしょうか?
法人・個人どちらも知りたいです。

投稿日時 - 2006-08-20 19:02:59

QNo.2351357

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私の経験から言うと、飛び込みから、契約に至るまでは、大体2年から2年半位でした(その間、月イチペースで通っていました)。
法人営業で、数百万程度の物です。
最短は3ヶ月くらいかな。

>初日で契約まで持ってくやり方があるとしたら、どんな業界・商品が多いのでしょうか?

単価が安い(数百円~数千円)で、個人営業の物。
例えば、ヤクルトなど。

投稿日時 - 2006-08-21 09:55:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ご存知とは思いますが、飛び込み営業というのは、ルート営業のように、既存の顧客を回って営業活動をするスタイルでなく、また新規顧客からの引き合い(電話問合せや最近ではインターネットから)に対応するスタイルでもなく、どこかから入手したリスト(合法的であるかが最近の課題)や、現場に行ってしらみつぶしに、一件づつ訪問して「いかがですか?」とやるスタイルのことです。

どこまでの成果を求められるかは、販売するものにもよると思いますが、子供の教育機器や塾、通信教育的なものであれば、即日契約もあるでしょうし、健康食品とか変更補助食品なども即日契約もあるでしょう。

例えば、自動車(新車)だってDM送って展示場に来てくれた見込み客と商談するってスタイルが一般的でしょうけど、団地を一件一件回るっていることもあるんじゃないかと思います。(効率的でないと言われるでしょうけど)

効率ばかりを言っていて、成果(営業成績)が伴わないのは本末転倒ですから、「効率より効果」って肝に銘じています。

新規顧客の開拓は、セオリーはあるにしても「効率より効果」です。

投稿日時 - 2006-08-20 19:18:19

あなたにオススメの質問