こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国際結婚(タイ) 婚姻は日本とタイとではどちらがスムーズでしょうか?

タイ人女性との結婚を考えています。交際2年を経て来年結婚式をして、日本に連れてきたいと思っておりましたが、国際結婚の方法をインターネット等で調べていくうちにとてもハードルの高いものだと実感してきました。また日本入国VISAの発給が数ヶ月かかるものと聞いたので、できることは早めにしたいとも思いました。

日本で先に婚姻する場合とタイで先に婚姻する場合とではどちらが手続き上難しくないでしょうか?また、在留資格認定書に関しては初めは観光VISA(90日)を取得してから、その後タイへ帰国して再度申請をした方が在留資格が取得しやすいとも聞いたのですが実際はどうなのでしょうか?

私はタイ語の読み書きはできません。彼女は日本語の読み書きはできません。私がタイに行けるのは年間で2~3回ほどです。来年1月には日本で先に婚姻を済ませたいと考えていますが、タイで先に婚姻をした方が手続き上簡単なのであれば予定を変更したいと思ってます。今年は11月に母親を連れて彼女を紹介できるので、その時にでもタイで必要な書類は全て揃えたいと思っています。

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2006-08-21 10:35:09

QNo.2352470

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>現在の予定では、来年1月に日本で入籍し、受理された時点でタイで入籍の手続きをして、7月にタイで結婚式を挙げる予定です。
>この場合、在留資格認定証明の申請のタイミングはどのあたりがよろしいでしょうか?

「在留資格認定証明の審査をなるべく早い時期に終わらせ、かつ婚姻の信憑性を補強する資料を確実に入管に提出しておきたい」という意図と解釈しますと、7月の結婚式の写真および家族身分登録証謄本の提出時にまだ審査に入っていないか結審していない時期を逆算することになります。

現在、日配の在留資格認定は混雑度合いが増していて、4ヶ月半から半年かかる状態です(東京入管の場合)。この混雑が継続すると仮定すれば、2月から4月頃に申請すれば審査時に追加書類を提出できることになります。
ただし、混雑度合い(バックログの度合い)はそのときになってみないと入管職員にも予想できないこと(例年11月末から3月末は全体的に申請が増えること、人事異動が2、3月に発表されることは折込済みとします)、バックログが長くなる傾向が長期にわたると内部制度を変え効率向上を図ることなどから予想は困難です。
安全度を勘案してということであれば、5月末から6月末の間に申請するとともに、結婚式の予定を「結婚に至る経緯書」に書き追加書類が用意できしだい提出するつもりであることをアピールすべきでしょう。

上記は東京入管管内(横浜を除く)のことですので、他の管内ですとバックログ状態が全く異なります。ご注意ください。

投稿日時 - 2006-08-23 19:58:40

お礼

たいへん分かりやすい御説明、誠にありがとうございました。
当初は、長期に渡るであろう手続きの煩雑さに半ばあきらめようかと考えたりもしましたが、wellow様のおかげで希望を見い出すことができました。
彼女との幸せを諦めずに掴んでいきたいと思います。

投稿日時 - 2006-08-24 18:02:20

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>日本で先に婚姻する場合とタイで先に婚姻する場合とではどちらが手続き上難しくないでしょうか?

日本を先にした方が楽でしょう。タイで先に婚姻手続きする場合、以下の傾向があります。
・用意する書類の数が多い。
・一連の手続きが終わるまで日本人配偶者はタイにいる必要がある(通算3週間程度)。
・日本人配偶者は職を持ち、収入があり、かつ上記の期間休めなければ事実上手続きが難しい(日本人配偶者が男性で、日本で生活している場合)。

>在留資格認定書に関しては初めは観光VISA(90日)を取得してから、その後タイへ帰国して再度申請をした方が在留資格が取得しやすいとも聞いたのですが実際はどうなのでしょうか?

渡航暦があれば、在タイ日本大使館領事部の査証審査は簡略化される傾向にあります。ただし超過滞在などが無いことが前提です。在留資格認定の場合、どのような影響があるか不明です。

>私はタイ語の読み書きはできません。彼女は日本語の読み書きはできません。

どのように意思疎通をしているか、またそのレベルは、といったことは、在留資格認定でも査証申請でも尋ねられます。

>今年は11月に母親を連れて彼女を紹介できるので、その時にでもタイで必要な書類は全て揃えたいと思っています。

その際に必要な書類を全て整え、帰国後、日本で入籍手続きをして、戸籍の編成が為されたら、入管に在留資格認定証明を申請されることをお勧めします。結婚式の写真やタイ側への婚姻報告はできるだけはやく済ませた方が良いですが、数ヶ月以内に予定があるのであれば、追加書類として入管に提出できます。

投稿日時 - 2006-08-22 10:44:40

お礼

詳細な部分までご説明いただきありがとうございます。
彼女との会話はほとんど日本語でやりとりしています。彼女の日本語の会話レベルは下の上程度ですので、込み入った話や大事な話は英語のメールでなんとか意思の疎通をはかっています。

ご回答いただいた部分で質問があるのですが、
>結婚式の写真やタイ側への婚姻報告はできるだけはやく済ませた方が良いですが、数ヶ月以内に予定があるのであれば、追加書類として入管に提出できます。
とありますが、結婚式は両国での婚姻を済ませた後で執り行いたいと思っておりますので、在留資格認定証明の申請を入籍直後に行う場合、結婚式の写真など用意できませんが問題あるでしょうか?

現在の予定では、来年1月に日本で入籍し、受理された時点でタイで入籍の手続きをして、7月にタイで結婚式を挙げる予定です。

この場合、在留資格認定証明の申請のタイミングはどのあたりがよろしいでしょうか?

たびたび申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2006-08-23 06:33:08

あなたにオススメの質問