こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

税理士事務所から一般企業への転職

こんにちは。
私は今、税理士事務所から一般の企業への転職活動をしているものです。
理由は、働きながら勉強していましたが、仕事の片手間ではとても合格
することはできる資格ではないと思ったからです。
勉強を始めて6年、1科目も合格できませんでした。
給料の安い事務所でこれからも合格に向けて勉強を続けるメリットとデメ
リットを考えると、やはり転職をしたほうが有利だと思うからです。

具体的な理由は
1・働きながらの合格は時間がかかりすぎる、もしくは無理
2・私の事務所は仕事量的に勉強する時間はあるが、給料が安い
です。

今年31歳をむかえ、結婚を考えている今、このままの給料ではやっていけ
ません。また、税理士事務所に入社して10年で合格できなければ見切りを
つける、とういう期限を設けたからこそ勉強を続けられたのだと思います


一般企業への面接で、転職理由は?志望動機は?と聞かれた際、「税理士
をあきらめたから・給料が安い」というネガティブなことしか頭に浮かん
できません。

同じように税理士事務所から一般企業へ転職した方、志望動機や転職理由
についてなんと回答しましたか?
同じような境遇の方、これからなんと回答しますか?

是非教えてください!!

投稿日時 - 2006-08-24 09:33:39

QNo.2358841

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

以前総合事務所(税理士、社労士、中小企業診断士等)に勤務しており、新興上場企業の人事に転職・在職中です。

一般的に税理士事務所の年収が企業より安いことは周知の事実です。年収が安いことを転職理由として問題ありません。
また、上場企業経理には税理士・公認会計士合格者、科目合格者、試験を辞めた方が多くいます。試験勉強をされていたことを面接でお話すれば、ご質問者様が多くを語らずとも状況を理解するかと思われます。

私の志望動機ですがこの企業でどんな形で能力を発揮したいか(自分のキャリアプラン)を前面に出し、年収面については希望額を伝えた程度で交渉はしませんでした。
※年収面については相手の出かたを見ながら進めるのが良いです。私は希望額が通ると判断した為、敢えて交渉しなかっただけです。

就職活動中に実感しましたが、事務所経験をマイナスと捉える企業が多くあります。
それは
1.マネジメント経験が一般企業に比較し劣る
2.事務所に対する理解不足のため、人事側が活かし方を知らない
1は事実ですので認識しなければなりませんが、2は応募書類の時点から自分の活用方法を提案してみてください。

また、事務所経験者の最大のアピールポイントは、仕訳一つにおいてもプロ意識とプロのリスクが発生する点です。その辺は一般企業経理にはないと思われます。アピールしてみてください。

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2006-08-26 17:14:29

お礼

お返事、ありがとうございます。
今度面接を受ける企業が上場企業で、本支店経理・連結決算の経験が必須条
件とされています。
今の事務所では中小・零細零細企業がほとんどで、連結決算などの経験があ
りません。連結決算の処理などについては日商1級や簿記論で勉強済みですが
、実務レベルの経験がありません。
しかし、連結特有の処理は別として、日々の業務は本支店・子会社との連携
ではないかと思い応募しました。
マネジメント不足・事務所に対する理解不足で困難ではあると思いますが、
企業内部での自分の活用法を提案してみます。

大変参考になりました、ありがとうございます。

投稿日時 - 2006-08-28 13:46:18

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問