こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

海外赴任とパスポートの有効期限。

現在、結婚をしたばかりの女性のものです。
現在、有効期限が残り5年の旧姓のパスポートを持っています。
この年末に海外旅行に行く予定です。
その時には、パスポートの氏名変更をする予定でいます。

そこで、氏名変更の際に、新規申請にするか訂正申請にするかで悩んでいます。

というのは、もしかしたら2年後くらいに主人の海外赴任が決まる可能性があるのです。期間は3年間です。

「海外赴任が決定したら」という仮定の話ですが、海外赴任中に、パスポートは更新できるものなのですか?
2年後に海外へ赴任する時には、パスポートの有効期限が1年以上(3年)残っています。私が調べたところでは、パスポートの申請は、新規の場合は期限が切れた時に、切替の場合は有効期限が1年未満のときにできるとのこと。ということは、赴任前の時点では切替申請や新規申請ができないので、海外へ滞在している間に有効期限がせまってくるということになります。

氏名変更の際には、新規に申請できるとも書いてあるので、
今回の氏名変更の時に新規にすれば、海外赴任中の期限切れの心配はしなくてよいのですが、今現在5年の有効期限があることから、勿体ないような気がしています。

もし、海外赴任やパスポートのことについて、詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答をよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2006-08-26 09:13:33

QNo.2363128

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

かなり前になりますが、親の赴任にくっついていった経験から。

赴任先の国の事情によると思いますが、駐在員ビザは、普通、パスポートに押されます。(駐在員の家族も、事実上、駐在員ビザです。)
そうなると、パスポートを切り替えたからといって、ビザもコピーはしてくれませんので、いつまでも(当然ですが、滞在中いっぱい)古いパスポートも一緒に持ち歩くハメになります。

また、別の質問にもありましたが、旧姓でのパスポートは、普段は問題にはなりませんが、現地で運転免許をとるとか、トラベラーズチェックを用意するときとか、何かと面倒なことになると『予想』されます。
少なくとも私は、ローマ字署名と日本語署名の併記の時代(20年くらいまえ?!)から片方へ統一の時代(現行)への切り替わりに遭ってしまい、ローマ字署名で作ったトラベラーズチェックの換金時に日本語署名のパスポートになっていたため、散々な目に遭いました。

以上のことから、やはり現在の姓名と本籍地で、10年のICチップ入りパスポートがお勧めです。
海外赴任は、それでなくとも色々なトラブルやストレスに遭うことが多いですので、少しでも面倒の原因は潰しておくことをお勧めします。少々の「もったいない」は、保険だと思ってどんどん切り捨てるべきでしょう。
これから先、お子さんがお生まれになることもあるでしょうから、そうなると子供の併記などということも考えられます。このときも、残存期間などためらうことなく切り捨てるべきで、こういう新しいことに対処するために現地での切り替え(はっきり言って、かなり面倒)の手間を使うべきだと思います。

eee5454さんのご発展をお祈りします。

投稿日時 - 2006-08-26 10:57:27

お礼

早々のご回答をありがとうございました。
海外赴任に行くことになった時には、新たなパスポートを作ったうえで臨もうと思います。「海外赴任はそれでなくとも色々なトラブルやストレスに遭う」本当にその通りですね。しかも、頻繁に海外旅行をしているわけでもないので、色々な苦労をすることと思います。日本でできることはやってしまうことが得策ですね。
また、署名のことも全く知りませんでした。海外赴任の時には、パスポートやクレジットカードなどのサインも全てローマ字で統一にできるよう徐々に切り替えていこうと思います。
本当に、無知な私に、情報提供をしていただきありがとうございました。

投稿日時 - 2006-08-26 13:04:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

28人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

海外在住者です。
赴任先の日本大使館、若しくは日本領事館で、在留日本人のパスポートは手続きしてくれますので、安心してくださいね。

但し、注意点が2つあります。
(1)パスポートは現地の大使館(領事館)が発行するものではなく、旧パスポートと申請用紙が現地から日本に送られ、日本国で発行後に現地に届けられます。従って赴任地にもよりますが、ひと月くらいパスポートがない状態になりますので、その間、その地から海外には渡航出来ません。勿論、身内の不幸等の緊急の場合は臨時のものを発行してくれますが、結構厄介です。ですので、余裕がある時に申請される事を薦めます。

(2)赴任地に3年程度いらっしゃると言う事は、現地の在留VISAが必要になると思われます。これは赴任直後に必要になり、現在にパスポートにスタンプなり、シールを張られますので、新規(継)パスポートを申請しても、古いものも常時必要になり、いつも2冊を持ち歩く事になります。

ちなみにパスポートの申請は、旧パスポートの残日数に関わらず、作る事が出来ます。勿論、残日数分は無駄になり、パスポート番号も変わります。

尚、今年の3月からICチップ入りのパスポートになっていますので、もし赴任地がアメリカであるなら、赴任される直前に新規に10年パスポートを作られた方が良いような気がしますよ。

投稿日時 - 2006-08-26 11:14:40

お礼

海外からのアドバイスをありがとうございます。
海外で申請するには、日本でつくる以上の相当な時間を要してしまうのですね。いつ何が起こるかも分からないし、緊急時にパスポートの申請のために足止めをくらってしまう場合も想定すると、赴任の前に新規でパスポートを作成することが得策だと思いました。
いつも2冊持ち歩くっていうのも大変ですよね、、。
旧パスポートの残日数に関わらず作ることができるということが分かって安心しました。どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2006-08-26 13:11:19

ANo.1

パスポートは、国外でも取れます。
赴任先の近くに領事館があれば、割合苦にもならないでしょう。
参考URLを貼り付けて起きます。

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_5.html

投稿日時 - 2006-08-26 09:51:26

お礼

早速のご回答をありがとうございました!!
国外でもとれるのですね。いろいろ調べたつもりでしたが、外務省のホームページにも記載されていたのですね。その他の情報も色々のっていて勉強になりました。どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2006-08-26 12:52:42

あなたにオススメの質問