こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

タイムマシンは絶対にできない、と思うのですが。

今日ふと思ったことです。

もしタイムマシンが未来にできるのだとしたら、その未来の人はきっと過去に戻って大きな災害を未然に防ごうとすると思うんです。特に、他の国が反対してもアメリカなんかは絶対911をなかったことにすると思います。僕ももし発明されたのならば脱線事故や地震災害なども起こる前に何らかの処置をしたいと思いますし。。。

でも、実際にその事故はもうすでに起こってしまっているわけですよね?

もし未来の人がその事実を修正するのだとしたら、修正した時点でその事故はなかったことになるわけだから、その自己自体の存在がなくなるはずなのに、現にその事故は起きていて、犠牲者は犠牲者のままだし僕たちの記憶にも残っている。


このことはこの先何億年たってもタイムマシンは絶対に発明できないってことになるのでしょうか??

質問というか、ふと思ったので書き込んでみました。この分野に詳しい方、ご意見をお聞かせいただけるとうれしいです。

投稿日時 - 2006-08-26 13:43:20

QNo.2363583

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

46人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(29)

ANo.29

 最近、光量子1個の速度を正確に測定して光速度を超えられない事実を確認した物理学者の論文が発表されていますが、これを根拠にタイムマシンは不可能という主張が再燃しているようです。

 しかし、本当にそうでしょうか。太陽系の惑星と他の星の惑星系を比べてみると、一致しない点が非常に多いのですが、特に不自然なのは、水星軌道の内側に惑星が存在しない点であるようです。

 従来までは太陽に近い軌道は一般相対性理論によって惑星が出来ないのが証明されていると考えられていて、他の星でも太陽系と同様の惑星系しか存在しないと信じられていました。それが系外惑星の観測結果では、他の恒星に巨大惑星が数え切れないほど見つかり、どれも恒星のすぐ近くで、水星軌道の内側にある惑星ばかりです。軌道も円軌道に近い安定したものばかりです。

 むしろ、太陽系の方が不自然なようで、なぜ水星軌道の内側に安定した軌道を持つ惑星が無いのか、説明が難しいようです。

 同じ事は、特殊相対性理論でも言えるかも知れず、太陽系の内側では光量子は光速度を超えられないのでしょうが、他の星では違うのかもしれません。

 一般相対性理論と特殊相対性理論が太陽系の中でしか通用しない理論だとしたら、宇宙に対する理解は一からやり直しになりそうですね。

 もちろん、タイムマシンの話も同じだろうと思います。仮に、太陽系と同じ法則が他の恒星も支配しているのだとしたら、太陽系は巨大なブラックホールの中にある天体で、時間が引き延ばされて遅くなっているので、他の星の惑星が速く公転しているように見えるので、恒星に近い場所に惑星があるように錯覚しているのだという話になり、「太陽系ブラックホール説」というのが出て来ないとおかしいのですが、誰も発表する勇気が無いようです。

 太陽系がブラックホールでないと説明出来ない現象が普遍的にあるのならば、タイムマシンが実現しないと断定するのは難しいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2011-07-27 19:49:46

ANo.28

前回回答したJustice_ghです。
ここで訂正いたします。
NASAの映像で葉巻型のように見えるのは未確認物体ではなく、地球製のTetherという人工衛星でした。
棒状に見えるのは地球磁場圏で発電した電力を蓄積装置に接続するための長さ約20Kmのケーブルです。
大変失礼致しました。

問題はそれに群がるクラゲのような謎の物体です。
NASAは人工衛星Tetherのリリースの時はこれら謎の物体については無視して地上と交信していますが、別枠ではちゃんとカメラで追尾、捕捉して記録を取っています。

実はこれと全く同型の飛行物体がイギリス上空に現れ、地上からカメラで捉えられました。
この物体は確実に地球軌道上や、地上地近くに現れています。
また地球軌道上ではスペースシャトルの行動を常に監視(追尾)しています。


NASAが地球軌道上で捉えたクラゲ状の物体とほぼ同じタイプのものがイギリス上空にて地上からカメラで細くされた映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=gUCHTTrLg6w&feature=related

投稿日時 - 2010-07-05 01:17:53

ANo.27

「もし未来の人がその事実を修正するのだとしたら、修正した時点でその事故はなかったことになるわけだから、その自己自体の存在がなくなるはずなのに、現にその事故は起きていて、犠牲者は犠牲者のままだし僕たちの記憶にも残っている。」

あなたがおっしゃる通りです。
これがタイムマシンの思考で重要なポイントだと思います。

一番大事なのは時間の先頭がどこかですね。
宇宙が誕生して一番先頭の時間(時代)を進んでいる人はそれより先の時間は無いという事になるので、未来には行けないと思います。但し、特殊相対論の有効な範疇でその先頭の時代の人が光速度の75パーセントの宇宙船で移動すれば、宇宙船の外の時間は2倍で進みますので未来には行けるでしょう。
また宇宙の時間と事象がCDのように記録されている場合、過去の時間を進んでいる人も、上記と同様の方法で未来には行けるでしょう。但し、この場合は先頭を進む時代より未来には行けないことになります。

しかし、過去に行く技術ができるのかということは、すみませんが私には分りません。

最後に、話しはタイムトラベルとは全く違いますが、テレポーテーションの方が現実的ではないかと思われます。
下記のURLは、NASAの暴露映像版で真実です。
この映像の後半ではスペースシャトル・コロンビアが衛星をリリースするミッションで宇宙空間に静止し、長さ12マイル(約20Km)もある細長い未確認物体と、それを取り巻くように無数のクラゲの頭状の物体がゆっくりと飛行する様を偶然捉えた映像があります。その状況を説明するために、コロンビア号の飛行士が地上のミッションコントロールとやりとりする生々しい記録です。
下手なSF映画よりそのリアルさには迫力を感じます。
また、最後の方に、そのクラゲの頭状だけの物体が地球を眼下に捉えられています。
何とその物体は瞬間的に透明になり消えてしまうのです。
その現象については映像中で何のコメントもありませんが、あくまでも個人的な見解ですが、おそらく瞬間移動でもしているのでしょう。
興味があれば是非ご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=IhbuFlpaIGY&NR=1

投稿日時 - 2010-07-04 21:55:44

ANo.26

 潜水艦や宇宙船を使って海中旅行や宇宙旅行が出来る時代になっても、時間旅行は絶対に出来ないと断言出来るでしょうか。時間旅行が不可能な事を実証した実験結果があるでしょうか。

 パソコンが発明される前後でも同じことがありました。パソコンは絶対に実現不可能だとする理論や証明が山ほどあって、米国でパソコンが発明されなかったら、今でもパソコンは不可能だと信じ込まされていたでしょう。

 パソコンが発明された途端、今まで捏造した理論や虚偽の証明を振り回していた人達が何も言わなくなっただけです。世の中は、こういう事が多いのです。

 タイムマシンも同じだと思います。コンピュータを使ってタイムマシンをシミュレーションさせるのは可能ですが、マスコミは何も報道していません。

 世界中で実験が何度もおこなわれて確認されている事実では無いのに絶対に不可能だと断言されている問題は疑った方が良いです。

投稿日時 - 2009-07-24 00:10:58

ANo.25

そんな簡単な理屈では通用しません。
時間と言うものは1つの世界に1つ流れています。(そう考えられています。)しかし、この世界が1つしか存在しないと言う証拠はどこにもないのです。
例えば一人の男性が自分が生まれる前の世界に戻って両親を殺したとします。
するとその男性が生まれないことになるわけだから・・・とあなたの理論はそうですね。
しかし「時間」を観念に研究する学者達の多くの理論はそうではありません。
確かにその世界から消えた両親からその男性は生まれないわけではありますが、その男性が消えることはありません。
その男性が自分のもといた世界に戻ってもそこにはその男性の両親が生きています。
つまり、彼が過去を変えてその時点から変えなかった世界と2つ平行して世界が分かれるのです。
要するに誰かが歴史を変えてもその誰かが存在する未来は変わらず、平行してもうひとつの世界が増えるだけなのです。
このような有力な説が存在する限り、タイムマシンの存在は無理。とは断言できないのです。

投稿日時 - 2008-06-11 20:19:18

ANo.24

現実の世界は4次元時空なのに、1次元の時間しかないと思い込んでいて、タイムマシンは絶対に不可能と思い込む人が多いようです。
しかも、「時間」について何もかも分かっていると勘違いしている人がほとんどです。
物理学の専門家でも、「時間」について分かっている人は多くありません。

>「多世界解釈」、つまり、時間を遡った時に世界が分岐するとしたら?という考え方ですが、オカルトで言う、「政府の陰謀」や「神がそういうように世界を作った」という話と同レベルなんですね。これではそれらの話と同様に「到底科学とはいえない」のです。「何でもあり」な世界観ですから。(注:一部省略しました)

この回答が、物理学そのものが分かってないのに分かったつもりでいる人の一例です。

投稿日時 - 2007-01-13 22:15:35

ANo.23

タイムマシンXがあったとして、例えば地球上のAという地点で1ヶ月後に移動するとします。
一ヵ月後のAは地球上なのでしょうか。
地球は自転・公転し、太陽系・銀河系も回転、また宇宙自体も物凄いスピードで膨張しているといいます。
従って、タイムマシンを稼動させた途端に、生存不可能な空間に放り出され帰還できないと思います。たぶん。

投稿日時 - 2006-11-26 23:15:55

ANo.22

過去や未来に行けたとしても、同じ過去や未来には行けないとすれば、過去の事実を修正しても、修正した時点でその事故はなかったことにならないので、その自己自体の存在がなくなることは在りません。
修正してもまったく元通りとはならないので、修正する前の事実と修正した後の事実の両方の記憶が残り、タイムパラドックスの問題を回避できます。
このような、理論が実現すればタイムマシンは可能です。

投稿日時 - 2006-09-18 14:30:34

ANo.21

私も良く、タイムマシンを空想しました。そして、出た結論は、結局今の私たちには、タイムマシンの理論も、未来の人が歴史を書き換えたことも解らないということです。本当は、核戦争があって、地球が放射能だらけになっていたが、未来の人が、タイムマシンで歴史を書き換え、9.11事件程度で済んでいるかも知れませんが、現代のわれわれにはそれを検証する能力がありません。書き換えられる前のことは、記憶からなくなるからです。
 ちょっと、過去に戻って、あの時、あの女の子に声を掛けていれば、今頃は、彼女になっていたかも、とか、試験に合格していたかも・・なんて、たあいもないことを想像しましたけど、歴史を書き換えてしまうと、その時点から以後の歴史の流れも変ってしまい、歴史を書き換える前に存在していた自分が、実は、生まれないことになってしまうかも知れない訳です。これは、結構危険な話だと思います。
 過去は書き換えられないから良いのだと思います。過去を書き換えることができてしまえば、人は経験から何も学ばなくなりますから。未来も知る必要はないのです。過去を糧にして、今を生きることに、人としての価値があるような気がします。

投稿日時 - 2006-09-06 14:05:09

ANo.20

未来から来た人に聞くのが一番かと……。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC

投稿日時 - 2006-08-30 15:18:08

ANo.19

「他世界解釈」、つまり、時間を遡った時に世界が分岐するとしたら?という考え方ですが、この考え方は科学の前提となる「反証の可能性」を残しません。

つまり、オカルトで言う、「政府の陰謀」や「神がそういうように世界を作った」という話と同レベルなんですね。これではそれらの話と同様に「到底科学とはいえない」のです。「何でもあり」な世界観ですから。

また、それとは別に「エネルギーと質量の保存則」に違反(ある物体が過去に遡ったとしたとき、それ以降の宇宙ではその物体分、質量(エネルギー)が「消える」ことになります。これはエネルギー保存則に違反します)しますし、「二重存在の禁止(同じ物質が同時に二箇所に存在することはできないという法則)」にも違反します。

もちろん以上は「現代物理の結論」ではありますから「物理の範囲外で考える」ということならタイムマシンも可能になるかもしれませんが、それは「ここで議論すべき話ではない」でしょう。

投稿日時 - 2006-08-29 20:57:32

ANo.18

少し興味深く拝見させていただきました。

この手の議論をする際に最も重要なのは、ここで言う「タイムマシーン」とはどのような機能を持ったものなのかということだと思います。その点が各自ばらばらで不毛な回答しかないように思えます。


おそらく質問者さんを含め多くの方がイメージされるタイムマシーンとは、ドラえもんやSFなどに出てくるような、時間軸を自由に行き来できる乗り物もしくはそのような機能を持つ物体のことだと思います。

これは「過去に戻りたい」という人間の欲望を描いた空想上の乗り物ですが、この空想に科学的根拠は一切ありません。実現の可能性が全く無い話ですので、科学の世界で取り扱われることもまずありません。


科学の世界で取り扱われるのは、このような空想の「タイムマシーン」とはだいぶ異なります。

A地点からB地点まで移動するのに物理的に可能な最速の速さ(光速)で移動したとしても1年かかる距離があるとします。このとき、空間をねじってA地点からB地点まで移動が出来るとすると、1年未満の時間で移動が可能になるわけです。このとき、物理的な移動に加え、存在できるはずのない時刻、すなわち過去に移動したとみなすことが出来るわけです。

具体的に説明します。
A惑星から光速で1年かかるB惑星に旅行をすることを考えます。
2100年1月に出発すると、光速で移動し続けても2101年1月の到着になります。しかし、空間をねじってワープすると、2100年2月に着くことが出来、このとき2101年1月から2100年2月に移動したとみなすことが出来るという話です。

ここで誤解してはならないのはA惑星の現在時刻よりも過去に移動できるわけではないということです。

…実現のためには乗り越えなければならない壁はたくさんありますが、理論的に可能です。ので、将来的には可能かもしれません。


しかし質問者さんのイメージされる「タイムマシーン」とは異なるのではないでしょうか。ドラえもんやSFの世界に出てくる「タイムマシーン」は絶対に不可能です。

質問者さんの疑問はきわめて正常でかつ正しいです。また知識があまりないのに「出来ないはず」と思えるのは論理的能力が高い証拠だと思います。日経サイエンスやニュートンとかの大衆科学雑誌レベルでもいいので、少し勉強されるといいと思います。

投稿日時 - 2006-08-29 11:32:40

ANo.17

いろんな意見が出ているようですが、「過去」とは何かをはっきりさせないと結論が出せないと思います。
私が思うに「過去」とはそのまま時間経過すると「現在」に至る時間と場所のことをいうと思います。そうでなければ「過去」に似た(または似ていない)どこかであって「過去」ではありません。私が勝手に「過去」と名前をつけた部屋となんら変わりません。
そう考えると「過去」へ行くということが可能かどうか考えるまでもありません。

投稿日時 - 2006-08-28 18:57:52

ANo.16

>タイムマシンは絶対に発明できないってことになるのでしょうか??

世界が、1つしかないと考えるといわゆる「時間のパラドックス」が発生するので、
「タイムマシンは絶対に発明できない」と思われるのでしょうが、        
世界が無限にあるとしたら「時間のパラドックス」は発生しません。
そして、未来も過去も無限にあるなら、タイムマシンを創ることは可能です。

時間(四次元時空と表現するほうが適切かも知れませんが)に関する物理学理論は、
未完成なので現時点で、タイムマシンができるか?できないか?を、結論付けることは不可能です。

>>「原理的に不可能」ですから、忘れてしまっていいでしょう。
との言い回しは、『私見では、不可能と考えています』と読み替えましょう。

投稿日時 - 2006-08-27 21:05:49

ANo.15

私はタイムマシンを研究も開発も関係していません。
そう、全くの部外者ですが、

昔のひとは、何故預言したのでしょうね。
タイムマシンがあったからかな?。
それとも、未来を見通すチカラがある人がいたからかな?。

まぁ、どちらでもないにしたって、
911が「○○が降ってくる」の預言に呼応したモノか、
北朝鮮の7連発?のミサイルがヤマタノオロチを彷彿させるかも
知れなくても。

タイムマシンで過去に戻っても過去は変えられないという事です。
そう、未来は築くモノだと云うけれど、おかしな話です。
(未来は確定していないという人がいるけれど。)

さて、あるエネルギーに包まれると、
そのエネルギーの外と中では質量を遮断して重力も遮断できたとしたら。
そう、タイムワープが可能になるかも知れませんね。

質量がないという事は光の速度で移動しても無限大の重さは
生じなく成ります。

まぁ、重力や質量を遮断できるシールドか何かが見つかればの
話ですがね。

確定していない未来から未来人が来て過去をいじろうとしても、
無駄なのです。

そう、3つの説が考えられますね。
・過去から未来にわたり確定した世界。
・未来は何も決まっていない。
・未来は霧の中そう、靄が掛かっていて何も見渡せない。(未来はある流れで決まるが、変えられる世界。)

この3つが考えられますが、人類の科学や物理の法則を持ってしても
いまだに解明していない。
しかし、現在から未来へ向かってのある一定の流れがある事は
解明しているはず。

そう、ガスコンロの火でおなべに入れた水を沸騰させる事は、
現実に体験でも知っている。
インスタントラーメンの麺を入れて数分ゆでれば、
ラーメンが食える。

しかし、火加減で水から沸騰させる時間が変化するし、
途中で、コンロの火を切れば水の温度は上がらない。

選ぶ未来は無数にあるが1つしか選べない。
しかし、選んだ時点で無数あった未来が消える訳でもない、
そう、選ばれなかった未来は初めから存在していない。

なら過去はどうか。
存在した過去は記憶の中にだけ残っている。
しかし、1秒前も跡形も無く消えうせてしまっている。

そう、誰も過去も未来も存在する事を立証できない。
ただ、過去は存在した事が確認できるのみ。
今もまだ過去が存在するならば未来から過去へアクセスできるはず。

さて、人間は80年生きたとして、
細胞が死んでは新しい細胞が命のリレーをしていますね。
1人の人間は何人が入れ替わっているのでしょう。

頭がこんがらがってきました。
何を云いたいか解らなくなってきました。

そうそう、前世の記憶を持つ人が居ればタイムマシンの原理が
解るかも知れませんね。

投稿日時 - 2006-08-27 05:30:11

ANo.14

タイムマシン、無理ですよ。

ワームホールは「理論的に存在しえない」ことがわかってますし、多世界解釈も単なる「解釈」でしかないのです(そう考えれば、ということなので、「反証の可能性」を残さなければいけない「科学」とは相容れません)。

ましてやフォトンベルトなどのオカルトが出てきた日には(笑)。

「原理的に不可能」ですから、忘れてしまっていいでしょう。SFとして楽しんでください。

投稿日時 - 2006-08-26 19:14:43

ANo.13

こんなふうに思うことがある。
時間の流れを川の流れに例え、過去へさかのぼる事を車で上流へ行く事、
未来へ行く事を車で下流へ行く事、

今いる川のほとりから、車で10Km離れた上流へ行って護岸を爆破したと
します。車で出発した時その川面に浮いていたアヒルのおもちゃは
その上流の爆破事件の影響を受けるでしょうか? 否、なぜならばその
影響が出発地点に現れる頃には、アヒルのおもちゃはずっと未来に流れて
しまっているからです。

あくまでも私の勘ですけどね

投稿日時 - 2006-08-26 17:01:00

ANo.12

熱力学の第二法則が成り立っている間は無理です。
成り立たなくなると「因果律」が成り立たなくなるので、今日の次は昨日かもしれません。

投稿日時 - 2006-08-26 16:30:39

ANo.11

目的の時刻に行くことはできても、その時刻の現在の自分と因果関係のある場所(真空中の光速で出発地にたどり着くことができる距離)には行けないようです。

投稿日時 - 2006-08-26 15:00:49

ANo.10

理論的には過去に戻るタイムマシンは可能だそうですが、そのタイムマシンが作られた時点より過去へは戻れないそうです。ですから現在まだ存在しなくても、未来のいつか作られる可能性がないわけでもありません。

実際には過去に戻るタイムマシンは大変なエネルギーとまだ開発されていない技術が必要なので実現しそうもないですけれども。

参考:ポール・デイヴィス著『タイムマシンをつくろう!』

投稿日時 - 2006-08-26 14:28:10

ANo.9

昔ラジオの深夜番組のテーマで聞いた事が有りますが、正しいかは判りませんが、記憶から。
電話アンケート方式だったと記憶していますが、結論は未来に行く事は可能だが、過去に戻る事は不可能だったと思います。
これは、過去に戻るスイッチを入れた瞬間にスイッチも戻る。何度やっても戻るので、過去には行けない。
と言う理由で未来に行っても戻る事は出来ないだったと思いました。
30年以上前の話ですから、反論は有りそうですが、夢は持ちたいですね。

投稿日時 - 2006-08-26 14:20:26

ANo.8

過去の修正は、未来に修正を与えるので
たとえ911を、修正したとしたら

生きていない人々が生きることになります。

それで未来に与える影響は、深刻な問題になると思います。

死んでいる人間が生きている、その結果
未来はどう変わるか

たとえ未来の世界にタイムマシーンがあったとしても、そんな無謀な修正は、できないでしょう。

映画、サウンドオブデイズ
戦国自衛隊1941、バックトウフュチャー、タイムマシーンなどにも出てくる。

タイムウエーブが、襲ってくることになるでしょう。
過去を変えてしまった結果

それを取り戻そうとする、自然の法則

911がなかったらアメリカはあれほどまでに変わりはしなかった、変わっていないで、テロはもっと

大きなものになったかもしれません、アメリカが変わっていなかったら最近起きた
10機のハイジャックテロは、実行されていたかもしれません、実行されていれば911を上回る、テロが起きている可能性もあります、10機のテロも修正していたら、未来は、もっと深刻な状況になるかもしれません、もっと凄い事件???

地球滅亡??

未来そのものの消滅になるかもしれないのです、未来がなくなればその、時点で修正もできないでしょう。


最近、問題となっているフォトンベルトの
2012年に起きること

アトランティスの生き残りのマヤ人が書いた
マヤ暦が2012年に終わっているのは

それ以後書く必要性がない

時間軸がゼロポイントになるので

3次元の世界から、5次元へ移行する

5次元の世界では、時間は存在しないということ。

現在の太陽活動の異常さ、

地球の半年は
フォトンベルトに浸かっている、
最近の火山活動の増大

地球温暖化、CO2だけではあれほどに温暖化にはならない、

ファティマ第三の予言=フォトンベルトで起きる内容

投稿日時 - 2006-08-26 14:17:02

ANo.7

4番さんもお書きですが、過去へ行った時、自分のどんな些細な行動も全て未来(自分が居る世界)に影響を与えると言われています。

昔読んだ本の中で、タイム・マシンを発明した科学者が人間が存在する前の何億年に行き、自分の足元に群がった気味の悪い小動物の一匹を踏み殺してしまった。
すると科学者はたちまち人間ではない不気味な生物に変身してしまい、二度と現代には戻れなくなってしまった、という話。
しかし、ここでまたパラドックスがありますね。
現代に戻れなかった科学者ですから始めから存在しないことになり、過去にも行かなかった。
まあ、こういうことを考えると頭が変になりそうですね。
要するに過去へは戻れないということでしょう。

投稿日時 - 2006-08-26 14:12:49

ANo.6

http://homepage3.nifty.com/iromono/kougi/timespace/node48.html

有名なパラドックスですね。

やってみないとわからないというのが本当ですね。多分、タイムパトロールが取り締まってるんじゃないかな。

投稿日時 - 2006-08-26 13:56:25

ANo.5

物理学の専門家ではありませんが、
量子論の考え方の一つに多重世界というものがあるようです。
例えば貴方が将来タイムマシンを発明する世界と発明しない世界が
並行して存在するわけです。他にも私がタイムマシンを発明する
世界もあるわけです。

この考え方だと過去へ戻って歴史を変えたとしても、多数ある
歴史の中から以前辿った歴史とは違う歴史に乗り換えただけで
何も問題は出てきません。

まあ、自分も過去に戻るのは無理だろうなとは思いますが。
でも未来へは行けますよ(^^)

投稿日時 - 2006-08-26 13:56:09

ANo.4

まぁ、この分野に詳しいも何も、誰一人正しいことは言えないと
思いますが、こういう説があることだけ書いておきます。

タイムマシンで過去を変えた場合、そのままその世界にいると
自分が出発した未来にはたどり着きません。分岐しているのです。
過去へ遡った人が何かしたことで、新しい未来がつくられるわけです。
よって、そのマシンで出発点に戻っても、今と何も変わらない未来なわけです。

一応つじつまが合いますよね?

投稿日時 - 2006-08-26 13:53:21

ANo.3

詳しくないんだけど、タイムマシンはワームホールと言うものを作ればできると考えられていますが、ワームホールを作りそれを変形させるまでのエネルギーが全宇宙のエネルギーを使っても無理のようです。
この先の技術の進歩で数秒前に小さな物質を移動させることはできるようになるかも知れませんが、歴史を変えるようなものは作れないように思います。

投稿日時 - 2006-08-26 13:51:18

過去の出来事に関わってはいけないから?
過去の出来事をなかったことにしてしまったら、その後の未来が変わってしまって、未来から来たその人が生まれないこともおこってくるわけで。。。

みたいなことが漫画に書いてあったような・・・

投稿日時 - 2006-08-26 13:48:08

ドラえもんでもそれだけは絶対にダメって言ってるくらいですけど…
だから、ルールとしてやらないのでは?
運命論を出すなら、何をしても防げないかもしれませんよね。

911のことに関してだけ言うと、アメリカ側は知っていた説というのがあるのですよ。
真珠湾攻撃のときと同じように、ペンタゴンにはいるはずの主要人物がいなかったようです。ごっそり全員…

どういう偶然でしょうね 憶測の域は出ませんが…

投稿日時 - 2006-08-26 13:47:12

あなたにオススメの質問