こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

直角三角形の斜辺の長さの求め方(三角関数)

直角三角形の直角を挟む2辺の長さが与えられている場合。例えば、30と15の場合、残りの小さい方の角度はatan(15/30)で約26度と求まる事までは思い出しました。ですが、もう一辺(斜辺)の長さの算出の仕方を思い出すことができません。関数電卓あるいはエクセル関数での求め方をご教授下さるようお願いいたします。

投稿日時 - 2006-08-30 00:42:24

QNo.2371407

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

直角三角形でない場合でも、ある角を挟む二辺の長さが分かっている場合は、その二辺をa、b、残りの一辺をc とすると、
c^2=a^2+b^2-2ab・cosθ
(θはa、b の挟む角)
として求められます。今の場合、θ=π/2 なので、右辺最後の項が 0 になり
c^2=a^2+b^2
と、簡単になるのです。

投稿日時 - 2006-08-30 07:28:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

31人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

三平方の定理
a^2 + b^2 = c^2

投稿日時 - 2006-08-30 01:04:44

ANo.1

ルート(30^2+15^2)です。
エクセルだと
sqrt(30^2+15^2)
で出ると思います。

投稿日時 - 2006-08-30 00:46:47

あなたにオススメの質問